早瀬だけど真

December 15 [Thu], 2016, 0:55
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが応募理由です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好印象となるように示すのは簡単ではありません。たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。
ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。面接者の評価が良くなければ、看護職員を望む職場が多い現状でも不合格になる可能性があります。雇用の条件に恵まれているところはライバルがその分多数いると考えて、気を抜かないで万全を期し採用面接に向かうことが大切です。TPOに配慮した品のある服を選んで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。
ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には紹介されないことが多数あります。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、気になる組織風土などが確認できたりします。躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。
ナースが仕事を変える時のステップとしては、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。夜間に働くのは避けたい、休暇はしっかりとりたい、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、望む職場環境は人それぞれです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。
ナースが仕事を変えるキッカケとしては、ステップアップと説明するのが良策です。元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、不満を転職理由にしてしまったら、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を言えるように準備しておきましょう。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる