FIFAワールドカップ2006 

June 23 [Fri], 2006, 20:52
こんにちは、のび犬です。
4:30に目が覚めたのですが、今朝の試合のことなどミジンコほども覚えておらずそのまま寝てしまったので、朝起きて友人からのメールでようやく結果を知ったぐらいです。
前回も前々回の試合も「川口すげぇー!!」言いながらリアルタイムで観てました。

残念ながら当方、サッカーに関してはものごっつ疎いんです。
何しろロスタイムの意味すらあまりよくわかってないですから、なんで45分過ぎてるのに試合続行できるの??このおまけの3分は何なん??な具合です。
あ、あとオフサイドなんかもそう。なんか訳わからないうちにピーピーとか笛吹かれてしまうわりには、いつの間にかパスが通っててキーパーと1対1になり決定的チャンス!!ってなったのにノーホイッスルとか、全くもってよくわかりません。

ここは一つ、今回のジーコ采配の是非やサッカーの戦術論なんかを熱く語りたいのですが、
こんな私だし、そんなモノは他の皆さんたちがとうにやっておられると思いますので、却下。

「柳沢のあのシュートはないぜ」とか
「あのパスがつながってたら...」やら
「川口、確変突入!!神降臨」だの

いろいろ思うところがあるでしょうが、一つだけどの解説者もアナウンサーも決定的なことを言っていないんですよ。

あのね...









   ↓















   ↓














   ↓

「...日本が弱いんですよ」

これに尽きるんじゃないでしょうか??
気持ちからして負けてます。たとえば、キャプテン宮本の試合後のインタビュー。
明日世界が終わるんじゃないか!?お通夜みたいなくらーい表情で「次戦は死ぬ気で...」なんて言うのはどう、すでに死んじゃってます。
WBCの韓国戦に負けた時のキャプテン・イチローを覚えていますか??
いつもクールなあのイチローが「人生最大の屈辱」だの「fuck!」だの感情をあらわにして怒り狂ってましたよね。仲間に対してもかなり怒ってたはずです。これぐらいじゃないといけないと思うんですよ。
ガキの頃から砂利の上を裸足で走り回ってボール蹴飛ばしてる国や
一試合に人生賭けてる国の人間には勝てませんさ、そりゃ。

私みたいなサッカー知らない人間がとやかく言うのもアレなんですが、今回の試合で一番気になったのは...

「中田の眉毛がとぎれてる」

ってコトです。

まんが喫茶を満喫・その1 

May 29 [Mon], 2006, 17:25
今日はまんが喫茶について書いてみようと思います。
ジュースは飲み放題、好きな漫画も読み放題、インターネットもやり放題、TVにPS2、シャワールーム完備、洗濯・乾燥機まであったりします。家にPCはあれどもネット環境のない僕にとっては、家から徒歩三分のところにあるまんが喫茶は非常に助かる存在です。

先日、出張の為の洗濯物を乾かすついでに行った時の話。
30分100円の乾燥機に洗濯物をほりこんで、席に戻りシコシコと「ネズミとばくだん」を更新したりしてたんです。しばらくして洗濯ルームに行き、乾燥機が終わるまで残り3分待ってました。
すると一人の純朴そうな女性(推定22)がツカツカとやってきて持ってきた洗濯物をおもむろに広げ始めたんです。

その女性の持ってきた洗濯物がすんごいんですよ!!

「下着としての本来の役割を忘れた」穴の開いた下着やら、どう好意的に考えても「ヒモ」としか言いようのない下着と思われるものやら、「幼稚園生が好んで使いそう」なドぎつい色のものやら、どんなときに装着するのか激しく気になる洗濯物をズラリ並べてたんですよ。変態だと勘違いされても困るのでジロジロ見ていた訳じゃありませんが、持ち主の風体からはとうてい想像できないようなブツが並んでいたんです。
そりゃぁもう興奮するとかそんなレベルを超越して愕然としましたね...間違いなく全米が震撼した。僕の履いてるユニクロの下着が紙おむつや股当てに思えるぐらいのインパクトがありましたよ。

昼過ぎにいつも立ち寄るコンビニでバイトしているちょっと不器用そうな女の子、最近は一言二言会話するようになったある日のこと...

女「いらっしゃいませこんにちは。最近暑くなりましたねー」

の「そうですねー、これ暖めお願いします」

そういっていつもの豚カルビ弁当・大盛りとお茶を差し出す。

女「お兄さんいつもこんなのばかりですね??ちゃんと野菜もとらないとダメですよー」

の「そうなんですけどねー、一人暮らしだしなかなかね」

女「あの...もしよかったら、あたしが作りに行ってもいいですか??
  実は初めてお会いしたときから私...」彼女は潤んだ瞳でそう言った。

の「あらあら、困った人だ」

なんて時でも履いこないような下着だったんですよ。とにかく凄かった。
文字数も残り少なくなってきたところで、次回はさらに驚くべき展開が!!

テトリスト 

May 25 [Thu], 2006, 22:31
こんばんは、のび犬です。

僕がゲームをすきなのは、熱心な「ネズミとばくだん」読者の方ならご存じだと思います。
高校卒業したぐらいにピークだったゲームの熱もいつしか冷めて、
今では買ってきたゲームの2/3ぐらいはクリアーせずに放置状態。

そんな僕の心を狂わせたのが、テトリスDS
生まれ変わったテトリスが恐ろしい、すんごく恐ろしい。
何しろ通信対戦が熱い!!見知らぬ人との対戦がおもしろすぎです。

「何食って育ってきたら、こんな積み方できるんだ!?」という猛者や
「そこまでして勝ちたいか!?」と思わせる輩など、戦い方は多種多様。
生身の人間相手もイイですが、1人プレイもすごいコトになってます。
エンドレスモードでえんえん2時間近く、精密機械のようにブロックをつみあげていくと
最後の穴に■■■■テトリス棒を挿入した瞬間に、脳内麻薬みたいなのがドバドバと分泌される気がします。それぐらい狂ってます。

そしてさらに、衝撃の事実が発覚!全米が震撼した!!

先日、仕事で使う配管材料を箱詰めして準備してたんです。
のほほ〜んと塩ビのパイプ継手を何の気なしに箱詰めしてたら...




   ↓









   ↓









   ↓









   ↓









   ↓









こんなんなってた



笑えないッス...

こんどこそ99円 

May 15 [Mon], 2006, 20:00
名古屋の漫画喫茶でシコシコ更新してるのび犬です。

前回のあらすじ
親に隠れてこっそり自販機で購入していた、玉なしのび犬。
しかしその自販機も道路拡張と、青少年育成条例の名の下に撤去の危機が。
のび犬とエロ自販機、そしてエロ本の運命やいかに!?

−−−−−−−−−−−−−

時は流れて当時少年だったのび犬もいまや立派な青年、毎日額に汗して働いているわけです。
5月といえども最近の日差しははだに突き刺さるよう、次第に彼はのどの渇きを訴え始めてめてきたのです。
そんな彼に一筋の光が!!そう、見慣れた赤いコーラの自販機です。
そしておもむろにコインを投入...

「シュコン、シュコン」
「モロン」

その音とともに百円玉が返却口へ...
十円玉は投入できている、連続ですばやく入れすぎたか??
ははん、俺のスピードについてこれなかったんだな。
そうつぶやいた彼はもう一度投入口へ...

「モロン」

またもや返される百円玉。
はん、今度は投入速度の問題だな。俺のスピードについてこれなかたんだな。
そうつぶやいた彼は、今一度投入口へ...

「モロン」

しかし機械は受け付けてくれない。
ふむ、まだ追いついてこないか。この機械もまだまだ半人前だな
そうつぶやいた彼は、さらにゆっくり投入口へ...

「モロン」

無常にも返却される百円玉。
わ、わかった。俺が悪かったよ、おまえはデリケートだったんだよな。
そうつぶやいた彼は、弾丸摘出手術のような繊細かつ丁寧な手つきで投入口へ...

「モロン」

そしてその刹那!!

「ジャラリーン」

時間切れ...手術は失敗だ全部もどってきやがった orzガク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まぁ、なにが言いたいかというとこのように何度やっても受け付けてくれない硬貨ってありませんか??
しかも忙しいときにかぎって「モロン」と戻ってくる。それなのにスーパーや商店なんかじゃ普通に百円として通用する硬貨。
実際、硬貨を替えるとすんなり投入できちゃったりするんですよね、

たまに遭遇するこういう硬貨って100円のくせに99円分の価値しかないと私思うんですよ。
レジ係の人間であれば1円分ぐらいなんとかごまかせるんですが、自販機なんかの機械じゃその1円のマイナスでさえ見逃してくれない...
そんな機械の融通利かないところを垣間見た気がしました。

99円玉 

May 11 [Thu], 2006, 21:25
こんにちは、毎日額に汗して働いているのび犬です。

熱心な「ネズミとばくだん」ファンの方ならご存知だと思いますが、当方カラダを使う仕事に携わっております。体格がいいからって、人に言えないような身体の使い方はしてません、さすがに。
さて、今日はその休憩時間の出来事をお話させていただきます。

この日本のいたるところに設置されている自動販売機。
24時間いつでも気軽に購入でき、なおかつ人に知られたらまずいようなものまでこっそり購入することができます。
かくいう私も高校生1年生の春、ちょうど今頃だったでしょうか??「昼間は中身が見えない自販機」にお世話になりました。
コンビニで購入する勇気なんぞ全くといって無く、わざわざ自転車飛ばして10分ぐらいのトコロにある例の自販機で買っちゃいました。確か「学生服姿の女の子がエロいポーズを披露してくれる」写真集みたいなのです。いわゆる資料集ってヤツです。もちろん下の毛なんぞ写ってません、今からしたら可愛いものです。まるで子供の絵本ぐらいのランクでしょう(笑)
そして雑誌を持ち帰る時の自転車の速いこと速いこと。ブレーキの利かない暴走機関車のごとく一目散に自分の家へ向かっていました。いつもより長く感じる2階への階段を駆け上り、ビニールの包装を破り捨て、期待に胸と股間を膨らませながら鑑賞したものです。

そんな貴重な資料集ですが鑑賞し終えたときには布団の下に大切に保管してあったんです。
しかし学校から帰ってくると、お日様の光をたっぷり浴びたお布団と共に、厳重に保管してあった貴重な資料集が机の上にちょこんと展示されてたりするんです。
なぜだかわかりませんが、布団の下に保管してあるときにかぎって。保管してないときには部屋にすら立ち入ることの少なかったウチの母親なんですがね...

さて、そんな自販機にまつわるアットホームなエピソードですが、文字数も足りなくなってきたんで続きは次号!!99円玉の話、いっこもしてないや...トホホ

犬小屋 

May 09 [Tue], 2006, 21:10


上の写真はまぎれもなく、私のび犬の犬小屋です。
押入れの中身をマルッと引っ張り出してきて、在庫一掃棚ざらえの途中です。
必要なものがほぼ手の届く範囲に配置され、一見乱雑に見えますが
しっかり計算されている見事な部屋です。
ただ、このままでは異臭騒ぎや騒音おばさん、押入れの奥から見覚えのない死体なんかが出てきたり、ゴキブリがルームメイトとなりかねないので、連休前半3日間をかけて一斉清掃を決行!結構、雨天決行。

   ↓










   ↓










   ↓










   ↓










   ↓










   ↓












まぁ、見てくださいな。これぞ人間の住む部屋です。
途中強風により、ベランダに干してあった掛け布団が見事にぶっ飛び、ベランダに据えてある洗濯機の排水の海へ決死のダイビングというなんとも痛ましい事故に見舞われ、布団はビチョビチョのび犬ガックシ。
勢い余って布団カバーとおそろいのシーツなんかを買ってきたりして、準備万端です。
これでいつ裸の女性が「のびさん、抱いてHold on me!!」と、玄関をノックしたり。
「のびしゃん、抱きしめてTonight♪」などとクルクルパーな訪問販売の女性がやってきてもだいじょうぶ、じょぶってなもんです。

いかが??この素敵な部屋でフルーチェでもたべませんこと??

よろしかったの?? 

April 20 [Thu], 2006, 19:28
こんばんは、最近の日本語について考えてみた...
本気出して考えてみたのび犬です。
私自身、正しい日本語を使えているとはこれっぽっちもおもいませんが、先日とても気になることがありました。コトの顛末はこうです。

名古屋へ出張へ行き、夜中までの仕事のため夕方すぎに皆で中華料理を食べに行きました。
味のほうもわりとよく小奇麗にしてあり、夜はなかなか繁盛しているお店です。
5人それぞれ注文が終わり、しばらくするとお料理が届きました。どれもおいしそうです。
しかしライスの代わりにチャーハンが届いてしまったのです。
何の気なしに手をつけてしまったので、店員のお姉ちゃんに報告。

「ライス頼んでてんけど、チャーハン届いちゃったんですよー。ほんで手ぇつけちゃったのよー」
「あぁ...すみません、そしたら...ライスはキャンセルっ...でよろしかったですか??」

ん??と違和感を覚えながらもにこやかに「いいですよ」と答えてあげます。何しろ紳士ですからね。
そしておいしく食べ終わったところで事件は起きました。現場で起きました。

「お会計なんですけど、チャーハンのお値段でさせてもらってよろしかったですか??」

ときたもんだ、これにはあたしも「??」ですよ。
何しろ我々は紳士の集まりです、食べたものの代金を踏み倒したり、ゴネるようなことはしません。
しっかりチャーハンの代金も払うつもりでいました。が...
その支払いについてお店からの確認はまだありませんでした、それなのになぜ「よろしかったですか?」と過去形なの??と問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい衝動に駆られました。
「チャーハンのお値段で計算させてもらっていいですか??」
と尋ねられたならわかるんですが、どうにも合点がいきませんでした。
ここ何年かで、お店屋さんに行ったとき「よろしかったですか??」と聞かれてどうにも違和感を覚えるのですが、どうなんでしょう??

つかいかた、これでよろしかったですか??

お兄ちゃん 

April 12 [Wed], 2006, 22:24
私のコトをよーくご存じの方ならおわかりのとおり、当方三人兄弟の長男坊。
さて、今夜はそんな長男坊にまつわるお話をさせてもらいます。

いつも眺めてるブログを巡回してたときのことです。
そのブログは、知り合ってそろそろ十年になる友達主催のブログなんですが、今日の記事最後に気になる一文が…

「お兄ちゃんも、頑張ってるしね」

今日はね…もうこの一言に尽きます。
その友達のもうすぐ三才になる息子についてなのですが、(多分)初めて「お兄ちゃん」ってその友達が言うのを聞いたんです。

失礼な話ですが、付き合いが長いだけにいろいろなコトを知ってます。
それをふまえた上で初めて聞く「お兄ちゃん」という一言に、他人ながらその息子の成長を強く感じ無性に感動してしまいました。
まま、きっと本人は何の気なしに書いた一言なんでしょうけどそれがアタシのココロを強くゆさぶりました。
育児に一生懸命な友人ですから、その苦労は並大抵じゃないはず。そして少しずつではあるが息子の成長を感じ、また目のあたりにし、親として今までやってきたことは間違ってなかったんだ、これからも頑張っていこう!!
という気持ちの入った「お兄ちゃん」だと私は感じたのです。

「お兄ちゃん」

最近、この甘美な響きに萌え、コーフンする男子諸君も少なくないでしょう。
当方には五つ離れた妹がいてますが、そいつがまたどうしようもないろくでなし。
そんな妹に何度「お兄ちゃん」と呼ばれても萌える気配などまったくもってケジラミほどもありません。逆に殺意さえ覚えますよ(笑)

カウンターアタック 

April 12 [Wed], 2006, 21:44
こんばんは、のび犬です。
今日は4/12。、のつもりで読んでくだされ。

今日の朝から三度名古屋にやってきました。
一応私にとっては出張になるわけで、出かける前には洗濯物の山。
もともとめんどくさがりなので、いつもたーんとたまってから十時洗濯ポイポイスウィッチオン♪
あいにく昨日そしておとといの月曜と雨だったので洗濯する気などミジンコほどもありませんでした。
しかし、作業着だけは綺麗なのでいかないとカッコつかないので、行きつけの洗濯屋さんへ車でGO!!
景気よく大型の洗濯機にほりこみ、コインを投入...そして車なのでいつもは行かないちょっち遠いラーメン屋さんへと行きました。

カウンター席に座ったら、隣の兄やん...チビチビとタバコを吸いやがるのよ。けしからん、そしてひざの上でマンガなんか読みながら食べてるんです。んもぅ、びっくり、驚愕の事実、全米が震撼した。
ラーメンの芳醇な香りが台無しですよ、これじゃ。舌もさることながら、鼻でも味わいたいものじゃないですか??特にうまいと評判のお店です。ラーメン屋の割には落ち着いた雰囲気のお店です。
それをタバコ「チビチビ」吸いながらマンガ読みながら食べてちゃ、マナーどうこうよりしつけの問題ですよ。年は私とそう変わらないでしょう、スーツで綺麗な身なりもしてます...が、どうかと思い。

「ちょっと兄やん、タバコの煙どうかしてくれんかね。うまいラーメンまずくなるやん」と私
「灰皿置いてあんだし、吸ったって文句ねーだろが、ボケェ」と返され、さらに
「文句あんなら、表ぇ出ろや」と兄やん
「せっかくのラーメンのびるやろ?早よ食え、ほかの客にもメーワクやろが」と私が返したとき
「まま、こちらのお兄さんもラーメンできましたよ^^ 熱いうちに...」とにこやかな笑顔の店主。
食べるうちにいつしか二人のわだかまりはとけ、ラーメンにまつわるハートウォーミングな話に...

と、小心な私にはできるはずがなく煙たいなぁ行儀わりぃなぁと横目で見ながら細々とラーメンをすすってたところ、隣の兄やんに動きが。ラーメンの上にパッパと何かふりかけてます。

数秒後、鼻に広がるきな臭い刺激...
やばい、これは...あーだめ、がまんできないっ
んんっ、シンボータマラン!!

「ヘックション!!」

×のび犬 − ○タバコの兄やん (決め技:ブラックペッパー)

四月バカ 

April 11 [Tue], 2006, 21:23
今日の雨で桜の花びらもだいぶ落ちてしまったと思われる四月の十一日、皆様いかがお過ごしでしょう??
のび犬の「ネズミとばくだん」久々の更新です。

今日は「四月バカ」についてお話させてもらいます。
知ってのとおり「4/1は嘘をついてもいい」という習慣が日本にはあります。
どういう由来があるのかは知りませんが、とにかくわりと昔からあるようです、詳しく知りたい人はgoogleでもなんでもどうぞ。
当方、昔からこのイベントのことを「四月バカ」と呼んでおります。
世間一般には「エイプリルフール」でしょう??それでもあたしは「四月バカ」、誰がなんと言おうと「四月バカ」、えぇそりゃもう「四月バカ」
なんでこんなんなったかというと、やはり「ドラえもん」なんです。
私は幼稚園のときにあのマンガで「四月バカ」を知りました。
最初は何のことだかわかりませんでした。しずちゃんの「エイプリルフールよ」って言葉も意味がわからず、「四月バカ」の響きだけで喜んで読んでいました。
そして中学校のときでしたか、英語の辞書で調べてみたんです。

エイプリル → April → 四月
フール → fool → 馬鹿

とまぁ、四月バカでぴったんこだったんです。藤子さん恐るべし。
ちなみに、三省堂のEXCEED和英辞典には、ご丁寧に「四月馬鹿」 an April fool.って載っていました。これなら「四月バカ」で間違いありません。

私は一生「四月バカ」でいきます。

-------------------------

先日この日記を投稿したら、どうも回線の調子が悪く更新が反映されてないという痛恨のミス。
こればっかりは四月バカでもなんでもなく、ほんとの話。みんながこれを読んでるのですから、今回は多分だいじょうぶだったのでしょう...
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ku286
読者になる
Yapme!一覧
読者になる