ブログのお引越し
2009.06.14 [Sun] 23:30

ブログのアドレス変更しました。

http://kuon212.exblog.jp/

 

パスタとチーズケーキ
2009.03.15 [Sun] 21:40


      
バーニャカウダと春キャベツのパスタのレシピの覚書き。

まずは、3週間保存可能なバーニャカウダ。
アンチョビは一缶買ってもなかなか使い切らないので、日持ちしそうなシンプルなバーニャカウダのレシピを探して、アレンジして作ってみました。

<バーニャカウダ>

材料:オリーブオイル(120cc)・にんにく(50g〜100g)・アンチョビフィレ一缶(30g〜50g)

@鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、茹でるようにしっかり火を通す。
Aすり鉢ににんにくだけ取り出し、つぶす。さらにアンチョビも入れてつぶす。
BAをオリーブオイルの入った鍋に戻し、弱火にかけ、荒熱をとり、保存瓶へ。
3週間保存可能。オレガノがあればオレガノも加える。

冬から春にかけて、ちょうど今の時期に出てくる春キャベツはやわらかくて甘いです。
バーニャカウダを使って、春キャベツのアンチョビパスタを作りました。

<春キャベツのアンチョビパスタ>

材料:パスタ・バーニャカウダ・黒こしょう

@パスタを茹で、茹で上がる2分前にちぎったキャベツを入れて茹でる。
A@をざるに上げる。
B鍋に、バーニャカウダを入れて熱したところに、Aを絡めて、出来上がり。

バーニャカウダは千切りにしたじゃがいもと炒めても、温野菜のソースにしてもおいしいです。


そして、先週のお弁当。
ペンネと蒸し野菜、ソーセージで変わり映えのないお弁当です。

   
・ブロッコリーのペンネ
 ペンネとブロッコリーを茹でて、バーニャカウダと絡めました。
・蒸し野菜(キャベツ)
・ソーセージ   
・スクランブルエッグ




・菜の花のペンネ
 ペンネと菜の花を茹でて、バーニャカウダと絡めました。
・蒸し野菜(じゃがいも・キャベツ)とソーセージ
 小さなセイロで、野菜とソーセージをいっしょに蒸しました。
 






職業訓練の職場実習、最後の日。
たった3週間なのに、みなさん(職場の)よくしてくださいました。
初日に、お世話をしてくれた方が、ウエルカム☆シュークリームです!とおいしいシュークリームを買ってきてくれたんです!
最終日、お礼にと職場のみなさんにサンキュー☆チーズケーキを焼いて持って行きました。

そして、姪っ子アオノの6歳の誕生日。
妹の携帯におめでとうメールをしたら、
『ありがとうきょうはたのしいことがたくさんあったよあおのあおののたんじょうびとばいきんぐだよそっちはどうだったあおのより』と本人が打ったという絵文字つきのこんな携帯メールがきました。
妹に確認したら本当に自分で打ったらしい。ばいきんぐは、保育園のお別れ会で給食がバイキングだったらしい。
”そっちはどうだった”なんて、もうかわいい〜癒されるなぁと喜ぶ反面、携帯でメールなんて打たせていいのかなぁと本気で心配です。
 

#21 今週のお弁当
2009.03.05 [Thu] 21:26


今週のお弁当の覚書き。



・ちくわの磯辺揚げ
 ちくわの磯辺揚げは大好物。青のりをたっぷり絡ませて揚げました。
 揚げると味がぎゅーっと凝縮される気がする。気のせい?

・グリーンピースとチーズのポテトサラダ
 茹でて冷凍保存していたグリーンピースと、チーズが、ごろごろ入ってます。 

・菜の花とささみの胡麻醤油和え
 菜の花は、ブロッコリーの2倍のビタミンだそうですよー。
 この苦味がすき。

・卵焼き

・玄米ごはん





・鶏ごぼうの炊き込みごはん
 鶏肉、ささがきごぼう、にんじん、しめじを炒めて、
 おだし、お醤油、胡麻油を入れて炊飯ジャーの上にのせて炊くだけ。
 4合も炊いてしまったので、小分けにして冷凍保存。おにぎりにしてもおいしい。
 
・根菜たっぷりおから煮
 おから煮、はじめて作りました。
 ごぼう、れんこん、にんじん、しいたけを入れています。
  
・ブロッコリーと卵焼き


今日は、職場の女子4人でナポリの窯のピザを配達してもらい、シェアしていただきました。
宅配ピザは何年ぶりだろう?たまにはいいですね〜。
5種類のチーズのピッツァとボローニャサルサ、2種類をオーダー。
そして、プサン旅行帰りのおみやげに、クリスピー・クリーム・ドーナツをいただきました。
パッケージもかわいくて、ドーナツはしっとりふわふわ。
じゃんけんして、12個のドーナツから好きなのを選んでいく30代女子4人。(笑) 
楽しい〜。ひとり3つずついただく。
ピザもドーナツもおいしかったです。粉ものばっかり食べすぎたかなー。
 

レオナール・フジタ展と、週末ごはん
2009.03.01 [Sun] 19:00





福岡市美術館で開催されている『レオナール・フジタ展』へ行ってきました。
大濠公園にある福岡市美術館までは家から歩いて、てくてく30分。
春の陽射しはやわらかくて、朝歩くのは気持ちいい。
朝9時半に到着したのだけど、日曜日だからか館内はもうすでに人が多かったです。

藤田嗣治の描く、乳白色の肌と繊細な線に惹きつけられました。
特に、幻の作品といわれる「構図」と「争闘」の連作2点の迫力と美しさには、圧倒されました。
4点並べると、天国と地獄を表しているように見えます。
あんなに大きな絵画なのに1929年に日本で公開されて以来、行方不明になっていて、1992年にオルリー空港近くの倉庫で発見されたのだとか。
フランスに行く機会があったら、レオナール・フジタが晩年自ら設計したというノートル・ダム・ラ・ペ(平和の聖母礼拝堂)に行ってみたいです。

3月7日から福岡アジア美術館で、 『白洲次郎と正子の世界展』もはじまるようです。
これも楽しみ。






週末は、”洋風みそスープ”を作りました。
ソーセージ、キャベツ、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、長ネギ、ブロッコリー、お水と固形スープ(レシピ本では鶏がらスープ)、バターとお味噌を少し入れます。
高山なおみさんの『野菜だより』のレシピを、冷蔵庫にあるものですこしアレンジしました。
バターとお味噌??って感じですが、これが、こくがあっておいしいのです。
なぜか粒マスタードも合う。
先日、”ほうれんそうの豆乳みそスープ”(ほうれんそう、牛乳1カップ、豆乳1/2カップ、お味噌大さじ1、あればにんにく1片)も、レシピ本を見ながら、おいしいのかな?と疑いながら作ってみたけど、これもこくがあっておいしくってびっくり。



    

そして、発売されたばかりの有元葉子さんの『1回作れば3度おいしい―作りおきレシピ』を買いました。
レシピ本はもう増やさないと決めているのだけど、やっぱり有元葉子さんの本は特別です。
読みごたえ十分で、これは買って大正解だなぁ。

先日やっと見つけたダッチオリジナルのマーマレードは高すぎて(イギリスで買う場合の3倍近くのお値段)もう買えなくて、最近はボンヌママンのマーマレードに落ち着いてます。
 

温泉旅行
2009.02.19 [Thu] 18:58

旅行の覚書き。
2月初旬、祖父母と母と嬉野温泉へ行ってきました。
泊まったのは、萬象閣敷島という旅館。


   

着いてすぐ、明るいうちに露天風呂へ。
冬の冷たい空気の中、覆われた白い雲から少しだけ冬の青空が姿を見せてくれて、晴れやかな気分にさせてくれました。

お風呂のあと、お部屋でいただく夕食に皆、顔がほころびる。
佐賀牛、伊勢海老、河豚湯引き、甘鯛柚子味噌焼き、湯葉、からすみ茶漬け、その他旬のものいろいろ。
どれもこれも美味しかったです。

夜は大きめの露天風呂へ。
晴れていたので、星空を眺めながら。

朝7時に再び露天風呂へ。
朝の空気が清々しい。田舎だから空気もきれいです。

朝ごはんのあとも、再び露天風呂に入りたくなって、ふらりと立ち寄りました。
露天風呂を囲む草木のあいだから差し込む太陽が、湯けむりと交わってオレンジ色の光を帯びながら放射線状に照らされていました。
きらきらと輝いてて、とても幻想的。
偶然にも露天風呂には私ひとりだけ。贅沢なひとときでした。


朝ごはんは、盛りだくさんでした。
80歳を過ぎた祖父母も、母も、そして私も、おいしいねぇ、と言いながら朝からもりもり食べれるなんて、とてもとても幸せなこと。
健康でいられることに感謝。

   


博多駅へお昼ごろ着いたので、『むらた』へお蕎麦をいただきに。
皆で、もり蕎麦を。

節分が近かったので、櫛田神社はおたふくさんが飾られていて、にぎやかでした。

祖父母も母も喜んでくれたので、よかったです☆