アーヴァインが関

July 09 [Sat], 2016, 10:11
介護士の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。

ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、キャリアのある介護士にはそれなりの介護行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学での職業体験でのことでした。



介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て心を動かされたのが契機となりました。


将来的にはああいう風になりたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。いやなこともありますが、毎日が充実しています。

世間的に、介護士は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。ですが、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だと注意しなければなりません。ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている介護士について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。



知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。



この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、他の勤務中の介護士に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。

そもそもエッセンとは、というと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。


一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。何であれ今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。ここのところ、介護士不足の傾向にあると考えられています。

かつて介護士資格を取得したけれど、介護士として働いていない人も多くいます。
介護士不足が起こる原因は介護士という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。

なんと、常勤介護士で約11%にも上るのです。



女性の割合が多い仕事なので、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。
土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている介護士は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。
予定にない急な出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。
他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。

介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。

仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。
溜めてばかりだと良いことは少しもありません。



解消の仕方を知り、実行しているかということも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。

介護士が働ける場所というのは確かに介護施設が多いですが、他にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の働けるところは十分にあります。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。

介護の分野に関心があるという介護士は、職場としてグループホームを選ぶということも考えてみてはいかがでしょうか。介護士という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。



そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。なのですが、多忙を極める仕事です。介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているといったケースもよくあるみたいです。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。



資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、なんといっても働いていない期間が長くあったとしても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と看護の現場の慢性的な人手不足の問題が深く関与しています。
どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。


介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。

ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。

こうして、介護施設に限らず働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。


一般的に、介護士の中には愛煙家がそれほど多くないという印象を受けますよね。

実際にはそのイメージ通りに介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。


介護施設で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している介護士が少なくない様子が理解できます。


あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。けれども、昨今の介護士の働き方の実情を鑑みると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
介護士の不足は社会問題に繋がっています。理由としては、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。


介護士による医師の補助行為が認められ、仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、退職する人もいます。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は絶対に夜勤が必要になる職業です。
具体的な勤務時間でいうと、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。

普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。
また、3交代勤務の場合、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

就職先として考えている介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、早めに調べた上で検討することをおススメします。一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。



介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを知っておいた方が良いでしょう。



ハードさで知られる介護士の仕事です。



そのため、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。



二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、つくづく、身体に負担がかかっていることを感じる事になってしまうでしょう。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体調を崩してしまうならば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。


でも、ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く介護士よりも収入が少なくなることがほぼ確実なのです。

現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。

端的に言えば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬を処方することが仕事とされています。

それに対して、介護士は、医師に指示されたときに、診療面で医師の補助をしたり、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。中でも、女性の介護士はけばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番です。スッピンとはまた違って、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。



私の仕事は介護施設事務です。
普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、いつでも皆さん忙しくされています。



仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。
しかし、案外、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている介護士さんが少なからずいらっしゃるんです。

先生方も歓迎ムードで、アットホームな雰囲気でした。


転職の際には、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。

何だと思いますか?それは、特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。

志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。なかなかきつい仕事であることは確かですし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。
そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。介護士は、こうして定期的な評価を受けることで、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。以前は疑う余地もなく、介護士をするのは女性という感じだったと思いますが、近頃では男性介護士の割合も増加しています。看護の際、患者を移動させたり入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。

お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分、キャリアアップできる機会も多くなります。



介護施設などで介護士という仕事に就いていると、当然のようにやめたいと思うことも何度もあるでしょう。
 仕事上のミスや、時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。



ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、介護士として働き続けたいと実感することも多々あるのです。
元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。


それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。



なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。



子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。

働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。


一般的に介護士の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。
あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。
介護士の勉強をするための学校には一般的に二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。
学習内容にそう変わりはありませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。その一方で、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習をすることに重きを置いているので実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結月
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる