以外や以外、FP資格保有者の4.1%は主婦。

March 16 [Sun], 2014, 21:46
FP資格というと、金融業界や生命保険業界で活躍する人が所持する花形的な資格だと思いがちですが、以外や以外、FP資格保有者の4.1%は主婦です。
これは今はだんだんと減少傾向にありますが、寿退社をした人などがFP資格を持っていることや、妊娠や出産後の短期的な育児の間にFPの勉強をし、自分の家庭を守ったり、会社に復帰するときのリハビリなどに使ったりする人がいるからでしょう。
但し、FP資格は、維持費が掛かるので必要ない職種や、主婦でFP資格を取得した人は、途中で放棄する人がほとんどです。(維持費がかかるFP資格は民間資格のものだけです。)
FP資格は、知識として身に付ける分には良いのですが、あくまで、金融関係に勤めている人が持っていて有益な資格になります。
新たに就職する分には、保険募集人以外は役に立たない資格と言えます。
そのため、主婦が趣味の範囲内で取得ても、モチベーションを上げるには良いのですが、それ以上に役立つ資格ではないのです。
FP資格保有者の4.1%が主婦というのは、お金系が弱くて知識が皆無な人でも、一般常識があれば大丈夫な資格だからです。一番下のクラスの資格取得の場合の話です。
最上位のFP資格の取得には実務経験やそれに金融や不動産などの法律知識も必要になります。
基本的に、最低クラスの通信講座は普通知識ゼロの人を対象に作っているので気軽に受講できますが、上位クラスの資格の場合は1000時間程度の勉強時間は最低限必要になります。

自分でFP資格をとらないなら専門の人に相談するのもありだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ktgkfg
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ktgkfg/index1_0.rdf