さっちんとアルキデスヒラタクワガタ

February 14 [Tue], 2017, 13:07
近い距離の引越しの時は、大手の引越しの業者に比べ、地元密着型の引越し業者の方がよりいい場合もあります。

地域の引越し業者は、低価格で細かな要望でも応えてくれるところが多いです。
それに、自分で運べる荷物は自分で運んでから、大型の家具、家電を中心に引越し業者に依頼すると、引越し費用を節約できるかもしれません。


勤めが変わった事により、移転することが決まりました。

東京より仙台です。

インターネットの光回線ももちろん、解消することになります。次には、光回線ではなく、ADSL並びにWIFIにしようかとの腹積もりでいます。

最近、仕事が多忙で、ネットをあまり利用しなくなったからです。先日、転居しました。業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。


大変だったことはというと、様々な手続きです。自治体が変われば、印鑑証明請求に必要とされる印鑑登録も行っておく必要がありました。



ほとんど必要になることはないのですが、一応登録しておきました。引っ越し決断に伴い、エアコンを処分する事に決めました。一般的な賃貸ですと、エアコンの設備が付いています。



わたしが住んでいる場所は、昔の寮だったため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。

今頃になって寮じゃなく、賃貸を選べばよかったと、今頃後悔しています。近年においては、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという習慣が、一昔前からありました。

由来を見てみますと、ソバということで「細く長く」お付き合いをという、願いが込められていますし、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくなどとダシャレも込めつつ引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。


引っ越しが終わったら、一番にインターネット回線を開設しないとなりません。これまで選んでいた会社を使えるといいのですが、引っ越した先次第では今使っている会社を使うことができない場合があるので、引っ越す前に確認しておくことが必要です。

ネット回線会社に聞いてみると、教えてもらえることもあります。

新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、おおざっぱで構いませんので、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。一般に、準備のスタートが早すぎると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて後から忙しくなってしまいます。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初に片付けていけば作業を段取り良く進められます。引越しをしたなら、必ずご近所の家々、それから、大家さんにあいさつをするように心がけています。

その時に持っていく品は、食品にしています。タオルが一番一般的かなと思いつつも、どことなく残念な気がしてしまうからです。手頃な価格のお菓子などを買って、手渡していますが、喜んでもらっています。引越しをプロに依頼する場合、布団はどうしたらいいだろう?と思う方もいると思いますが、その場合、事前にチェックしておくべきでしょう。大体の場合、引越し屋は移転当日、オリジナルの布団袋を持ってきてくれ、汚れることのないよう、持って行ってくれます。

引越しを行ううえでの注意点はいくつかございますが、特に大事なのはゴミの回収日を忘れないことなのではございませんでしょうか。

引越しの前の掃除をする時には、その日に合わせてゴミをまとめるようにしましょう。



資源ゴミや紙類については収集日が、月に二度しかない地域もあるので、一度出し忘れるとその後が面倒になります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryusei
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる