沖縄県ではジーマ

August 06 [Tue], 2013, 19:21
沖縄県ではジーマーミ(地豆)とも呼び、これを使ったジーマーミ豆腐というのもある。加熱したピーナッツの外側に砂糖をまぶしたり、小麦粉の衣を付けて揚げたような豆菓子やチョコレート菓子などの加工品も一般的である。日本では主に食用として栽培されている。もしくは炒った後にバター(またはパーム油など)を絡める。

千葉県の名産品には「落花生の甘納豆」が存在している。草丈は25-50cm。夏に黄色の花を咲かせる。ごま豆腐に似た食感のものである。

ラッカセイ(ピーナッツ)の薄皮には、レスベラトロールが含まれ、薄皮ごと食べるほうが健康に良いと言われている。受粉後、数日経つと子房柄(子房と花托との間の部分)が伸びて地中に潜り込み、子房の部分が膨らんで結実する。地中で実を作ることからラッカセイの名前が付けられた。

食べる時は、殻のまま炒るか殻からむいたものを炒る。南米原産で東アジアを経由して、江戸時代に日本に持ち込まれたと言われている。北海道・東北地方・千葉県の一部では節分の豆まきで殻付きの落花生を用いる地域もある。

NEO美容ブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ktdsapjg
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ktdsapjg/index1_0.rdf