ライブドア事件について 

January 25 [Wed], 2006, 11:30
今回は腹に据えかねていた最近のニュースについてあえて書かせて頂きます。

この数日、偽計取引と風説の流布の証券取引法違反でライブドア前社長の堀江さんが逮捕されたニュースばかりやってますね。

正直、マスコミ・世論・国会議員に腹が立ちます。

確かに堀江社長は法を犯していたのかも知れません。(真偽はわかりませんが・・・)
一時期あれだけちやほやしておいてこの手のひらの返し方はなんなんだ??

まずマスコミ!!毎日毎日同じニュースばかり取り上げているが他にも世間に知ってもらわなければいけない情報や問題があるだろ!!
内容の真偽がはっきりする前からあれだけたたけば誰だってまいるでしょう??
報道の仕方も堀江さんの周りの人にモザイクをかけたVTRを流したり、最初から犯罪者扱いで報道してそんなに人を追い詰めて楽しいのか?
ならばもっと追い詰めなければいけない人物がいくらでもいるだろう!!

次に世論!!お前らこそ球団買収の時にホリエモン!!ホリエモン!!と神輿を担いでいたのに今は完全に悪者扱いかよ!!
特に個人投資家!!ライブドアの影響で株価が下落したのは確かだろう!!
しかし損をしたのはそれはお前達の先見力が無かったからだ!!
それに、株価を下落に導いたのはお前ら世論でもあるって事をよ〜く考えろ!!
日本人はすぐに人のせいにしたがる!!

最後に国会議員!!堀江さんをあれだけたたいているがお前らの中にはもっとえげつない事やってる奴らがいくらでもいるだろう!!
挙句の果てに堀江さんを刺客に送り込んだ自民党に責任問題だ〜??
はぁ?ならば他の党の議員が不祥事を犯した時、各党は責任を取ったのか?
小泉総理も言っていたが、民主党の議員の覚せい剤所持事件があったがそっちのほうがよっぽど責任問題じゃないのか?
しかも堀江さんは落選して議員じゃないし、自分の事を棚に上げて人を誹謗中傷する前にお前ら国会議員は解決しなければいけない問題が山ほどあるだろう!!

全く、日本人は(すべてでは無いが)人の揚げ足を取って、誹謗中傷する事が好きだな。
最近つくづく日本という国がいかに小さな島国であるかが良く分かる。
小さな島国であるが故に、人間も卑屈になるのかねぇ〜。

結婚の報告(2) 

January 24 [Tue], 2006, 15:57
さて、前回のつづきでM君の行動に怒りを覚えた理由から書きます。
何故今回のM君の行動に腹を立てたかというと、
話によると、「友人がいないから出席してもらわないと困る」との事でした。

じゃあ何かい?
人数合わせの為に招待したのかよ??

確かに結婚式に行ってみると新郎の友人4人(会社関係の人を入れても10人くらいでしょうか)に対して新婦の友人21人、そりゃ立場ないわなー。

実は同じような行動を取った友人がもう一人いるのです。
名前はN君。

N君は大学進学の為、地元を離れ大阪で一人暮らしをしていました。
学生時代よく学校で話していたN君ですが卒業と同時に音信不通になっていたのですが、就職の為地元に帰って来た時に私のところへ連絡が来ました。

その後、N君はしばらく彼女が出来ずに頻繁に「誰か紹介してくれ」だの「暇だから飲み会を開いてくれ」だのと連絡をよこして来ました。
こちらがどんなに忙しいと告げてもお構いなしでわがままの言いたい放題!!

ところがそんなN君からしばらく(半年〜1年くらいは無かったと思う)連絡が来なくなりました。
程なくしてN君のことなど忘れかけていた時再び連絡があり
「結婚することになったから出席してほしい」
とのことでした。

思わず心の中で「おい!!」っと突っ込みを入れてしまいました。

あれだけこちらの迷惑などお構いなしで自分の都合で連絡をよこして来て、その為に”飲み会”や”女の子を紹介”してあげたのに彼女が出来たとたんに連絡もよこさず音信普通になっておいて連絡があったと思いきや結婚するから出席してほしいだぁ〜??

自分勝手もいい加減にしろと言いたいですね。
結局私は、その友人の結婚式にも出席したわけですが・・・。

友人を結婚式に招待するなら普段から電話だけでも連絡を取るようにした方がいいですよ。

じゃないと招待した友人から快く祝福されなくなってしまいます。
そんなの悲しいですもんね。

ちなみに私が結婚するときはこのM君とN君を招待します。
なぜかって?
もちろん、祝儀を回収する為です!!)

結婚の報告 

January 20 [Fri], 2006, 11:24
最近ばたばたしていて気がつけばブログが疎かになっていました。
本日より再開です。

今回は前回の結婚式の新郎のM君の話です。
M君とは高校2年生の時クラスが同じになりそれからよく学校では話をするようになりました。

プライベートはというと基本的には私はバイトの毎日だった為遊んだりすることはほとんどありませんでしたが、高校からの腐れ縁で卒業してからも共通の友人もいた為、年に1回位は顔を合わせていました。

しかし、普段は連絡の取り合いなど全くといっていいほど無く、友人達で集まるときも主に私から連絡をするくらいでM君からは連絡はありませんでした。(1度も無かったんじゃないかな??)

そんなM君からある日突然連絡があり、「今度結婚することになったから出席してほしい。」とTELがあり正直その電話を受けた時迷いました。

だってそうでしょう?
1年に1回会うか会わないかの相手でしかも向こうから連絡をしてくる事も無くそれでいて友人として結婚式に出席しろといわれて「はい、出席します」とはとても私には言えません。

最後に会ったのだって何年前かも分からず、その間1度も連絡が無いのに結婚式に出ろというのは
非常識極まりないですよ、まったく。

私の勝手な偏見かも知れませんが、友人というのはもう少し自分に近い存在の相手だと思っていました。
ましてや結婚式に招待する程の相手ですよ?
悩み事を相談しあったり、飲みに行ったり普段からもう少し連絡を取り合い困っているときには助け合うそれが友人だと思っていました。

それどころか私は過去、車が故障して困っていたM君に善意で車を貸してあげたらあろうことか私の知らない赤の他人に又貸しして挙句の果てに廃車にされてるんですよ?
しかもお金は1銭も払ってくれませんでした。
それでも友人だと思っていたからこそ何も言いませんでした。

がしかし、今回の彼の自己中心的な行動には本当に腹が立ちました。プンプン!!

何故温厚な私がご立腹かはまた明日書きます。

とある結婚式での出来事(3) 

January 11 [Wed], 2006, 9:55
これも同じ結婚式での出来事です。
式が始まるまで時間が有ったのでしばらくの間、私たち(もちろんHさんも含め)は雑談をしておりました。
ふいに私はHさんに
「今、どこに勤めているの?前に聞いた所と同じ?」
と話を振りました。

するとHさんは
「お前には教えん。お前に教えると何かされそうだ!!」
と答えました。

なんて失礼な方でしょう!!それほど親しくも無い相手に対して驚くほどの暴言。
こういっちゃ何ですが、その中で会話の中心になっていた私が気を利かせてあなたに軽く話をふってあげたんですよ?
本当はあなたの事など全くもって興味などありません!!
私は、あなたの下の名前すら知らないんですから!!

しかし、大人な私は
「ははは(ちょっと苦笑いだったかも)」
と愛想笑いをし、別の話題をHさんにふりました。

「今度、飲みに行こうよ。面白いところとか知ってるからさ。」
おお、我ながらなんと社交的なんでしょう!!

するとあろうことかHさんは
「やだ、お前と行くとたかられそう。それに俺はもうそういうのは卒業したから。」

はぁ??思わず声に出そうでした。
私はHさんがそういった事に経験乏しいから社交辞令で誘ってあげただけですよ?
もちろんあまり健全とは言えないかも知れないし、相手からしたら迷惑かもしれません。
しかし、会話の流れで軽いお誘いだということは明白です。

しかもあろう事か「俺はそういうの卒業したから。」ですって?
ちゃんちゃら可笑しいです。あなたが夜遊びに長けてないのは一目瞭然。

私は、若かりし頃付き合いや諸事情により色々な経験を多々させて頂きました。
もちろん、良い事も悪い事も・・・。
少なくともHさんの経験では私の足元にも及ばないのは明らかです。

プロのスポーツ選手が相手のフォームを見れば経験者かどうか判断がつくように
そういったことも経験者から見れば言動やしぐさで分かるものなのです。

誘いを断るのは一向に構いません。社交辞令ですから。
ただ断る理由がどうかと私は思います。
正直に「そういったことにはあまり興味が無いから」とか社交辞令だと理解し
「じゃあまた今度誘ってよ」と言えば済む事なのです。

皆さんも、相手にばればれな見得をはると次から社交辞令すら言って貰えなくなりますから
気を付けて下さいね。

とある結婚式での出来事(2) 

January 10 [Tue], 2006, 12:13
早速昨日の続きを書きます。
忘れてしまった方は昨日のブログを読んでくださいね。

何故、私が唖然として開いた口が塞がらなくなったかと言うと同業者又は販売に携わる人ならほとんどの人は私と同じ事を思うでしょう。
一般の方でも少し考えればたいていの人は分かるはずです。

どんな商品であれブランド品の商品を無料で提供するのはタブー中のタブーなのです。
お客さんの興味を引く為にプレゼント企画などで不特定多数を相手に抽選で提供することはありますが、新規顧客を獲得する為に無料でブランド商品を提供するなんてお馬鹿さんのやることですよ?

貰った側は確かに嬉しいでしょうが、実はそれほどありがたみは感じていないのです。
何故ならそういった場合大抵の人は無料で貰うことによって知らず知らずのうちに「その程度の商品(値段・価値)なんだ。」という気持ちが深層心理で働いてしまうからです。

私の経験上、それを行って実際に次回購入してくれたという例は知りません。(中にはいるでしょうが・・・。)

それに今は義理人情を期待して商売はできない時代なのです。
車などが良い例ですね。
一昔前なら、多少高くても友人・知人が車販売の職業に就いていたならそちらで購入するということをしていました。
ちょっと義理堅い人になると、ホンダ車がほしくても友人がマツダに勤めているとマツダ車を購入するというのも珍しくありませんでした。

ところが、今はいくら親しい友人が車販売会社に勤めていようがそこより安く、より良いサービスを提供してくれる所があればあっさりそちらで購入してしまうというのが現状です。
悲しいかな他よりも安く・良いサービスを提供できなければ友人のメリットは無いのです。

実際、私の友人も某メーカーのディーラーに勤めていますが周りの友人はその友人から一度も車を購入したことが無いのです。

要するに、今は隣の家に味噌を借りに行く時代ではないという事です。

この場を借りてHさんに一言

お前は昭和初期の人間か〜〜〜!?

最初なのでかなり気合が入って長くなってしまいましたが最後に、
「何でも知っているような口ぶりで上から目線で色々言うのは勝手ですが、時代背景も読めないでいるえらそうな事を言っている」
と周りの人たちから嫌われてしまいますから皆さんも気をつけましょう。

とある結婚式での出来事 

January 09 [Mon], 2006, 12:20
まず、第一回目は何でも上から目線でものを言う人。
たぶんどなたもであったことがあると思います。
常に自分優位に考え、自分は何でも分かっていると勘違いをしていて、他人が意見を言ったり間違いを訂正しても絶対聞き入れない人っていますよね。
私の周りにもいました。

先日友人の結婚式に出席したときの出来事です。
新郎の友人が数名出席しており、その中に高校の同級生のHさんがいました。
Hさんは新郎とは高校・短大と同じ学校にかよっており私も高校は一緒でした。

しかし、Hさんとは個人的な付き合いなどは無く連絡先などはもちろん知りません。
数年前に別の友人の結婚式に出席したときに顔を合わせたくらいです。
一応若干の面識はあるので会えば話くらいはします。

新郎の短大時代の友人も出席しており、社交的な私は程なくして打ち解けました。
その会話の中でその方にお子さんがいることを知り私は「実は海外ブランド子供服をネット販売してるんですよ。良かったら見てくださいね。」という話をしました。

はい、もちろん社交辞令です。
だってそうでしょう?出会って間もない相手に本気で商売しようなどとは考えませんよ。
ましてや子供服とはいえブランド品ですよ??
その辺の安っぽい子供服ならまだしも、興味が有るか無いかも分からないのに本気で勧めるわけ無いじゃないですか。

当然、相手も分かっていますよ。

ところがそこへ話を割って入ってきたのがHさん。

Hさん:「そういう時は商品をサービスで持ってくるんだよ!!それで次買って貰うんだよ。お前、商売下手だな〜。」

え?ええ??えええ〜???
私は唖然としてしばらく開いた口が塞がりませんでした。

その理由はまた明日書きます。
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ちか
» ライブドア事件について (2006年08月02日)
アイコン画像今度遊ぼうよ♪
» とある結婚式での出来事(2) (2006年01月13日)
アイコン画像狂熊猫
» とある結婚式での出来事(2) (2006年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kt5188
読者になる
Yapme!一覧
読者になる