<東京五輪>「一部競技、大阪でも」IOC副会長が見

November 20 [Thu], 2014, 12:33



 2020年東京五輪・パラリンピックの会場計画見直しで、国際オリンピック委員会(IOC)副会長で東京五輪調整委員会のジョン・コーツ委員長が19日、「既存施設の活用が重要。大阪などは大きな施設を持っているかもしれない,サンローランバッグスーパーコピー。大会を地方に持って行くことも可能だ」との見解を示した。財政負担の軽減に理解を示し、分散開催を促した。



 大会の準備状況を確認する2日間の事務折衝後、東京都内での記者会見で語った。コーツ委員長は、都が会場の新設を取りやめ、既存施設での開催を検討しているバスケットボールについて、大阪を第2会場として予選を行うことも提案し、「観客収容数を増やし、チケット収入の助けにもなる」と話した。



 会見に同席した大会組織委員会の森喜朗会長は、国立競技場が過密日程となることからサッカーの試合の一部を大阪で開くことを検討していることを明らかにし、「(調整委の)『地方で』の助言は画期的,サンローランバッグスーパーコピー。北海道から沖縄まで『わが県に』となっては大変だが、特別の理由があれば、国際競技団体の了承を得て、進めることはありうる」と語った,サンローランバッグスーパーコピー。【藤野智成】