いい言葉たち

June 19 [Tue], 2012, 14:00
人生とは「人に生かされ、人を生かす」こと。それが出来て初めて「人として生まれ、人として生きていく」ことが出来るのだ。―野村克也


今日一日決して腹をたつまじく事 〜 渡辺崋山


俺は芸人だ 〜 仁太坊


【なんでも、他人のせいにしない。なんでも、自分のせいにしない。】キャパのある人は「これは考えても仕方のないことだから、自分のせいではない。でも、この部分に関しては自分がもっとこうすればなんとかなることなので頑張ろう」と具体的に反省します。中谷彰宏


尊敬すべき幸福な人は、逆境にいても、つまらぬことはくよくよせず、心配しても始まらないことは心配せず、自分の力のないことは天に任せて、自分の心がけをよくし、根本から再生の努力をする人である。 (武者小路実篤)


自分を憐れむという贅沢がなければ、人生なんていうものは堪えられない場合がかなりあると私は思う。 〜 ギッシング


わたしは、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから 〜 アルベルト・アインシュタイン


個性とは他人と異なることではなく、まずどれだけ周囲の人と価値観を共有できるか、というところに分母がある。 宮崎駿 (アニメーション作家、映画監督)


人間は神ではない。誤りをするところに人間味がある。(山本五十六)

【B】「「I AM.」感動を呼ぶSMアーティストたちの成長ストーリー」。

June 19 [Tue], 2012, 13:59

米国をはじめ、ヨーロッパ全域で爆発的な人気を得て世界中にブームを巻き起こしているK-POP。その中心には、SMエンターテインメント(以下SM)がある。

最高の韓流スターカンタと海外進出成功の象徴BoA、55万人を動員する大規模なツアーを行っている最高の男性グループ東方神起、グローバル韓流の帝王SUPER JUNIOR、世界が注目するガールズグループ少女時代、韓国のアイドルグループとしては初めて英国で単独公演を行ったSHINee、個性や魅力あふれる多国籍ガールズグループf(x)まで。

映画「I AM.」は、安定した実力を基に独自のカラーを作っていくSMエンターテインメント所属のアーティストたちが、アジアの歌手としては初めてポップミュージックの本場、ニューヨークの「マディソンスクエアーガーデン」の舞台へ上がるまでの過程を描く。

制作チームは、16年間アーティストたちの姿を収め続けた4,824本のテープと、Mnetが収録した4,415本のテープを5ヶ月間分析し映画に盛り込んだ。リアルなアーカイブ映像に映るデビューまでの姿は、ステージで見られる彼らのように派手なものではなく、「デビュー後にもこの道が正しかったのか悩んだ」というインタビュー内容と共に、平凡ではない成長ストーリーを作り出した。

訳の判らぬ映画

June 19 [Tue], 2012, 13:58
先週BSで「悪の花園」をやったのでスクリーン誌から出ている「チラシ大全集」を見ていて同じページでこの映画を見つけたのだが、監督ジョン・フォードは別としても、ジョン・ウエイン、アラン・ラッドと大豪華だが聞いたことも見た記憶もない。今日は雨も降り魚釣りも行けないので、探してみた。もともと「Born to the West」という映画がありこの映画を2本の映画にし一本が上の映画「荒野の激斗」Trapped in tha Quicksandとなり、もう一本は私が偶然友人から貰った中にあった「西部地獄街」Hell Townだった。カウボーイのジョンウェインは昔、今もだが避雷針のセールスマンと思っているカウボーイの相棒と故郷に帰る。従弟が銀行の頭取、大牧場の経営者、恋人は美人、悪人側は手下に牛泥棒をさせている如何様賭博師、牧場にも手下が潜り込んでいてその男の手配で牛を盗んでいる。ウェインは従弟の彼女に惚れ、牛の責任者として働くが牛の代金で牛泥棒のボスとポーカーをやり、ほとんど丸裸の時に従弟が登場、如何様を見破り金を取り戻す。従弟は手傷を負うが銃撃戦、味方のカウボーイも駆けつけ勝利、出て行こうとするウェインを止めに行く娘。で終わりの極めて短い映画なのですが、監督は当然スクリーン誌のミス「チャールズ・バートン」だがアラン・ラッド など何処にも出てこない。何方かこの映画見た方がおられましたら簡単な粗筋でもお教えください。

「ピアニストを撃て」1960年製作

June 19 [Tue], 2012, 13:57
「ピアニストを撃て」を見た。監督・脚本はフランソワ・トリュフォー、音楽はジョルジュ・ドルリュー、

主演は、シャルル・アズナヴール、マリー・デュボワ、ニコル・ベルジェです。

ストーリーは、パリのカフェでピアノを弾く一人の男がいた。その兄が何かをやって

2組の男に追われカフェに逃げ込んで来る。弟は兄を逃がしてやるが、今度は弟が

狙われ始めた。弟のシャルリは、カフェのウエートレス、レナに恋をしていたが、

臆病な為に告白出来ないでいた。シャルリはレナの所に行くとそこにはシャルリの

昔のポスターが貼ってあった。天才ピアニストとして謳われたエドゥアール・サローヤン

だった。リナは彼がサローヤンだと知っていたのだった・・・

と言うお話です。トリュフォーの長編2作目です。まだ、色濃くヌーベルバーグの

雰囲気を残す映画となっています。サスペンスの神様ヒッチコックのタッチも

ちらほら見えます。また、レナの部屋からシャルリの回想シーンへの入り方は

ヌーベルバーグらしい演出になっています。84分と短く見易い映画になっています。

是非、一度は見てみて下さい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まほacd5
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

はなまる大成功

犬丸日記

ネコ探偵団

Yahoo!スポーツ

問題解決!

リクライニング

世界一周したい

最新コメント
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/krztvk3g/index1_0.rdf