キスをしているレッド

May 30 [Sat], 2015, 11:57
静かな夜に闻こえてパチパチ音でしかありません。わけのわからないで、心もよくなってきている。

雨は、寒かった顷の奥に捨てられた行かふ、命の兰舟、歳月の江流キョウンウィだった。急進した曲だけ愚かな年代の上には、けりはした若いから出た。千辛万苦の风雨の洗礼を受けて、もしかしたら、心の冷静でやっと1种の热情の状态に陥った。香茗あなた拈品一杯ょうどまうえに、淡墨、闻いて一曲せいおんだ。一粒が蓮の心を訴えて一分の淡(真情を行わず、美しいの颜を行わず、傲然の姿勢で、だけで1粒の心を清浄と友达になって守り抜いた一人だったが、一つの头の迷っての恋人だった。

不手を繋ぐことができなくても、歩い风霜みぞれに出会うことができませんも撃ちますょうちゅうぼがわいてきた。ここで待っていた季节、ハン・ヨンシムさん水、あなただけを低眉薄い紫色の爱です。一つの茎が長い荷、袖なしの翠色に辉くていくうちに、あなた、私、心湖仕舞って次第で少し墨の痕が、あなたを指す研磨、纤凝香りがします。1次ラウンド夏の饗宴、私に輝かせ、荷衣を述べ水。あなたは、俊逸清眉を形销骨立だった。蓮華て梦の気持ちは誰だろうか。まだつづいているのには、情ふかしご厚情だった。

その深い水没の夜、小雨のキスをしているレッド窓の味、嫋嫋からではなく、まるでそれらの情を优柔、化成缕缕のひとりが、ひとりで、このようにして、はるかになところから流れて、私と再会した。

いつも非情で、あっという间に时间が薄い凉しいのです。相変らず、一部の風景を脱ぎ捨てるという両岸に流れず、たまに、触って寂(さび)しさせ、早鐘のように心の底の因果で、と実感した想念はかわいそうだ。

細い、行かれない足指の間で、雨に濡れた夜像の梦を持って、私の頭の中は、その梦の中で歩いている。と、口のうちで出口は见つからない、心から、涌いたシャワーの音、まるでみえの陰には、私のまで、うごいた、餘波著/軽く……

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:梦を持って
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/krroiofinder/index1_0.rdf