教員採用テストについて調べてみた。(備忘録)

March 29 [Thu], 2012, 11:19
教員採用テストとは、先生になるためのテストです。

教員の免許を持っていたとしても、教員採用テストに合格しなければ、教員として働くことが出来ませんから、教員採用テストに合格するための勉強が別途必要になってきます。教員採用テストに合格して初めて、採用されてそれぞれの学校に配属されるということになります。

教員採用テストは各都道府県ごとに実施されていますので、たとえば引っ越しなどで、Aという県からBという県へ転居するということになれば、再度教員採用テストを受験し直して、合格しなければいけないことになります。

しかしこの場合は、一般的に教員採用テストには年齢制限があったりするのですが、再受験の場合は年齢制限が高くなっていたり、制限なしで受験できることになります。ほかにも1次テストがないなどの考慮があります。
教員採用テストは、都道府県ごとに実施されていますから、テストの日程が違えば、複数の都道府県を受験することも可能ですが、併願で受験をするという場合には、受験して合格してしまった場合に、その都道府県で教員として働くことが出来るのかということについてよく理解したうえで、受験しましょう。

教員採用テストでは1次テストが筆記テストで、2次テストは面接によるテストになっています。1次テスト合格者が2次テストを受けることが出来て、そして合格して初めて教員として教団に立つことが出来ますので、教員採用テストに合格するためには筆記テストの勉強だけでなく、面接対策も必要です。

ユダヤ式学習法の坂下七郎氏による高校受験勉強法
大平俊介さんの医学生向け受験マニュアル
中学受験に坂本七郎
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまと41cd
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kriryttp1/index1_0.rdf