最初に自己紹介します 

2007年07月27日(金) 1時48分
2006年4月下旬・・・痛みが頻繁になって動けなくなる
→聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター内に「線維筋痛症医療相談センター」へFAXした
→線維筋痛症のHPも開設している長野のU医師へメールしてみたら、神奈川県内で見てくれるところを教えてくださった。
2006年5月・・・聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター内に「線維筋痛症医療相談センター」から返答。都内の某クリニックを薦められた。名高いN医師にの受診は1-2ヶ月待ちと言われ、その他の医師でも線維筋痛症は診てもらえるということで、他の医師に診てもらう予約。
この○医師は、私の話を聞いても送ったFAXを読んでても、何とも言えない顔。
圧痛点を押してくれて無事クリアー、だけど、変な顔。結局、

医師:『あなたは、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるから、紹介状書くので私の先輩の先生のところで1日入院して検査してもらいない!以上』
私:『痛いんですけど、痛み止めの薬とかもらえますか?』
医師:『痛みは諦めなさい』
私:(°Д°)ハァ?

この医師から紹介された病院は関東でも有名な睡眠時無呼吸症候群かどうかを見極められる入院設備の整った医療機関だった。
しかし、紹介状は思いきり『精神科部長』宛で、この部長の初診は2-3ヶ月待ちといわれた。他の医師なら何とかなるが、その紹介状はつかえないとまで言われた。

特にデブとかイビキが悩みというわけでもなく、不眠&寝付けないなどの就寝困難はあったもののヤメヤメ!

U医師から薦められた病院へ。家からだと1時間半以上かかる。
紹介状を持ってこなかったから、最初は総合内科で初診と言われてキレた。しかし、運の良かったことに、初診の医師がリウマチ科の医師で線維筋痛症にも詳しく、すぐに圧痛点クリアー&除外診断のための血液検査・尿検査してもらえた。それにすぐ薬(ノイロトロピン)も処方してくれた。
でも、初診&処方で1万くらいかかった(´・ω・`)ショボーン

何度か通った病院で医師もとても優しかった。でも、如何せん遠すぎる。交通費も馬鹿にならない。しかも平日のみの外来では毎回毎回仕事も遅刻。
そして『とりあえずノイロトロピン飲んで様子見て・・・』
に食傷気味な私は通うのを断念。

2006年7月下旬・・・たまたま捻挫したので近所の整形外科に行った。そしたら、何故こんなに薬を飲んでるのか訊かれ、『いや〜線維筋痛症なんですよ』と答えたら、線維筋痛症をこの医師は知ってた!

ヽ(^◇^*)/ ワーイ

とりあえず、近所だしノイロトロピンの注射しに来なさい。痛み止めは出す。と嬉しい提案に半年ほど火曜。


しかし、ノイロトロピンは飲んでも打っても効き目はなかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:krefelderin
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-ドイツ、スイス、北欧、国内
    ・音楽-Blind Guardian, Savage Circus, Rammstein, Judas Priest, Fates Warning(Old), 宮崎吐夢、湘南乃風
    ・お酒-ビール、カクテル、日本酒、焼酎、スパークリングワイン、ワイン
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる