このプロジェクトは、主に開発商品住宅と一部

May 28 [Mon], 2012, 11:31
王冬:当時彼は紙の時は別荘のは、ホテルの客室単陣、後ろの別荘はセットの客室。彼は借りて、しかしこれは計画局の管理のこと。私はあなたに教えないでこの商業地にしか蓋ホテル、当時申告のもホテルに至っては、彼は販売販売しないそれは私たちが管rmt 。記者:計画の時は別荘?記者:政府はいくらですか?スタッフ:これはよくわかりません。村民:ない、誰に管よ、管理する人はいない。村民:開発者よ。係員:この知らない、あなたの計画に聞いて。ホテルはできない以上の販売、それはどのように手を売る許可証のですか?唐河県住宅管理局で、記者はやはり見つけたこれらの別荘プロジェクトの許可証を売る。驚いたのは、これらの「ホテルの客室と転換を「合法別荘」だけではない4ヶ月の時間。以上の国では禁止建造別荘など大かぶせる型住宅なら、これらの家屋の手続きはどうしたの?この記者は唐河県国土資源局。唐河県国土資源局のスタッフは、アテネ日光団地の関連ライセンスは土地の証明2008年すでに実行している。県国土資源局の出す用地手続き上の記者も見て、アテネ日光のプロジェクトを6 2008年月の土地使用権、延べ約82.15ムー、そのうち、1期の住宅用地12.15ムー、商業地25ムー;2期の住宅用地45ムーアラド戦記 rmt 。以上は商業地、これらの別荘はどこから来るのだろうか。これに対し、唐河県国土資源局のスタッフによると、彼らは知らない。記者:誰か知っていますか?近日記者ハナム省唐河県に来て1家の名は「アテネ陽光」団地の工事現場、労働者たちは緊張して施工。この団地の不動産にはほとんど上限近くに、村人によると、今年1月下旬、開発者の同意を求めない村人も、未実現土地補償金の場合には強制工事。記者:彼は当時の手続きはどうしたの?現地の村民によると、「アテネ日光」と不動産会社はまだまだ唐河県の重点保護企業、県内数人で着工時もすべて曾在プロジェクトリーダーがテープカットをして。記者はこの家の団地の物件販売部は、発見した「唐河県の重点保護企業」の銅、落款単位は唐河県人民政府。村民に導かれ、記者に「アテネ陽光」物件販売部、ここのスタッフによると、この項目の主な商品開発住宅と一部の商業用不動17、共有建物の商業住宅は、いずれも多層を主として、単セットの建築面積は90平方メートル以上。また21別荘、1棟の面積は189平方メートル棟から298平方メートルの間。記者はひとまとまりの別荘を買いたい時、スタッフは、団地の地理位置は優越して、かなり盛り上がって家に売れて、現在多層マンションもほぼ完売し、団地内の別荘で今も殘り1セットで、殘りはとっくに売り切れ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/krdfw/index1_0.rdf