ミソサザイとテテオ

May 11 [Wed], 2016, 0:48
寒くなると空気が乾燥するので、それによって肌の潤いも奪われます。水分が奪われて肌に潤いが足りないと肌トラブルの要因となりやすいのでほかの季節よりもしっかりとしたケアが必要です。潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを起こさない為にもお手入れを普段よりしっかりと行うようにしてください。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。冬になると冷えて血のめぐりが悪くなります。血行が悪くなってくると肌細胞に十分な栄養が届かず、代謝悪くなってしまい、細胞がうまく働かなくなってしまいます。そして、肌のトラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がけることが大事です。血行が良くなれば、体の新陳代謝が良くなり、綺麗な肌をつくるようになります。保水できなくなってしまうと肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、気をつけてください。じゃぁ、保水能力を向上させるには、どのように肌を守るのかを実践すれば良いのでしょうか?保水能力向上にお勧めのスキンケア方法は、血液の流れを潤滑にする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、顔を洗い方に気をつけるという3つです。肌荒れが生じた場合には、セラミドを摂取するようになさってみてください。セラミドとは角質層の細胞に挟まれて様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞同士を糊のように結合させています。それが、表皮の健康を保つバリアのように機能することもあるため、欠乏すると肌荒れしてしまうのです。乾燥肌の時、スキンケアが非常に重要になります。間違った肌の手入れは症状を悪くさせるので正確な方法を理解しておきましょう。初めに、洗いすぎは禁物です。皮脂のことがひっかかるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌がかさかさしてしまいます。結果的に皮脂の分泌量が、増えてしまいますから、朝と夜の2回だけで十分です。美容成分が多く取り入れられている化粧水、美容液等を使うことで保水力を高めることができます。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、また、アミノ酸といった成分が含まれている化粧水や化粧品が良いと言えます。血流を良くすることも忘れてはいけないことですので、ストレッチや半身浴と併せて、ウォーキングなども行い血流を改善しましょう。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で重視されることです。これを怠けてしまうとますます肌を乾燥させてしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを使用してください。これに限らず保湿効果のある入浴剤を使用したり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果があります。スキンケアで1番大切にしたいのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。お肌に良くない洗顔方法とはお肌を傷つける原因となり潤いを保てなくなってしまう、原因をもたらします。お肌をいたわりながら洗う綺麗にすすぐ、というふうに意識をして顔を洗うように心がけましょう。いつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使うと良いでしょう。寒い季節になるとお肌トラブルが多くなるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。しっかりと保湿をすることと血行促進することがこの季節のスキンケアの秘訣です。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」と言われる酸です。大変水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほとんど当然といってよいほどヒアルロン酸が入れられています。年齢に従って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kr4t5cap80hlp2/index1_0.rdf