2011年09月24日(土) 14時50分
いよいよ来月、PEI(プリンスエドワード島)に出かける事となった。
ホストファザーと、その音楽仲間、計4人で一週間の旅になる。  
発端は、俺がPEIに引越しを考えている事を告げられた彼らが、
「旅程度にしたらどうだ、車で行きたいところに行けるし。安いし」
という事で、みんなで楽器をキャンパーに積んで東カナダへの演奏
旅行という事になりました。
予習という訳じゃないけれど、赤毛のアン原本と村岡花子の和訳を
読んでPEIへの期待を膨らませている。アンのスペクトラムの効いた
グリーンゲイブルスの描写が叶うといい。丁度紅葉を迎えるその頃
に経験できる旅は、平均年齢約60のこのメンバー全員を超陽気に
させている。 今日の金曜セッションの後の打ち上げで彼らのピッ
チャーを飲み干す勢いは凄かった。  まあ、もともと内容の濃い
セッションではあったけど。  二組出演した高校生の活気に癒され
た。 狭いステージにいる二人がローリングストーンズをものっ凄く
控えめなボリュームでダイナミックに演奏していた。RUSHのTシャツ
を着ていたのも密かに甲だった。 もう一組は女の子二人組み、
アイデア満載のステージをまたも活気良くやっていた。 ハーモニカに
口笛ユニゾンに。あと俺には分からんけど、会場大爆笑の歌詞で
ジャムを和ませていた。テクニックは元より、彼女達の醸し出してた
「会場にいる全員をひねりあげるわよ」的な雰囲気が良かった。
実際にみんな一気に静まり返っていたし、そのお母さん達も一緒に
ひねられて行くのが見て取れた。 あ、それと、今度保守党に立候補
予定の候補者が演説に来て高校生も外国人(おれ)も巻き込んで30分
位のスピーチがあったのだ。候補者への質問コーナーで今度旅する
メンバーの一人が、「政府が潰した缶詰工場を返してくれ。」と訴えていた。 
その真意は詳しくは分からないが、他のメンバーが歌にする程、そして
今やこのセッションの主題化的存在になった程、この地域の人にとって
その存在は大切らしい。そんな話題を振り返りながら、打ち上げが盛り上
がったのだ。PEIの旅もこんな毎日になればいいなと思う。

旅のメンバー
ホストファザーのボブ。 ギター 運転、ジョーク、。
ランディ、運転、ギター、ポリティカルソング、政治話でたまにキレる。
ヒュウ、運転、ギター、ベース、チェロ、アコーデオン、フルート、ポーランド語をはじめ
数カ国後の翻訳。あと、かなり高度らしいジョーク。
俺、見る、食う、飲む、多分、運転手の肩を揉む。あと、パーカッションと撮影。
あと全員ものすごく飲む。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:kiyoshi
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
アイコン画像
Yapme!一覧