手汗は精神的なものが多い

October 02 [Tue], 2012, 15:01
手汗がひどいと、好きな人と手を繋ぐことをためらってしまったり、周囲からからかわれてしまったりと、辛い出来事がたくさんあります。
手汗には症状のレベルがあり、ひどいものだとタオルで絞れてしまうようなくらいなのだそうです。
そうなってしまうと、日常生活に支障をきたしますから、早めに病院へ行って対処したほうが良いでしょう。

手汗の原因はほとんどがストレスだと言われています。
そして、自律神経が乱れているのも原因のひとつなのだそうです。
もし、自分でストレスだと分かっている場合は、しっかりと休息を取ることが必要です。
今はリラックスグッズ(アロマなど)も売っているので、そういうものに頼っても良いのではないでしょうか。
ストレス社会とも言われている現代ですから、うまく休みを取ることも重要です。

病院では、心理療法や自律訓練法、精神安定剤による治療が多いようです。
また、症状によっては手術をすることもあるそうです。

手術は、現在注目されている“内視鏡手術(ETS手術)”を行ってくれる病院もあるみたいですよ。
手術後は発汗が抑えられ、冬場などの乾燥する時期には保湿クリームが必須になるほどカサカサになってしまう方もいるそうですが、断然術後のほうが良いようです^^

手汗がひどいことを身近な人に打ち明けると「汗っかきなんじゃない?」と一言いわれておしまいかもしれません。しかし、本人にとってはとても重大な問題です。
手汗で悩んでいる方は、ぜひ病院へ行って受診してみてください。