三本木小で新成人がタイムカプセル開封

January 12 [Wed], 2011, 2:21
新橋 ライブハウス ともん
青森 りんご
青森 にんにく
青森 ながいも
スタミナ源たれ
青森 鮭とば
青森 天然ヒラメ
青森県 seo
青森 ホームページ制作


十和田市立三本木小学校(小向秀男校長)で9日、タイムカプセルが開封され、晴れ着姿の新成人たちがタイムカプセルの中にしまってあった写真やメッセージを見返し、小学生だったころの自分と8年ぶりに?再会?した。
 
 カプセルは2002年度の卒業生4クラス約140人が、同年11月に校庭内の畑に埋めた。発泡スチロールの箱に、将来のメッセージや思い出の写真を貼ったA4判のカードと、祝杯用のウイスキーなどを入れていた。
 積雪のため、父母らが事前に掘り起こした。泥や雨水の汚れもなく、中身はきれいな状態で保たれていた。
 この日は、当時の学級担任が勢ぞろいし、続々と同校に集まる新成人たちを出迎えた。カードはクラスごとに当時の学級担任から手渡され、新成人たちが同窓生との思い出話に花を咲かせた。
 同市内の会社員気田一也さんは将来の自分へのメッセージを読み返し、「思い描いた通りにはなっていませんね」と苦笑い。それでも「良いことも悪いこともいろいろ思い出した」と感慨深げ。八戸市内の短大に通う太田愛さんは「何を書いたか全然覚えていなかったけど、とにかく懐かしい」と笑顔を見せた。
 当時6年1組の学級担任だった、同市立大不動小の渡辺浩美教諭(49)は「すっかり変わってしまってすぐには分からない子もいるが、話していると思い出がよみがえってくる」と教え子たちの成長に目を細めていた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kouyakudocool1/index1_0.rdf