アグロフォレストリーのシンポジウム

January 28 [Mon], 2013, 10:17
アグロフォレストリーを題材にしたシンポジウムが多く開催されています。
2009年12月には農林水産省が国連大学、外務省、環境省とともに東京で「アグロフォレストリーに関するシンポジウム」「地域及び地球環境の持続性可能な発展に向けた意義と可能性」をテーマに開催されました。
日本人のアマゾン移住80周年の記念事業の一つとして行われたものでもあります。

ケニアに本部を置くアグロフォレストリーセンター(ICRAF)のデニス・ギャリティ所長のほか実際に取り組みが進められているブラジルのアマゾンやインドネシアからも参加者を迎え、アグロフォレストリーについて理論と実践の両面から幅広い議論が行われました。
聴衆は300名を超え、研究者や技術者、企業関係者、NPO・NGO、学生といった幅広い人たちが参加しました。

トメアスの地域にはアグロフォレストリーを実践している日系人が今も多く住んでいます。トメアスのフルーツをフェアトレードで輸入販売しているフルッタフルッタ社の長澤氏やカカオをフェアトレードしている明治製菓の荒森氏などが自らのアグロフォレストリー事業とのかかわりを発表しました。

また、2011年3月にはJICA(ジャイカ)ブラジル事務所は2日間にわたり、農牧研究公社東部アマゾン研究所とブラジル協力庁と一緒にアグロフォレストリー国際シンポジウムを開催しました。
このシンポジウムでも明治製菓のアグロフォレストリーチョコレートが話題に上がりました。

このシンポジウムでは世界のアグロフォレストリー実施国の成功例や問題点が議論され、アグロフォレストリーの将来計画についてまとめた協議議事録を参加国で確認されました。

http://blog.oricon.co.jp/maneitnes/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kouunn912
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kouunn912/index1_0.rdf