【映画】女優霊

January 16 [Sun], 2011, 19:00

<女優霊 を観て来ました>

製作:1996年日本

人気ブログランキングへ←クリックしてね。ランキング参加中♪

ジャパニーズホラーの原点とも言えるこの作品。
96年に公開され、今までDVD化していなかったんだけど、2010年末に念願のDVD化。
それを記念?してか、渋谷シアターNでは、この作品のハリウッドリメイクと2本同時上映を!観た事が無かったので、この機会にスクリーンで観て来ました。

映画監督の村井は、ある映画の撮影をしていた。
主演女優のカメラテストのラッシュを見ていると、途中から全く別の映像がダブって写り、一人の女優が写る。
古いフィルムに気がつかなくて、上から撮ってしまったと思った村井だったが、撮影している最中に、不思議な現象が起きたり、誰かがいるような気配を感じたり、奇妙なことが続く。そして…



実は昔からこの作品の事を知っていたんですが、DVDになっていないという事と、当時この映画を観た友達が、

あまりの怖さに観るのを途中で辞めた、という話を聞いていたので、ホラー好きな私もさすがにビビッてました(笑)。
観たいけど、さすがに一人で観るのは怖いなぁ…とw(と言っても一人で観に行ったさw)

ラッシュに写りこんでいる映像が不気味すぎるんですよ。昔のフィルムで古ぼけた映像が、昭和の雰囲気をよく出しています。おまけに音声がないものだから、余計に状況が見えなくて、不安感を煽ります。
それに、撮影セットって、学校と一緒で、昼間は人が沢山いるけど、夜になるとひっそりとしていて、何か潜んでいるんじゃないか…と、思わせる。
昼と夜では違う顔を見せる場所なんですよね。
それに、次々と起こる不思議な現象…説明が付かないから、不気味でやり場のない恐怖。
そして、観ている観客、私達に向けてのさりげない恐怖まで与えてくれます。



でも、ホラー映画を観まくっている人にはちょっと物足りなく感じる部分もあるでしょう。
残念ながら、音楽なども含めて、少し古いイメージは拭えません。
ただ、和製ホラーの原点になった作品、という事では高い評価を上げたいと思います。
大きな音でビックリさせたり、グロイ映像で気持ち悪さを表現するのではない、雰囲気での勝負。
これは日本独自の恐怖感であり、外国では新鮮だったでしょう。
ハリウッドでリメイクもされました。魅力に感じるのは当然だと思います。

ラストの余韻も、「こうなった」という説明はできなくても、なんとも言いようのない恐怖が残ります。

そうそう、余談だけど、この作品が上映される直前に、劇場が暗くなり、映画が始まるのかと思ったら1分ほど真っ暗状態…どうしたのかと思ったら映写機トラブルですって!!こわ〜い!!www


気に入ってくれたらポチっと押してください★励みになります!
にほんブログ村 映画ブログへ 




blogram投票ボタン


  • URL:http://yaplog.jp/koutyalond/archive/886
Trackback
Trackback URL
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUZU
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-レシピがあれば何でも作ります食べます
    ・手芸-クロスステッチから洋裁まで幅広く
    ・ゲーム-刀剣乱舞に夢中
読者になる
しばらくお休みしていましたが、のんびりのんびりマイペースで復活予定でございます。

今しばらくお待ちください…
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
★前田有一の超映画批評★ blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

マクロミルへ登録