【映画】17歳の肖像

January 19 [Wed], 2011, 19:00

<17歳の肖像 を観ました>

原題:An Education
製作:2009年イギリス

人気ブログランキングへ←クリックしてね。ランキング参加中♪

観たいみたいと思いながらも機会を逃してしまっていた作品。
主演のキャリー・マリガンは第82回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートしました。最年少だっけ?

1961年ロンドン郊外に住むジェニー。裕福ではないが、オックスフォード大学を目指す優等生。
雨の降るある日、彼女は自分の倍も年のはなれた男性デイビッドと出会う。
彼と親しくなるうち、やがて彼と共にクラシックコンサートやディナーなどを体験し、今までの退屈な生活に疑問を持ち始める。

主演のキャリー・マリガンは21世紀のオードリー・ヘップバーンとも言われている才能のある女優さん。
あどけなさと大人の女性の二つの顔を上手く使い分けていて、危なっかしさを感じさせません。どっしりと演じているのが観てとれます。
彼女と恋仲になってしまう大人の男性デイビッドを演じるのはピーター・サースガード。「エスター」でダメダメなお父さんを演じていました。イメージが全然違うな!



利発で美人で、才能のある高校生ジェニー。大学に進学することが良しとされ、女性は謙虚に生きるものだと教え込まれてきた。厳格な父。娯楽なども禁止され、夜遊びなどもってのほか。
そんな中であった大人のデイビッド。彼はたくみに父を丸め込め、ジェニーを大人の世界に連れ出していくのです。
この頃の女の子は、大人や外の世界に興味津々。
同級生の男子なんて、子供にしか見えない!大人の世界を知ってしまったジェニーは、今までの自分は一体なんだったんだろうと、疑問を持ち始めてしまいます。ずっと計画を立てていた将来…その意味にすら疑問を持ちかけます。



そしてこのままハッピーエンドを迎えるのか?と、思いきやジェニーは知ってしまいます。
そして、彼女の決断は…。少女が大人へステップする、親との葛藤もあり、外の世界への憧れも、大人な恋も(全然甘くないですが)体験する、ある意味贅沢な成長物語。
お父さん怖かったなぁ…(苦笑)。アルフレッド・モリーナ。「スパイダーマン2」でオクトパスやってた人。他にも大作にいろいろ出てる。怖いお父さんだったけど、娘を愛しているからこそ、だね。ちょっとジーンとした〜。

派手な演出などは無いけど、一人でしっとり観るにはいい作品。
自分の学生時代を思い返してしまうよ(笑)。偉い違いだけどww


気に入ってくれたらポチっと押してください★励みになります!
にほんブログ村 映画ブログへ 




blogram投票ボタン


  • URL:http://yaplog.jp/koutyalond/archive/879
Trackback
Trackback URL
 

 

 

 

 

 



JUGEMテーマ:洋画


 

 

 

 

 庶民に御嬢様教育を無理矢理すると

 

未成年なのに、陰でタバコを吸ったり

 

遣りたい放題するのは、何処の国でも同じことなのでしょう。

 

ジェニー・メラーも大人のやっていることを

 

自分も背伸びしてやってみたくなったのでしょう。

 

しかし、賄賂で人生が何とかなると思ったら大間違い。

 

それは、悪い大人がすることだから。

 

 

 

 ジェニー・メラーの相手は結婚していたのね。

 

それは詐欺でしょう。

 

一緒に遊んでいた人も知っていたなら同罪ですね。

 

 

 

2009年 イギリス

 

 

キャスト

 ジェニー・メラー・・・・・・・・キャリー・マリガン

 デイヴィッド・ゴールドマン・・・ピーター・サースガード

 ダニー・...
こみち  July 07 [Thu], 2016, 5:18


キャリー・マリガン主演。なんとも可愛らしくてとても初々しい。
1961年、ジェ二ーはオックスフォード大学を目指す16歳。苦手なラテン語もチェロの練習も進学のために頑張り、味気ない日々。ある大雨の日、チェロを抱えてずぶ濡れのジェ二―は高級車に乗った30代のデイヴィッドに話しかけられるが…。
お金に余裕がある大人の男に翻弄される少女ジェニー。クラシックコンサートやナイトクラブ、絵画のオークションなど、今まで経験したことのない世界に連れまわさせて刺激的な大人の社交の世界に浸っていくが、彼にはある秘密があって…。
ジェニーは、結局さまざまな背伸びを経験しつつも、オックスフォードへ合格し普通の道へと戻っていった。この一件すべてが一種の青春の通過点だったわけですね。大人のつもりだけれどまだまだ子供、ただ、デイヴィッドは彼女が憧れていた大人の世界の扉を開けてくれる男性であった。
多感な純粋性はこの年頃の特権のようだし、ちょっと道を踏み外しそうになるけど、ちゃんと周囲の大人が見ててくれるところに好感を持ちました。失敗から学ぶ人生ってものもある。やり直すチャンスを与えられたジェニーは本当にラッキーです。
...
いやいやえん  December 22 [Sat], 2012, 9:07
17歳の肖像
★★★★☆(★4つ)



思春期の少女の危うさを描いている作品。
古典的、典型的な話なのに、繊細で簡単に溶けてなくなる角砂糖のよう。

オックスフォードを目指す受験生ジェニーは、年上のデイビットに出会い、未知の華やかな世界を知り・・・。

いるよね、こういう男。けっこうそこらじゅうに。
(月9の藤木直人みたいな)

しかし、この子は素直に過ちを認めて、頭を下げたのが偉いな、と。

ジェニー役が外国人版宮崎あおいちゃんみたいにかわいい。
お父さん役が、スパイダーマンのタコ人間で笑えた。...
食はすべての源なり。  May 15 [Sun], 2011, 22:55
1961年、ロンドン郊外。 成績優秀でオックスフォード大学への進学を期待されている16歳のジェニーは、倍も年の離れた紳士的な男性デイヴィッドと出会う。 巧みな話術で両親にも気に入られた彼は、頻繁にジェニーを連れ出す。 音楽会、ナイトクラブ、絵画のオークション…。 洗練された大人の世界に魅了され、ジェニーは彼に恋をしたが…。 青春ラブストーリー。 PG-12
象のロケット  March 12 [Sat], 2011, 13:12
『 17歳の肖像 』 (2009)  監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ...
さも観たかのような映画レビュー  March 10 [Thu], 2011, 14:47
8月8日(日)@ギンレイホール。
今回のラインナップも両方見逃し作品。
前回の「しあわせの隠れ場所」と「マイレージ・マイライフ」の時よりも観客はだいぶ少ない。
8月20日まで上映。
その後のラインナップは

8月21日(土)〜9月3日(金)
9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形
第9地区

9月4日(土)〜9月17日(金)
ボーダー
シャーロック・ホームズ

9月18日(土)〜10月1日(金)
新しい人生のはじめかた
マイ・ブラザー

...
あーうぃ だにぇっと  January 22 [Sat], 2011, 11:37
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUZU
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-レシピがあれば何でも作ります食べます
    ・手芸-クロスステッチから洋裁まで幅広く
    ・ゲーム-刀剣乱舞に夢中
読者になる
しばらくお休みしていましたが、のんびりのんびりマイペースで復活予定でございます。

今しばらくお待ちください…
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
★前田有一の超映画批評★ blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

マクロミルへ登録