【映画】フォーン・ブース

December 02 [Thu], 2010, 19:00

<フォーン・ブース を観ました>

原題:Phone Booth
製作:2003年アメリカ

人気ブログランキングへ←クリックしてね♪ランキング参加中

なんとなくしか作品を知らなかったんだけど、彼氏から「いいかげん観なよ」って言われて観ました(素直な私!w)。
コリン・ファレルが電話ボックスでずっと電話している映画。

いやいや、合ってるけど違うよ(笑)!

ジョエル・シュマッカー監督がたった10日間で撮影した異色サスペンスです。
自称一流宣伝マンのステュ(コリン・ファレル)は、携帯電話が普及した現在でも公衆電話を使っていた。
相手は愛人のパム。しかし、受話器を置いたとたん、電話ボックスからベルが。思わず電話に出てしまったステュだったが、電話の相手が突然彼を脅迫してきた。電話を切ってボックスの外に出たらライフルで撃ち殺すという…

一体誰が?何のために?追い込まれたステュの取った行動とは…

ステュは芸能宣伝マンだが、実はあまり有能ではない。実力がないと分かった途端俳優を切り捨て、助手に給料も払わない。
愛人に電話をかけるために電話ボックスを利用していたステュ。
しかし、電話を切った後すぐにベルがなり、思わず出てしまった…。人ってそういう時思わず出ちゃうものなんですね〜。
電話の相手は正体不明。しかし、ステュの事をよく知っていて、電話中の彼も監視していた。
相手は様々な要求をしてくるが、彼が反抗したりすると、見えない場所からライフルで脅してくる…


人を利用して、騙し、友達も居ないステュ。仕事も出来る風に振舞っていて、他人を蔑む態度を取っていた。
人間的に立派とは言えない人物だった彼。
犯人はそんな彼を懲らしめるために仕組んだのか…

もう、なんと言っても緊迫感がすごい!
確かに電話ボックスから離れられず、電話も切れず、コリン・ファレルの独壇場。
電話を長時間占領することになってしまって、娼婦たちに絡まれてしまう。それが問題になって、警察までやってきて…
警察に事情を説明したくても、命が危ない…自分も。回りも。

台詞の量も多いし、短期間で撮影するのは大変な仕事です。終盤のクライマックスは、長回し撮影!コリン・ファレルの告白もすごいし、緊張感がたまらない。
そして電話の相手の声はキーファー・サザーランド。めちゃ良い声してるんだわ〜〜〜〜

これは、すごいな。一瞬も目が離せず、先の展開も読めないサスペンス。コリン・ファレルはこの作品で注目を浴びたようだけど、納得!!

気に入ってくれたらポチっと押してください★励みになります!
にほんブログ村 映画ブログへ 




blogram投票ボタン


  • URL:http://yaplog.jp/koutyalond/archive/812
Trackback
Trackback URL


利用できる人間は全て利用するというなかなか小憎たらしい主人公スチュ。彼が「電話ボックスから出れば射殺される」というシチュエーションが良くできてます。
また妻に後ろめたさを感じながらも恋人がいて、バレないように公衆電話を使っているという設定はある意味でリアルでもあり、わざわざ指輪をはずすところは誠実でもあり…。追い込まれていく人間の脆さなんかをコリン・ファレルさんが上手く表現しています。尺は短いものの、演技達者な方じゃなければここまでの緊張感は得られなかったでしょう。低予算・スピード撮影だったようですが、作品としてのクォリティはそう低くないと思います。
脅迫され、嘘を暴かれて少しずつ本心を話さざるを得なくなる主人公の変化はなかなかに面白く、冒頭の「嫌な男」の本性が短い時間で崩れていくのが見ものでもある。追い詰めていく犯人の「声」がまた実に嫌な感じなんだよねぇ。
しかしフォレスト・ウィテカーさん演じる警部の見極めは見事。短い出演ながらもキーファの存在感も抜群。ていうかそもそも電話の相手と声が違うとラストで賢いスチュは気づかなかったのか?という疑問は残るけれど、少し話したくらいじゃ相...
いやいやえん  June 17 [Sun], 2012, 8:53
口先だけで世間を渡ってきたやり手のパブリシスト、スチュはコール音が鳴る電話ボックスの電話を何気なく取ってしまう。 「電話を切ったらお前の命はない」と告げる相手、そしてスチュの胸にはライフルによる赤外線の標的マーク…。 サスペンス・スリラー。
象のロケット  January 09 [Sun], 2011, 22:44
 制作年:2002年
 制作国:アメリカ
 上映メディア:劇場公開
 上映時間:81分
 原題:PHONE BOOTH
 配給:20世紀フォックス
 監督:ジョエル・シューマカー
 主演:コリン・ファレル
     ラダ・ミッチェル
     フォレスト・ウィッティカー
     ケイティー・ホームズ
     キーファー・サザーランド
口先だけで世間を渡ってきたヤリ手のメディアコンサルタント・マークたまたま鳴
っていた電話に出た彼は、その電話の相手から命を狙うと脅され…。


La.La.La  December 15 [Wed], 2010, 18:39
映画館で「電話を切ったら殺される。」
という予告編のコピーをもじって
「電話を切らなきゃ殺される。」と
携帯電話のオフを促す映像を流していて
思わず笑ってしまいました。
本編はビデオで見ました。

白昼のマンハッタン。
たまたま入った公衆電話ボックスのベ
映画、言いたい放題!  December 11 [Sat], 2010, 19:54
【フォーン・ブース】 ★★★☆ DVD ストーリー マンハッタン、タイムズスクエア。自称一流のパブリシスト、スチュ(コリン・ファレル)は、今
りらの感想日記♪  December 08 [Wed], 2010, 22:12
監督、ジョエル=シューマカー。脚本、ラリー=コーエン。2003年米。原題『Pho
erabu  December 03 [Fri], 2010, 23:19
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUZU
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-レシピがあれば何でも作ります食べます
    ・手芸-クロスステッチから洋裁まで幅広く
    ・ゲーム-刀剣乱舞に夢中
読者になる
しばらくお休みしていましたが、のんびりのんびりマイペースで復活予定でございます。

今しばらくお待ちください…
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
★前田有一の超映画批評★ blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

マクロミルへ登録