【映画】LOOPER ルーパー

December 29 [Sat], 2012, 21:00

<LOOPER ルーパー を観て来ました>

原題:Looper
製作:2012年アメリカ


人気ブログランキングへ

なんだか観た人の満足度がものすごく高い作品で、気になっていました。
主演はブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットと、どちらも実力派の俳優。
運よく試写会にて公開より前に鑑賞する事が出来ました。ありがとうございます。



近未来。タイムマシーンが開発されるも、その使用は法律で禁止されていた。
悪の犯罪組織だけが、法の目をかいくぐり悪用していたのだ。
組織は消したい人物をタイムマシンに乗せ、30年前に転送させる。”ルーパー”と呼ばれる暗殺者が始末してくれるというのだ。
凄腕ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、日々黙々と暗殺を続けていた。
そしてある日、自分の目の前に現れたのは、なんと30年後の自分(ブルース・ウィリス)だったのだ…!

彼は、未来の自分を殺す事が出来るのか…




まず、発想が凄いなぁと感じました。
現代ではタイムマシーンは無い。でも30年後の未来では開発されていて、しかも実用できる。
そこで未来から悪い人が交渉にやってくるわけです。
”おれらの時代では人殺しが出来ないんだよ。この時代に殺したい奴をタイムマシーンで送るから、始末してくれない?”と。そんな話、現代人が信じるはずも無いと思いますが、実際にタイムマシーンが動いている事を確認出来たら信用しちゃいますもんね。

で、現代では未来と組織同士で組んで暗殺を繰り返しているのです。
その現代で暗殺をしている人たちのことを”ルーパー”と呼ぶのですね〜。

でも未来から送られてきたのが、自分の目の前に現れたのが未来からやってきた自分だったら?
それでも殺す事が出来ますか?殺してしまったら…自分の未来は、過去の自分に殺されるという事になってしまうよね。おおおお、恐ろしい!



でも、暗殺に例外はなく、たとえ自分が送られてきても殺さなくちゃいけないのだ。
その度ツボにハマって悲惨な目に合うのがジョーの親友セス。このセスをなんとポール・ダノ!!(笑)
つい先日「ルビー・スパークス」で駄目な作家を演じていた彼ですが、こちらでも駄目青年役。本当、駄目な役が似合う役者…

ジョーの前にも30年後の自分が現れて、ジョーは使命を果たそうとするんだけど、オールド・ジョー(30年後のジョー)にはどうやら何か訳があってこの時代に飛んできたようで…

突然時間が巻き戻ったり、少し「バタフライ・エフェクト」っぽくなったりもするけど、基本SFアクション。
悪い奴は憎たらしいほど悪いし、多分無駄な事はほとんどない。
設定もしっかりしていて、最初の布石が全部拾われていて、ラストに繋がっているのが凄いなぁ…と。



ただ、ラストの結末は、私はあまり好きじゃないんですよね。
オールド・ジョーの目的も好きじゃない。というか、自分勝手な気が………
30年後の時代で起きてしまったことは事実だし、過去を変えたからって、30年後同じような状況になるとはいえないし、なんか…自分のエゴを満たそうとしてるだけに感じてしまったのだ。

発想は素晴らしいし、タブーに挑戦したとも言えるし、これを作品として作り上げたのは凄いんだけど、「エターナル・サンシャイン」のように、”理由”に納得がいかなくて、イマイチ。
それでも世界観や設定は今まで見たことのないようなものなので、SF好きにはたまらないと思います。

映画は2013年1月12日より公開です。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/koutyalond/archive/1464
Trackback
Trackback URL
繰り返される悲劇が見える 
 2074年の世界ではタイムマシンが開発されていたが、その使用は法律で固く禁じられていた。
 しかし、犯罪組織は違法なタイムマシンを利用し殺人を行っている。なぜなら、その時代にはすべての人間の体内にマイクロマシンが埋め込まれ、殺人が事実上不可能になっていたのだ。そのため、彼らはタイムマシンで標的を30年前に送り、待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていた。
 2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジ...
CINECHANが観た映画について  September 01 [Sun], 2013, 0:53
現在の自分VS未来の自分[E:sign03] タイムマシンで送られてきた人物を消


ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットが年代の違う同じ男性を演じる。
ハゲてく過程をみせていくのが斬新www ヤングとオールドのジョーが二人して巨悪に立ち向かう話かと思ってたのですが、違った…。
タイムマシンが開発されていた近未来、その使用は禁じられ犯罪組織のみが利用していた。そりゃそうだろうなー、でも処刑以外にもっと有効な使い道があるんじゃない?って思ったりも。どうせ犯罪組織なんだしさ!
序盤はこの「設定」の説明。ほとんど単独行動のヤングとオールドのジョー。ジョセフの顔をいじって(特殊メイク)ブルースに似せた顔つきにしているので、二人が顔を合わせるシーンはなかなか似てて、だからこそハゲてく過程が尚更面白くなってるのは否めない。
テレキネシス能力をもっている幼い少年が、のちの犯罪王レインメーカーで、そのレインメーカーを過去の時点で抹殺することがオールド・ジョーの目的だった。
ルーパーやレインメーカーの存在というものが変化していくことにより、幼い少年シドとサラの運命も変わる。ラストは母子を助けるため、悲劇の連鎖をとめるためにジョーの決断がなされる。目の前で母親を亡くさず...
いやいやえん  July 12 [Fri], 2013, 9:37

タイムマシンが実用化されたものの、その使用が禁じられていた近未来、犯罪組織は違法にタイムマシンを使用してターゲットを30年前の過去に送り、ルーパーと呼ばれる者たちがその処理をしていた。

主人公ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)もルーパーの仕事で銀...
まてぃの徒然映画+雑記  February 21 [Thu], 2013, 11:09
12日のことですが、 映画「LOOPER/ルーパー」を鑑賞しました。

未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー
ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは 何と30年後の自分で・・・

ルーパーの設定の面白さ!
このアイデアは新しく や...
笑う社会人の生活  February 11 [Mon], 2013, 22:12

【=9】 東京では成人式並みに積雪すると言われていたが、たいしたことなかった、よかったよ?。
ところで今住んでいる部屋には、歩いて行こうと思えば行ける距離に、波乗りが出来るビーチがあり、そして歩いて行けるところにシネコンがある。
駅前にはフィットネスクラ...
タイムトラベルものというだけで見に行きました。

感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...
David the smart ass  February 06 [Wed], 2013, 10:02
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。

(1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。

 物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...
映画的・絵画的・音楽的  February 04 [Mon], 2013, 21:53







 LOOPER

 2044年、アメリカ。そこから30年後の未来ではタイムマシンが開発され、消
したい人物を過去へ 「転送」 する犯罪に悪用されていた。殺人を請け負うの
は、「ルーパー」 と呼...
真紅のthinkingdays  January 21 [Mon], 2013, 21:57
面白かったものの、ちょっとイマイチ。
だらだら無気力ブログ!  January 20 [Sun], 2013, 0:14
タイムトラベルものというのは、今までも幾多の作品が作られて、いくつものアイデアが
はらやんの映画徒然草  January 19 [Sat], 2013, 14:30
哀しみの無限ループ。

タイムトラベルが実用化された未来。
犯罪組織によって転送されてくるターゲットを始末する殺し屋・ジョーの元に、30年後の自分が送られてくる。
未来からやって来たオールド・ジョ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  January 18 [Fri], 2013, 23:34
平成25年1月16日(水)。 映画:「LOOPER/ルーパー」。 監督・脚本:ライアン・ジョンソン キ ャス ト:ブルース・ウィリス (Old Joe)       ジョセフ・ゴードン=レヴィット (Joe)       エミリー・ブラント (Sara) ストーリー: 未…
☆みぃみの日々徒然日記☆  January 16 [Wed], 2013, 16:01
映画「LOOPER/ルーパー」観に行ってきました。
タイムトラベルが可能になった近未来の世界を描く、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、および「インセプション」「ダークナイト・ライジング」のジョゼフ・ゴードン・レヴィットが、同一人物の主人公としてそれぞれ主演を担うSFアクション作品。
今作
タナウツネット雑記ブログ  January 15 [Tue], 2013, 0:05


って、観た人には完全ネタバレ!?
なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑)


主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス
この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O.

そうしてタイ...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  January 14 [Mon], 2013, 18:52
タイムマシンものの映画で脚本の出来がすばらしいものだった。2044年という時代設定で文明は一度危機に陥り、すさんだ環境のようだ。貨幣の価値は亡くなっていて、秩序も保たれていない。マトリックスのような衝撃を受ける映画で、必見だと思う。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  January 14 [Mon], 2013, 17:07
映画「LOOPER/ルーパー」★★★☆
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、
エミリー・ブラント 出演

ライアン・ジョンソン監督、
118分、2013年1月12日より全国公開
2011,アメリカ,ギャガ、ポニーキャニオン
(原題/原作:LOOPER)





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


「劇場でもさかんに予告編が流れていて
前売券を買って楽しみにしていた映画、
タイムマシンで未来の自分が転送されてきて
さあ大変!ということくらいしか
前知識は無かった
TV露出も増えたとあって
劇場は混雑していた」



アクション俳優っぽくはない
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは器用な役者
ひ弱な役から骨太な役まで
これまで短い間に
色んな面を見せてくれている、
今回は大御所ブルース・ウィリスと共演、
強烈な印象を残している。


近未来ではタイムマシンが開発されていたが
その使用は政府によって禁じられていた、
まあ、個人が勝手に色んな時代に行けたら
大混乱になるだろうしな、
でもタイムマシンがあれば古代のエジプトとか
行きたいものだ...
soramove  January 14 [Mon], 2013, 12:04
ブルース・ウィリスって、ここんとこ作品が続くなぁ・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
タイトラベルが可能となった未来、犯罪組織は法によって禁じられたタイムマシンで消したい人間を30年前の2044年に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる処刑人のもとに送って...
いい加減社長の映画日記  January 13 [Sun], 2013, 18:50
 明日は、いよいよ成人式ですね。新たに成人になられる方、おめでとうございます。あなた方も、これから日本を支える側の人間になりますね。まあ、肩の力は抜いて頑張って下さい

任務:未来から来る犯罪者を消せ
標的:30年後の自分
原題 LOOPER
製作年度 2012年
上映時間 118分
監督 ライアン・ジョンソン
出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント/ポール・ダノ
未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す...
to Heart  January 13 [Sun], 2013, 11:04
注・内容、重要なプロット、結末に触れています。物語・2044年。未来(2074年)から転送されてくるターゲットを始末する殺し屋のジョーの前に、30年後の自分自身が送られてきたことから始まるスリリングな
映画雑記・COLOR of CINEMA  January 12 [Sat], 2013, 13:50
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 未来から転送されてくる悪人を殺して
うろうろ日記  January 09 [Wed], 2013, 0:39
ブルース・ウィリスの演技を繰り返し見て観察したに違いない。
彼の仕草をまんまコピーしたジョセフ・ゴードン=レヴィットの仕事は賞賛に値する。
無理やり黒く描いてしまった眉毛以外は・・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  January 01 [Tue], 2013, 13:31
'12.12.17 『LOOPER』(試写会)@なかのZEROホール

これは見たかった! ジョゼフ・ゴードン=レヴィット好きとしては、当然でしょと思うけど、いくら好きな俳優が出てても、見たいと思う作品じゃないとDVDでいいやと思っちゃったり・・・ でも、これは見たくて試写会応募しまくり! 友達のYuweeが当選して連れてってくれた! Thank You〜

*極力さけますが、ネタバレします!

「2044年。30年後の未来から転送された人物を射殺するLOOPERのジョー。ある日転送されてきた男を逃がしてしまう。それは30年後の自分だった・・・」というあらすじは、ストーリーの3分の1くらいしか表していない。思ってたのと全然違う話だった。この知識しか持たずに見たけどおもしろかった! 正直、前情報はこのくらいで見た方が楽しめると思うけど、ネタバレしないと書きたいことが書けないから書く!(笑)

まずはLOOPERの説明からすると・・・ LOOPERの名前の由来はよく分からないけど、映画全体としてはダブルミーニングになっているんだと思う。その辺りはおいおい書いていくとして、まずLOOPERには組織があって、そこから仕事を斡旋してもらっているっぽい。何故こんな仕事が成り立っているのかとい...
・*・ etoile ・*・  January 01 [Tue], 2013, 0:47






2044年、アメリカは経済が破綻し、犯罪のはびこる治安の悪い国になっていた。
念力を持ったミュータントが発生し、人口の10%を占めるようになっていた。
一方、2074年に、全ての人間はトラッキングデバイスでその行動が管理され、殺人が出来なくなってい...
うだるありぞな  December 31 [Mon], 2012, 3:03
2072年。 タイムトラベルは禁止されているが、闇の世界では大活躍していた。 犯罪組織は消したい人物を30年前に送り込み、“ルーパー”と呼ばれる請負人に殺させて証拠隠滅を図っている。 ある日、ルーパーの青年ジョーの前に現れたターゲットは、なんと未来の自分だった! ターゲットを殺さなければルーパー本人が殺されてしまう。 隙を見て逃げ出した未来の自分を、必死で追うジョーだったが…。 SFアクション。 ≪標的:30年後の自分≫
象のロケット  December 30 [Sun], 2012, 20:04
タイムマシンが開発された近未来を舞台にひとりの殺し屋の運命を描いたサスペンスです。 ジョセフ・ゴードン=レヴィット&ブルース・ウィリスでどんな物語になるのだろうと気になっていました。 主人公たちの運命が刻々と変化していく状況にちょっと混乱しながらもドキドキするような作品でした。
とりあえず、コメントです  December 30 [Sun], 2012, 19:35
『ルーパー/LOOPER』 を最速試写会で観てきました。

ちょいと宣伝は大げさだけどね


【ストーリー】
 未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは、何と30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。ジョーは、未来の自分の殺害をためらい逃がしてしまうが、その後未来の自分から、やって来た理由を明かされ……。


観る前にチラシでストーリーを読むと少し分かりづらいので、ぐちゃぐちゃなのかなと
思ったら結構シンプルなストーリーであった。

設定は2044年で、その時代の本人がジョセフ、未来(30年後)から送られてきたのが
ブルースという本人(30年後の自分)が頃されに来たという話。
そこで、すぐ死んだら話にならないので、ブルースが大活躍するという話(嘘)。

この映画もネタばれできないのであまり多くは書きません。
脚本が面白いけど、2点謎が・・・
 1)子供が24を言えない理由は
 2)ブルースは撃たれていた映像があったがあれは
この辺をもう観直したいので、もう1回観るか・・・
でも、何回観ても謎は解明されな...
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUZU
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-レシピがあれば何でも作ります食べます
    ・手芸-クロスステッチから洋裁まで幅広く
    ・ゲーム-刀剣乱舞に夢中
読者になる
しばらくお休みしていましたが、のんびりのんびりマイペースで復活予定でございます。

今しばらくお待ちください…
2012年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
★前田有一の超映画批評★ blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

マクロミルへ登録