【映画】幸せへのキセキ

May 23 [Wed], 2012, 11:59

<幸せへのキセキ を観て来ました>

原題:We Bought a Zoo
製作:2011年アメリカ


人気ブログランキングへ

ヤプログさんのご招待で試写会にて鑑賞です。
実は…私個人的にマット・デイモンがそんなに好きじゃない。

好き嫌いというか、”どうでもいい存在”なのです(ハッキリ言っちゃったなぁw)
だから、彼が出演してるからとか、そういう理由で作品を見たことはないし(むしろ避けてきたかも)、逆に出演してるから好きじゃないというのはありません。
マット・デイモン知ってるし、実力があるのも良くわかってる。
でも、私の心を動かすような存在じゃない。いやー、ハッキリ言ってしまって、好きな人ごめんなさいね!!!

というわけで、予告は良い感じだったけど、主演がマット・デイモンかー…というような、あまり気乗りしない状態での鑑賞でした。
本当、失礼でごめんなさい!



半年前に最愛の妻を亡くしたばかりのジャーナリスト、ベンジャミン(マット・デイモン)。
彼の14歳の多感な息子は学校で問題を起こし退学になってしまう。7歳の娘も、前向きではあるが、悲しみから立ち直れないでいた。
心機一転し、新しい場所で人生をやり直そうと考えた彼は、郊外に家を買うことにしたのだが、その家には2年前に閉園した動物園の管理条件がついていたのだ…




これは、実際にあったお話が基になっています。
ライターでジャーナリストのベンジャミン・ミーが実際に体験したお話なんです。

思春期に母親を失った息子は、父親に対する反抗が酷く、問題ばかり起こしついには学校を退学。
自分がしっかりしなきゃと家族を見て頑張る娘はまだ7歳。母親のぬくもりが忘れられず、ついつい甘えてしまう。

学校退学になっちゃったし、自分も勢いで仕事辞めたし、都心まで数十キロ離れてる郊外に引っ越しちゃおうかな〜!!

買った家には動物園がくっついてきた!!

閉園しているとはいえ、動物たちの世話をするために、数人の飼育員たちが仕事をしていました。
その中の一人、飼育員長のケリーにはスカーレット・ヨハンソン。
最初、動物に関してド素人のベンジャミンを、「どうせすぐ辞めるだろう」と冷たい視線を送っていたのだけど、このド素人ちゃんは、「動物園を開園させるぞ!」とか言い出してしまうのだ。



普通だったら、家族の心を一つに、みんなで悲しみを乗り越えて幸せハッピーになるぞ〜!という流れになるんだろうけど、14歳の息子は全く言うことを聞かない。
父親に反発し反発し、父親もそれに正面からぶつかっていく。
この父親と息子の対立が、やけにリアルで緊迫してて、凄かった。親だって人の子、失敗だってするし、弱さだってある。子供はそれをわかってるし、ごまかしたりしたら、ばれちゃうんだよね。

動物園を再建するだけではなく、家族の問題も再建していく作品だったのでした。



悲しみのどん底だったベンジャミンたち。
母親を失い、前に進もうと闇雲に頑張っても、すぐつまづいてしまうけど、みんなの協力と努力のおかげで少しずつ前に進んでいく。
飼育員の一人、ケリーのいとこ(だったかな?)でリリーという少女がいるんだけど、彼女を演じているのはエル・ファニング。ダコタ・ファニングの妹で、「スーパー8」で有名になったよね。
”フェミニン”という言葉は彼女の為にあるのかと思うくらいの可愛らしい彼女、さらに愛らしさが増していました。後身長も増してました。

ベンジャミンが妻の事を心底愛していて、大きすぎる存在だったというのが凄く伝わってくるから、スカーレット・ヨハンソンを前にしても、ぐらつきません(笑)。
でも、それを突き通していると、アレなのか、それとも実際にあったのか、脚色したのかわからないけど、妙なシーンが1カットだけあります(笑)。
同僚と見に行ったんだけど、二人して「アレはない」と文句言ってしまったw
女目線からすると、「いらないカット」だったかもしれないw

それでも、ラストの子供たちに語りかけるシーンは、家だったら号泣してた(笑)!
マット・デイモンを侮っていました…。
すっかりふくよかになって、もう脱げないだろ…とか思っていたけど、良い演技する俳優さんになったなぁ…(上から目線)
途中も何度かぐっと来て、涙をこらえたりもしたし、思っていた以上にとても良い作品でした。

動物たちも可愛いし、動物園という環境の厳しさ、家族のこととか、さまざまな方面からの問題も描いていて、2時間なんてあっという間。とっても満足度の高い作品です。

映画は6月8日より、ロードショー!




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/koutyalond/archive/1352
Trackback
Trackback URL
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ…
Subterranean サブタレイニアン  December 06 [Thu], 2012, 13:13
動物園買っちゃった(*^_^*) 感動の実話を映画化[E:sign03] 閉鎖し
12-54.幸せへのキセキ■原題:We Bought A Zoo■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:石田泰子■観賞日:7月8日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)
□監督・脚本・製作:キャメロン・クロウ□脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作:ベンジャミン・...
kintyre's Diary 新館  November 26 [Mon], 2012, 22:57
五つ星評価で【★★★エルちゃんかーいー】

ジェイソン・ボーンのマッド・デイモンと
ブラック・ウィドーのスカーレット・ヨハンソンが
廃動物園を舞台に、蛇、熊、虎などを武 ...
ふじき78の死屍累々映画日記  November 22 [Thu], 2012, 0:04


素敵な作品でした。妻を亡くしたベンジャミン・ミーが新しい人生を始めようと郊外に家を買ったら、閉鎖中の動物園がついてきた!という一見ユーモアミングなお話。そして家族とともに動物園を再建する中で、家族との絆を取り戻すという話ですが、驚いたことに何と実話に基づいた話だそうで。
飼育員たち、再オープンを待ち望む地元の人々、そして家族みんなのサポートを得て動物園再建を目指すのですが、そこはそれ当初は上手くいくはずもない。
何気ない場面で映し出されるマット・デイモンの顔。この人、いつの間にこんなに巧くなったんだ。転機のように、展開が変わっていく。いい方へ押し出されていく。
また、母親を亡くした反抗期である息子との対話を避けてきたベンジャミンが、本音でぶつかって、年老いたベンガルトラのスパーの死の際の悲しみを共有する事によって、より絆が深まっていくといった、ベタだけど素直に納得出来る描写があった。悲しみを父と息子が共有出来たときに心が通い合って、母親(妻)の死を受け止める事が出来たのかも。私は数年前に亡くした大切に飼っていたウサギのプーを思い出した。最期を看取ったのは私だったから。
困難でも...
いやいやえん  November 21 [Wed], 2012, 9:53



 おもしろそうだけど、この時期ちょっとアクションとか派手目の映画が見たい症候群になっていたのでスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでみんなにオススメだからぜひ!と言われて観に行くことにしました。そんなわけで今回の映画記事は幸せへのキセキです。
よしなしごと  September 22 [Sat], 2012, 15:44

全米での公開時から気になっていた1本だったので、1週間以上前に映画館で鑑賞してきました。
ここのところ、映画のレビューを書くのが非常に遅い自分。。。
鑑賞直後とかに書いた方がいいのはわかってるん...
Cinema+Sweets=∞  July 13 [Fri], 2012, 20:35

 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。
 妻を病気で失ったショックから立ち直れずにいる男が、家族と自分自身の再生のために、仕事を辞めて町外れの広大な家を購入する。しかしそこは、47種の動物の有する閉鎖された動物園だった。
流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜  June 28 [Thu], 2012, 18:47
監督:キャメロン・クロウ出演:マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
映画部族 a tribe called movie  June 25 [Mon], 2012, 1:24
JUGEMテーマ:洋画 
簡単にあらすじ 半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は 仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と 7歳 の娘と共に郊外へ引っ越す。 そこは閉鎖中の動物園 で、 敷地内には動物が暮らしていた。 ベンジャミンは動 物園の再建を決意するも、 資金難が発生するなど悪 戦苦闘の日々が続く。 しかし飼育員や地域の人々に 支えられ、 少しずつ再建は進んでいき……。 ※Yahoo!より 妻(母親)が亡くなり悲しみにくれながらも、 立ち直っていこうという姿が描かれてます。 確かに素人がいきなり買ってどうこう出来ること ではないわけだけどそんな上手く行かないところに 立ち向かいながら、立ち直っていく姿は なかなか感動しました(^^) 娘はなかなかよかったですね! 実にカワイイ(^_^) マット・デイモンとの会話は 可愛くてやられます(笑) 個人的に気になった点もあります。 余計な件が多いです…。 そこは今回の件で必要なの? って場面もあり、 気持ち長めに感じてしまいましたわ(^O^;) そういう点はあっても家族モノ見たい方には オススメてす! 原題は「動物園を買いました」だそうです(笑)トラックバックさせていただきました。ありがと...
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。

 物語は、半年前に病気で妻を亡くし...
映画的・絵画的・音楽的  June 21 [Thu], 2012, 4:46





『幸せへのキセキ』---WE BOUGHT A ZOO---2011年(アメリカ)監督:キャメロン・クロウ
出演:マット・デイモン 、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット 、エル・ファニング 、ジョン・マイケル・ヒギンズ 、コリ...
こんな映画見ました?  June 19 [Tue], 2012, 21:55
末娘のしぐさの一つ一つが可愛らしい。
だらだら無気力ブログ!  June 19 [Tue], 2012, 0:16


□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソ...
京の昼寝?♪  June 18 [Mon], 2012, 12:08
「幸せへのキセキ」★★★★
マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソン、
トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、
エル・ファニング、ジョン・マイケル・ヒギンズ出演

キャメロン・クロウ監督、
124分、2012年6月8日公開
2012,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:We Bought a Zoo )






<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←



「マット・デイモンはうまくキャリアを築いている、
映画は妻を亡くし二人の多感な時期の子供を抱え
仕事にも行き詰った主人公が
心機一転、住む場所を変えようと
買うことを決めたのが2年前に閉園された
動物園付きの物件だった、
子供の陽気に響く笑い声が印象的」


実話をベースにした映画
だからホントにこんなことする人がいるんだなぁ、
実際は人生を変えるというより
絶滅危惧種を含む動物の行く末を心配してという
動物愛護の気持ちが強かったようだが
映画の重点は「今を変えるきっかけ」
何か動く事で今の状態を変えられたらというもの。


他力本願では何も変わらない
それは分かっている
だ...
soramove  June 16 [Sat], 2012, 20:06



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
6月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
みはいる・BのB  June 16 [Sat], 2012, 0:29






 WE BOUGHT A ZOO
 冒険ライターのベンジャミン(マット・デイモン)は、半年前に最愛の妻を亡
くし、意気消沈していた。反抗期の息子と幼い娘を抱えた彼は、環境を変え
るべく引っ越しを考...
真紅のthinkingdays  June 15 [Fri], 2012, 10:30
邦題の「幸せへのキセキ」、最初聞いた時は「幸せのキセキ(奇跡)」の方が日本語とし
はらやんの映画徒然草  June 14 [Thu], 2012, 21:32
We Bought a Zoo [DVD]()不明商品詳細を見る
【WE BOUGHT A ZOO】
製作年: 2012年  製作国: アメリカ

半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は仕事を辞め、
悲しみの渦中にい...
miaのmovie★DIARY  June 14 [Thu], 2012, 19:30
★★★★★最愛の妻を亡くした悲しみを乗り越えるため、新たな人生をスタートさせようと動物公園の再建に取り組む家族の物語。 “自分の気持ちに素直になる”ことで、最愛の人を亡くした悲しみを思い出に変え、壊れかけた家族との関係を取り戻します。この物語に強く共感し、感動しました。 詳しいレビューの内容はリンクからご覧いただければ幸いです。...
映画とライトノベルな日常自販機  June 13 [Wed], 2012, 17:52

<<ストーリー>>
半年前に愛する妻を失ったベンジャミン(マット・デイモン)は
仕事を辞め、悲しみの渦中にいる14歳の息子と7歳の娘と共に郊外へ引っ越す。
そこは閉鎖中の動物園で、敷地内には動物...
ゴリラも寄り道  June 13 [Wed], 2012, 17:00
実話に基づいた映画。いやぁ、アメリカって何でもアリなんですね。家に動物園が付いてくるとは。

主人公のベンジャミンは、マット・デイモン。いいパパと言う、これまであまり見たことの無いマット・デイモンもいいですね。そして、有能なチーフ飼育員はスカーレット・ヨ...
勝手に映画評  June 13 [Wed], 2012, 8:00
マット・デイモンといえば、ジェイソン・ボーンなんだけど・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
LAの新聞社に勤めるコラムニストのベンジャミンは、半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の長男ディランと7歳の娘ロージーの子育てに追われている。
反抗期で問題...
いい加減社長の映画日記  June 10 [Sun], 2012, 19:39
新しく買ったお家は動物園付き。 いい加減あらすじ 妻を失くしたベンジャミンは悲し
映画感想メモ  June 10 [Sun], 2012, 18:14

原題 WE BOUGHT A ZOO
製作年度 2011年
原作 ベンジャミン・ミー『幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語』(興陽館刊)
上映時間: 124分
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 、キャメロン・クロウ
監督 キャメロン・クロウ
マット・デイモン/スカーレット・ヨ...
to Heart  June 09 [Sat], 2012, 17:24
原題:We Bought a Zoo監督:キャメロン・クロウ出演:マット・ディモン、スカーレット・ヨハンソン、トーマス・ヘイデン・チャーチ、パトリック・フュジット、エル・ファニングあいかわらずセンスない邦題だけど・・・キャメロン・クロウ監督のセンスはいい!
ハリウッド映画 LOVE  June 09 [Sat], 2012, 16:51
“Why Not?”。自動巻尺。20秒の勇気。
悠雅的生活  June 09 [Sat], 2012, 16:13
Data 原題 WE BOUGHT A ZOO 監督 キャメロン・クロウ 出演 マット・デイモン 
スカーレット・ヨハンソン 
トーマス・ヘイデン・チャーチ 
パトリック・フュジット 
エル・ファニング 公開 2012年 6月
映画 K'z films 2  June 09 [Sat], 2012, 3:11
ベンジャミンの妻が亡くなったのは動物園購入後だったけど、それを購入前に変更して父と子とも達の物語にしたのがよかった。親子関係のドラマと、動物飼育の素人がベテラン飼育員と協力して動物園を再建する過程が平行して描かれている。動物園に行ってみたくなる映画だった
“20秒間の勇気”を、持とう…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206080003/


幸せへのキセキサントラ SMJ 2012-05-30売り上げランキング : 21768Amazonで...
日々“是”精進! ver.F  June 08 [Fri], 2012, 15:14
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】家族が再生するお話でしょ?と思ってい
うろうろ日記  June 05 [Tue], 2012, 23:19
クマ牧場でも管理が大変なのに、とりあえず動物園をGETできて幸せも取り戻した家族は、このまま幸せを維持できるのかな・・・・・・?
ノルウェー暮らし・イン・原宿  June 05 [Tue], 2012, 0:03
幸せへのキセキ@よみうりホール
あーうぃ だにぇっと  June 04 [Mon], 2012, 21:40
愛する妻を亡くした主人公と2人の子供たちが、その想いの篭った街を離れ郊外に閉鎖した動物園付きの家を買い、動物園の再興を通じて家族が心の傷から立ち直る姿を描いたヒューマンドラマだ。監督は『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ。主演はマット・デイモン。共演にスカーレット・ヨハンソン、エル・ファニング、トーマス・ヘイデン・チャーチらが出演している。
LOVE Cinemas 調布  June 04 [Mon], 2012, 0:01
半年前に最愛の妻を亡くし、14歳の息子、7歳の娘と暮らすベンジャミンは、心機一転しようと引っ越しを決意。 広大な丘の上に理想の邸宅を見つけるが、なんとそこは閉鎖中の動物園を引き継ぐと言う条件付きの物件だった! 会計士の兄や息子の反対を押し切って、ベンジャミンは動物園の新オーナーとなる。 トラブルが続出しあっという間に資金は底をついてしまうが…。 ハートフル・ストーリー。
象のロケット  May 26 [Sat], 2012, 11:59





主役マット・デイモン。
彼の家族(子供×2)は、亡くなった妻の面影がこびりつく市内からの引っ越しを試みる。
ところが、その家に付属していたのは、なんと「動物園」
ということで、原題のWe Bought a Zoo、となる。


ネットで調べると、けっこう賛否が別れてい...
映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。回顧録という...
タナウツネット雑記ブログ  May 23 [Wed], 2012, 18:47
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SUZU
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・料理-レシピがあれば何でも作ります食べます
    ・手芸-クロスステッチから洋裁まで幅広く
    ・ゲーム-刀剣乱舞に夢中
読者になる
しばらくお休みしていましたが、のんびりのんびりマイペースで復活予定でございます。

今しばらくお待ちください…
2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
★前田有一の超映画批評★ blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

マクロミルへ登録