夕暮れ、夜間の事故多発 早めの点灯や反射材装備を 

October 17 [Wed], 2012, 21:59
秋が深まり、日没時間の早まりとともに例年夕暮れ時や夜間に重大な結果につながる恐れのある交通事故が多発する。鳥取県内でも10月に入り、日没前後に歩行者が車にはねられる交通死亡事故が2件発生。過去5年間の統計で10〜12月の交通事故発生が多いことから、県警は車に対しては夕暮れ時の「早めのライト点灯」を、歩行者には夜間の「反射材の装着」を呼び掛けている。

倉吉署や湯梨浜町は1日の交通死亡事故を受けて緊急の対策会議を開き、同町内で13、14の両日に開かれた敬老会で参加者全員に反射材を配布。装着を呼び掛けた。

 同署の岡田敬一交通課長は、夜間外出の歩行者が自分の身を守るため反射材の装着が必要と強く訴える。10月に発生した交通死亡事故の犠牲者2人が自宅近くで事故に遭っていることも指摘し、「事故は自宅近くなど身近なところで起こる可能性が高い。日ごろからの交通安全意識が重要」と話す。


うちの近所では自転車の「無点灯」を良く見かける。

「グリーン車は人少なく、金持ち多い」とスリ 

September 27 [Thu], 2012, 23:07
新幹線のグリーン車内でスリをしたなどとして、大阪府警淀川署が住所不定、無職の男(69)を窃盗未遂容疑で逮捕し、地検が窃盗罪などで起訴していたことがわかった

 男は「グリーン車は人が少なく、乗客も金持ちが多いと思った」などと供述している。男は同罪などで実刑判決を受けている。

 同署などによると、男は5月28日午後、新大阪―京都駅間を走行中のグリーン車内で、男性会社員(50)が窓際にかけていた上着の内ポケットから1万5000円入りの財布を盗み、約1時間後には別の新幹線のグリーン車内でも、同様の手口で男性会社社長(60)から、3万円入りの財布を抜き取るなどした疑い。

 男は京都駅から入場券で新幹線に乗り込み、新大阪などまで往復を繰り返して寝ている乗客を探していたという。5月29日に車内で財布を盗もうとしたとして窃盗未遂容疑で現行犯逮捕されていた



あほは一生なおりません。
この人も一生なおりません。

歌ってリフレッシュ 交通事故防ぐ訓練も 

September 14 [Fri], 2012, 17:42
香住老人クラブ(寺田武夫会長)は、香美町香住区の公民館で、出前講座を開いた。元中学校教諭の田中ゑみさん(69)を講師に、「歌って笑ってリフレッシュ」と題して、キーボードの演奏に合わせて童謡や唱歌を一緒に歌った。

 70〜80代の約60人が参加。田中さんは「今はみんなで歌うことが少なくなった。たまには童心にかえり、昔を思い出して歌ってもらえたらうれしい」と話した。参加者は真剣に歌ったり、大笑いしたりしながら楽しいひとときを過ごした。

 美方署の小林晃交通課長や県警高齢者交通安全教育隊は「交通事故防止実践訓練」をした。会場にマットで横断歩道を設け、疑似横断体験をした。


私の勤める施設でも、音楽のレクリエーションをしますが
やっぱり、歌うって楽しそうです。

交通安全コンサート  

August 27 [Mon], 2012, 21:34
交通事故を少しでも減らそうと、岡崎署など主催の「交通安全ふれ愛コンサートin岡崎」が26日、岡崎市民会館(六供町)で開かれ、約1500人の市民が県警音楽隊などの演奏に聴き入った。

 県警音楽隊員約40人が日本の民謡、リズム感のあるロックンロールなどを次々と演奏した。演奏の合間には、隊員たちが交通安全を訴えたり、時代劇風の寸劇による交通安全の呼びかけがあったりするなど、市民も和やかな表情でマナーを学んだ。

 また、地元で活躍している小学生から高校生まで約40人で構成する「りぶらジャズオーケストラJr.岡崎Beanzz(ビーンズ)」と音楽隊の合同ジャズ演奏も行われ、盛んな拍手を浴びた。




面白そうなイベントですね〜
うちの近所でも開催してくれないかなぁ〜。

T−ARAのソヨン、雨道で交通事故に…病院で検査中 

August 14 [Tue], 2012, 21:32
T−ARA(ティアラ)のソヨンが雨の道で交通事故に遭った。

KBS(韓国放送公社)第2テレビのドラマ『海雲台(ヘウンデ)の恋人たち』に出演中のソヨンは13日午前6時40分ごろ、撮影地の釜山(プサン)に向かう途中、亀尾(クミ)の近くで交通事故に遭った。マネージャーが運転していた車が雨道でスリップしガードレールにぶつかった後に転覆した。当時ソヨンとスタイリスト2人など4人が乗っていた。現在ソヨンと同乗者は近くの病院で精密検査を受けている。所属事務所側は「雨道で車が滑った。深刻な負傷ではないがソヨンが首と背中などの痛みを訴えている。検査結果を待っている。ドラマ撮影は一旦延期した状態だ」と説明した。ソヨンは『海雲台の恋人たち』でチョ・ヨジョンの妹のイ・グァンスン役で熱演している。


交通事故には気をつけて!!
って自分で運転してなかったんだからどうしようもないのか・・・

2PM ニックン交通事故、警察調査 

July 29 [Sun], 2012, 16:52
2PMのニックンが起した交通事故について、警察のこれまでの調べによると、ニックンが運転していた車と、衝突したバイクの両者が一時停止線を無視して交差点に進入したため事故が発生したことがわかった。


警察によると、ニックンが運転する車は交差点のない信号に時速約40kmの速度で進入、右側から同じく交差点に進入してきたバイクと衝突した。バイクの運転手は衝突により、約5メートルほど飛ばされ、腰や首、肩などを負傷した。

一方、警察は両者とも低速であったが一時停止線を無視して交差点に進入したことが事故の原因としたが、飲酒運転をしていたニックンにより過失があるとし、バイクの運転手の怪我が回復し次第、現場での詳しい調査を行うとしている




ニックンに「飲んだら乗るな 乗るなら飲むな」
を教えてあげるのを忘れました。

事故のない社会へ 交通安全運動始まる 

July 12 [Thu], 2012, 21:46
夏の交通安全県民運動が11日から始まり、津市河芸町のショッピングセンター駐車場で出発式が行われた。20日までの10日間、子どもと高齢者の交通事故防止、飲酒運転の根絶などを重点目標に街頭キャンペーンなどを展開する。

 出発式には、警察や県交通安全協会員ら約150人が参加。斉藤実県警本部長が「年度の下半期は上半期に比べて、事故が増加する傾向にある。この運動を機に事故のない社会づくりを目指してほしい」とあいさつした。

 津市立朝陽中学校の生徒や高齢者らに反射材などが贈られた後、同中生徒会副会長の別府里菜さん(14)が「交通ルールを守り、正しい交通マナーを身につけ、県民の模範となる行動に努めます」と交通安全宣言。県警の白バイ隊やパトカーなど約35台が、取り締まりに出発した。

 県警によると、10日現在の県内の交通事故による死者は39人。前年同期に比べて7人少ないが、うち約半数を高齢者が占めている。




交通事故で悲しい思いをしている人が沢山います。
安全運転でいきましょう。

「交通安全」願い届け 

June 30 [Sat], 2012, 23:45

高岡交通安全協会戸出中田連絡協議会は、交通事故防止の願いを込めて高さ十四メートルの大型ササ飾りを高岡市戸出町のJR戸出駅に立てた。地元の戸出、戸出東部両保育園の年長児約三十人が短冊を結び付け、ササ飾りを立てる時にロープを引く手伝いもした。


 戸出七夕まつり(七月三〜七日)に合わせて毎年飾っている。両園児約百三十人が「みんながじこにあいませんように」「みぎひだりをみて おうだんほどうをわたります」といった願い事を書いた短冊を用意。飾り付けた園児らは「願いがかなうといいね」と言いながらササ飾りを見上げていた。




もうすぐ七夕ですね。
今年はどんな願いを書こうかな・・・



バイクの査定
なら今すぐコチラ

交通事故死 最悪ペース/県警 

June 14 [Thu], 2012, 22:51
交通事故による今年の死者数が、昨年までの5年間に比べ、最悪のペースで増えている。12日現在で52人が死亡。県警は緊急対策に乗り出した。


 死者数は今月1日に50人に達した。2011年より20日、10年より54日も早い。過去3年の死者数は、09年が107人、10年109人、11年106人となっており、「年間95人以下」としている県警の目標は達成が厳しい状況だ。


 県警交通企画課によると、死亡事故50件のうち、12件が自損事故で、7件が正面衝突だった。速度超過や居眠りが原因のケースが目立つという。


 県警は今月から、運転手に緊張感を持ってもらう対策を取り始めた。パトカーや白バイが赤色灯を点灯させて走っているほか、事故の多い国道53号や180号で、速度規制通りに走るペースメーカー車を増やすようトラックやバスの事業者に要請しているという。


 死者52人は、60代(15人)、70代(10人)、80代以上(9人)の順で多く、この3世代で65%を占める。時間帯では日没から日の出までの夜間に発生した事故が30人で、すべてライトは下向きだった。小田正人次長は「こまめにライトの向きを切り替え、周りに注意を促してほしい」と話す。





確かにテレビを見ていても交通事故のニュースが多いです。
運転する人は十分注意しないと・・・
でも、トラックやバスがペースメーカーになるのかしら・・・




バイクを売るなら今すぐコチラ

ヘッドホンを装着した歩行者の交通事故が急増―米国 

May 29 [Tue], 2012, 22:09
米メリーランド大学小児病院のRichard Lichenstein氏らは、ヘッドホンを装着した歩行者が巻き込まれた交通事故の件数は、2004年から2011年にかけて3倍に増加したと、英医学誌「Injury Prevention」(電子版)に発表した。背景には「iPod」などの携帯音楽プレーヤーや携帯電話の普及があり、特に10代のケースが目立つという。


日本も同じです。
歩いてるならまだしも、自転車に乗りながら
メール打ってる子もいますからね〜・・・
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koutsuu
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる