後頭部の薄毛に育毛剤は効果なし?30代男性のはげに効くアレとは?

August 04 [Thu], 2016, 18:03

「後頭部が薄いんだけど、
 育毛剤を使っても全然効果がなくて…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?



30代になると髪の毛のことで悩む人が増えますよね。

それで後頭部が薄くなると
後ろから見られたときやお辞儀をした時など、
恥ずかしいですよね。


それで、後頭部はげが広がるのも嫌なので、

薄毛を解消するために
食べ物に気をつけたり頭皮マッサージをしたり、
シャンプーを変えたり育毛剤を使ったりしますよね。


それでも全然髪の毛が生えない、と
悩む人は多いですよね。


「なにをしても解消しない薄毛をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■後頭部はげに育毛剤が効かないわけとは?


まず、男性の場合、
基本的に生え際や頭頂部と後頭部では
髪が薄くなる原因が違います。


すべてに共通するのが、
頭皮の血行の悪化と頭皮環境の悪化です。

頭皮の血行が悪化すると頭のどこが
薄くなってもおかしくはありません。


それで、男性ホルモンが原因の場合は、
生え際や頭頂部が薄くなります。

後頭部は男性ホルモンの影響がほとんどないので、
そのせいで薄くなることはほとんどありません。


ということは、後頭部はげの原因は、
頭皮の血流の悪化と頭皮環境の悪化

いうことになります。


後頭部は頭の中でも血液の流れが最も悪くなりやすいところです。

ですから、血流が悪化すると後頭部が薄くなりやすいです。

血流が悪化すると、髪の毛を作るのに必要な栄養素が
送られてこなくなりますので、
髪を作ることができなくなり薄くなるのです。


そして、頭皮環境を良くするのに必要な栄養素も不足しますので、
頭皮環境が悪化します。

また、紫外線を後ろから浴び続けると
後頭部の頭皮環境が悪化します。

すると、頭皮にある髪の毛を作る細胞が正常に働かなくなるので、
髪の毛を作ることができなくなり薄くなるのです。


ということは、後頭部はげを改善するには、
血流を良くし、頭皮環境を良くする必要がありますよね。


それで、育毛剤には男性ホルモンの影響を
抑えるものがあります。

男性ホルモンの影響を抑える成分が多く
頭皮環境を良くしたり血液の流れを良くする成分が少ない
育毛剤だとなかなか薄毛を改善できないですよ。


育毛剤のパッケージなどに
どのような働きをする成分が配合されているのか
書いてあることが多いです。

それを見て、主な成分が男性ホルモンの影響を抑えるものなら
後頭部はげにはあまり効果は期待できない
でしょう。


■従来の育毛剤の大きな欠点は?


ただ、頭皮の血流をよくし、頭皮環境を整える働きのある
成分が配合されているものを使っているのに、
薄毛が全然よくならない、と悩む人も多いですよね。


それは、従来の育毛剤にはある欠点があるからなんです。

その欠点とは、浸透力です。

多くの育毛剤は実は浸透力があまりありません。

ナノ成分を使ったりして浸透するように努めているものの、
実際にはなかなか浸透していないんです。

特に液状のものは蒸発したりもしますので、
有効成分がなかなか浸透しないんですよ。


そんな中、浸透力が非常に高くて
多くの人が満足している育毛剤があるんです。

それは「オメガプロ」です。

ジェルタイプなので有効成分が頭皮にとどまり、
蒸発することなく浸透していくんです。

また、その他にも有効成分が浸透するように
さまざまな工夫がされているんですよ。

そして、和漢成分で作られていますので、
日本人の肌になじみやすく
高い効果を期待することができるんです。


それで、実際に使った人の約88%もの人が
満足しているんですよ。

「今まで別の育毛剤で効果を実感できなかったのに、
 これを使ったら髪の毛が生えてきたんです!」
と喜んでいる人がたくさんいるんです。


今まで何をしてもダメだった後頭部はげを
フサフサにして堂々と毎日を送りたい、

と思っているあなたに「オメガプロ」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

「薬用オメガプロ」詳しくはこちら






























.