ランキング便秘薬を使う前にその4 

2012年06月12日(火) 9時21分
バランスが取れていれば健康なのですが、このバランスが何かによって崩れ、腸の中に、悪玉菌が増加してしまうと、たんぱく質やアミノ酸の分解がどんどんと進み、有害物質やガスが発生します。
コープデリ

この物質によって、腸の活動が低下してしまいます。
腸が活動しにくくなると便秘となります。
ですから、「健康的な腸内環境」が現在、注目されて、ビフィズス菌が腸まで届くような飲み物などが販売されています。
口から入れても胃の中で、せっかくの菌が破壊されてしまうこともあり、腸まできちんと届かないようです。
ですから、その辺を工夫した乳酸菌飲料が売られています。
「生きて腸まで届く」と言うことが大切なのです。

腸内細菌はとても大切なもので、体内に取り込んだ食べものをエネルギーに変えてくれます。
そして、有害物質を排泄してくれたり、代謝してくれたりと、私たちが生きるために必要なことをしてくれるのです。
腸の中の、乳酸菌やビフィズス菌は、年を取るにつれて、減少してしまいます。
ですから、外から摂取する必要があるのです。

お話したことでおわかりだと思いますが、腸内環境を整えれば、便秘も解消されると期待できますよね。
便秘を予防するにも、善玉菌を増やさなければなりません。
ですから、便秘薬の効果ランキングなどを見て、薬を選ぶよりも、腸内環境に良い商品ランキングをチェックし、乳酸菌飲料を飲んだほうが健康的と言うことになります。
便秘薬に頼らず、まず、自分の腸内を健康にしてみてはいかがでしょうか。