ストローハット、サンバイザーのかぶり方

June 12 [Tue], 2012, 8:30
たくさんのデザインのある帽子。基本のかぶり方を覚えておけばどんな帽子でもきちんとかぶることができますが、帽子のデザインによって、かぶり方のポイントがあります。特徴的な帽子のかぶり方について覚えておきましょう。
オラクル化粧品

・ストローハット
子供の頃から馴染み深い麦わら帽子ですね。最近では様々なデザインのストローハットがあります。
トップが平らで高さのない「カンカン帽」、トップが凹んでいる「中折れ帽」など、ストローハットは、ファッションアイテムの1つとして欠かすことのできない帽子となっていますね。
お洒落にストローハットをかぶるなら、好みの側で斜めにして、頭に乗せる感覚で浅めにかぶるのがポイントです。
クラウンが丸く可愛らしい印象のストローハットでは、深くかぶってしまいがちですが、少しゆとりを持ってかぶると綺麗に見せることができます。
ツバを水平にさせてかぶると、クラシカルな印象で素敵です。

・サンバイザー
日除け帽子として蒸れにくいサンバイザーは、スポーツでも欠かすことのできないアイテムでしょう。
髪の短い人や男性の場合、サンバイザーをかぶると前髪が跳ねてしまいがちです。
サンバイザーをかぶってから、サイドラインに指を入れて髪を出しておくと、違和感なくかぶることができるでしょう。
ファッションとして利用する場合は、頭にはめる部分がオープンになっているタイプの方が使いやすいでしょう。
少し斜めにしたり、後に向けたりして、自分流の楽しみ方をしてみましょう。