東阿阿膠のこだわり

October 30 [Sun], 2011, 6:03
アキョウの最大手メーカーである「東阿阿膠」のこだわりについて紹介します。やはりアキョウを語る上でこの会社の存在、会社の商品は外せないです。東阿阿膠がアキョウを生産する上で、水にこだわっている話は先に述べたとおりです。

水質検査でも驚くべき数値を誇る、東阿の美しい水を使っているのです。この水のおかげでアキョウの品質が保証されているといっても過言ではありません。東阿阿膠では水の他にも産地にもこだわっています。アキョウの産地での安全管理を徹底していることはもちろん、産地の環境保護にも努めています。
株デモトレード

アキョウが作られているのは大自然が広がる中国北西部の新疆、空気がとてもきれいな雲南、原材料であるロバの皮はモンゴル産の良質なロバを使っています。日本をはじめとした海外に輸出する製品には、新疆に産地を限定しています。これは安全性を保証できるように取り計らったものです。このようにして徹底して安全管理を行ってアキョウを作っています。

また近年ウシやトリやブタなどで問題となっているBSE問題ですが、ロバはBSEが発生していない安全な動物です。家畜の食用安全性について多くの人が関心を寄せる中ロバがBSEに感染しないことは商品の信頼に値します。

BSEの心配があるのは反芻動物であり、ロバは反芻動物ではないのです。東阿阿膠のアキョウ製品が市場で90%のシェアを占めるほどの人気があり続けているのはこのようなこだわりの証なのだと思います。

当サイトを利用したことによる不利益や損害、問題について、一切責任を負いません。あくまでも、個人の意見ですので、ご理解の上お読みください。