春におすすめの盆栽

June 12 [Tue], 2012, 5:35
春は1年でもっとも“花”を楽しむことができる季節です。それでは、春に鮮やかな花を咲かせる盆栽や、かわいらしい実をつける盆栽を紹介します。
SMBC日興証券

「桜」・・・花を古枝に咲かせる桜は、盆栽には向いていない樹種です。しかし、「一才桜」は、若木でもよく花を咲かせて花期も長いので、盆栽にも適しています。大切に育ててあげれば、毎年、美しい花を楽しめます。「八重桜」は、桜盆栽の中でも最上級品です。豪華でボリュームのある花を咲かせますが、部分によって花色の濃さが違い、より一層美しさを際立たせています。八重桜は、大切な人へ贈るプレゼントにしたり、一才桜とはひと味違う贅沢さを楽しんだりするのにおすすめの桜盆栽です。

「姫りんご」・・・淡いピンク色のつぼみから真っ白な花が咲き、エメラルドグリーンの実は、成熟すると赤色へと変化していきます。美しい花の時期が終わると、実が徐々に膨らみはじめ、小さくてかわいい実がたくさん生ります。夏にはさわやかな緑色、秋・冬には暖かみのある赤に変化し、まるで私たち人間のように衣替えしているみたいです。

「一才藤」・・・藤というと、藤棚から垂れ下がる姿をイメージするかもしれませんが、盆栽では房状にそのまましだれ咲くので、紫色の滝のようでとても豪華です。

「長寿梅」・・・その名の通り、縁起のとても良い樹木とされ、贈り物として人気のある盆栽です。花は、基本的に春に多く咲かせますが、四季咲き性があるため、年に数回可憐な花を見ることができます。