マイカーリースビジネス 

June 04 [Mon], 2012, 15:01
最近日本でもやっと注目されてきた儲かる商売「マイカーリースビジネス」と仮に名付けますが、アメリカなどではかなり昔から行われているビジネスです。
外貨両替手数料

従来会社では営業車をリース契約して社員に使わせていました。
しかし会社が営業車をリースするにはかなりの費用がかかります。
そこで、平日仕事をしているため社員はマイカーを使っていないことを利用して、それでは平日にマイカーを会社で使おうと考えたのです。
従来は会社所有が当たり前だった営業車、当たり前を逆手にとってこの儲かる商売は成り立っているのです。

個人のマイカーを使ったビジネスなので、経費も一切かかりません。
丸々儲けとすることができるのです。
会社が営業車を保有すると様々な費用がかかります。
例えばリースしている車両台数分の車両代、保険代、さらに自動車税や車検代など莫大な費用がかかります。
例えば企業が50台の営業車を5年間リース所有していると1億円近い費用が発生するのです。
この分の費用を削減することができれば、会社側は莫大な経費削減をすることができ、社員側もマイカーを提供しているので相当の対価を得ることができます。
例えばガソリン代や修理代、自動車税や保険料など会社に負担してもらえることでかなり家計が助かります。

このようなマイカー利用を行っている企業に対して走行距離や距離数を対価で計算するなどのレポートを毎月提出しているのが、今回ご紹介する儲かる商売なのです。
社員の走行距離を社員ごとのレポートを作成して提出するだけのいたって簡単な仕事です。
データを入力して印刷して提出するだけで、1社につき約5万円もらったとして、10社と契約すればもう50万円の儲けなのです。
これからの時代さらに発展していく注目のビジネスだと思います。