春菊・チンゲン菜の保存方法

June 04 [Mon], 2012, 13:22
あまり旬を気にして購入する人がいないと思われる春菊やチンゲン菜ですが、実際には秋が旬の野菜です。
この二つは、同じ料理に使用されることはあまりなく、春菊は鍋料理、チンゲン菜は中華料理をはじめとした炒め物が主な使用料理となりますが、同じ葉野菜ということで共通する部分もあります。
ポンド円両替手数料

そんな春菊とチンゲン菜の保存方法は、やはり乾燥の予防が第一となります。
春菊はあまり強い食材ではないので、なるべくしっかりと湿らせてから保存する必要があります。
新聞紙を軽く湿らせたものに包み、ポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
この際、根元を下にして保存するとより効果的です。

チンゲン菜は、春菊よりは長持ちさせやすい食材です。
ある程度乾燥にも強いので、新聞紙で包む必要はありません。
ラップで包み、冷蔵庫の中で保存しましょう。
尚、こちらも立てて置いておくことが、より長持ちする保存方法のポイントです。

春菊は鍋料理以外はほとんど使用しない食材なので、葉野菜の中ではかなり地味な部類です。
しかし、その実非常に栄養素の豊富な野菜としても知られています。
緑が濃い食材なので、カロチンは非常に多く、ビタミンB1、B2、ビタミンEもかなり多く含まれています。
さらに、鉄分やカルシウム、カリウムといった、現代人の不足しがちな栄養素も含んでいます。
肉や魚を使ったお鍋で一緒に食べると、カロチンの吸収がより高まります。

チンゲン菜は、カロチンとカルシウムが多い野菜です。
油との相性が良いので炒め物に多く使われますが、茹でても美味しくいただけます。