野菜は保存食 

June 04 [Mon], 2012, 12:09
人間が生きていく上で、欠かせない栄養素はたくさんあります。その中でそれらを効率よく摂取していくには、日々の食事でバランスよく野菜を食べるのが一番です。
フォンテーヌ

近年ではサプリメントの開発がかなり進んでおり、サプリメントによる栄養摂取が浸透してきていますが、やはり自然食で賄うのが最も身体に良いことはいうまでもありません。
野菜をしっかり摂ることが、健康を確保する最大の手段と考えてください。

そんな日常生活に不可欠な野菜ですが、気候などによって価格がかなり変動することは、主婦の皆さんにとっては常識かと思います。
場合によっては、同じ年度で倍以上価格差が生まれることもありますね。
そのため、安い時には買いだめをしたくなるものです。
また、家庭菜園で野菜を作っている家庭では、収穫の時期に一気に野菜が家の中に増えてしまうことになるでしょう。
あるいは、親しい人に農家の人や家庭菜園が趣味という人がいる場合、たくさん野菜をもらうケースもあるかと思います。
その結果、しなびさせてしまい、すぐに捨ててしまう家庭が増えています。
これはかなりもったいないことですね。

そこで、保存方法を知ることが重要となってきます。
野菜の保存方法はそれぞれ異なり、覚えるのは難しいですが、しっかりと把握すれば、もらった野菜、収穫した野菜、買いだめした野菜を無駄にしなくて済みます。
また、保存方法によって味や栄養素にも大きな差が出てきます。
野菜をどうやって保存するかということは家族の健康にも影響してくるので、しっかりとその方法を覚えておきましょう。