アウトソーシングサービスのトラブルその2

June 04 [Mon], 2012, 6:58
委託する側がどんな仕事をするのか、事前に評価してから、業者を選ぶことが大切でしょう。
イサゴール

「安ければどこでもいい」と思っていたら、後で痛い目にあってしまう可能性があるからです。
委託する業者の評価をせず、それを丸投げして、委託してしまった場合、いくら、コスト面で削減できたと言っても、品質が落ちれば意味がなくなってしまいます。
その結果、コストパフォーマンスが悪い状態となり、委託してもコスト削減にならず、委託したことで返ってコストが上がってしまった、と言うケースになることもあります。

これは、特に製造業などでトラブルとなることが多いようです。
委託する側が、適切な価格で業務委託をしなかった場合、受注側としては、コスト削減するために、業務にかかる費用を当然、削ろうとするでしょう。
それが、人件費だったり、製造業であれば材料費だったりします。
また、本来行うべきプロセスを省略することもあるでしょう。
そこがトラブルの元となるのです。

人件費を大幅に削れば、アウトソーシングサービスの労働者側が、過酷な状態での労働を強いられ手抜きになる場合もあります。
こうなれば、製品の品質が低下することになってしまいますよね。
製造業でこのような品質の低下は、販売後にリコールされるなど、余計にコストがかかる結果を招くでしょう。
アウトソーシングサービスの会社は、その内部統制がきちんと確立していない会社はトラブルになりやすいと言えます。