共済金の算出方法

August 07 [Sun], 2011, 19:46
共済金はどうやって算出されるのでしょうか。
算出方法について簡単にまとめてみました。

共済金および準共済金の金額は、基本共済金と付加共済金を合計した金額になります。
これは「二階建て方式」と言われています。

基本共済金は、二階建て方式の一階部分にあたり、契約者それぞれに応じた固定額となります。
掛金月額500円(1口)あたりの額は、共済事由や掛金納付月数ごとに、政令(小規模企業共済法施行令の別表)で定められています。
加入後に掛金を増額した場合は、増額前の掛金の月額による掛金納付月数と、増額した額の掛金納付月数の、それぞれについて計算をし、それらを合算した額となります。
掛金の減額をした場合は、それぞれの掛金月額について計算したものを合算した額となります。

付加共済金は、基本共済金額に上乗せする部分になり、二階建て方式の二階部分にあたります。
算出方法は、毎年度の共済資産運用収入等に応じ、毎年経済産業大臣が定める率により算定され、基本共済金と同じように掛金区分ごとに計算されます。

算出に必要な各種の数値は、中小企業基盤整備機構のホームページにある小規模企業共済についてのページで確認することが出来ます。
また、加入している方の現時点での共済金等の概算額を試算した表を、取り寄せることの出来るサービスもあります。
プッシュホン電話で、中小企業基盤整備機構の「定型書類の自動発送サービス」に電話をし、コンピューター音声にしたがって申し込みます。
一週間ほどで試算表が届きます。


当サイトを利用したことによる不利益や損害、問題について、一切責任を負いません。
あくまでも、個人の意見ですので、ご理解の上お読みください。
  • URL:http://yaplog.jp/koutiki15/archive/4