現役の産婦人科の先生と知り、ご多忙承...

September 05 [Mon], 2011, 10:10


Q. 現役の産婦人科の先生と知り、ご多忙承知の上ですが、質問させて下さい。私は3週間前に皮様のう腫の手術を受けた者です。片方は腫瘍のみ摘出し、卵巣自体は温存。もう片方は何も手を付けず温存(現在5センチ)。そこでいくつか質問があります…◇今回の事で基礎体温を付けるようになったのですが、元々生理不順の為か手術の影響か…毎日体温がバラバラです。生理不順の人でも基礎体温を計測する意味はあるのでしょうか?◇ピルをずっと服用していると妊娠しにくい体質になったりはしないでしょうか。◇卵巣が機能しているかどうかを判断する方法は

A. 現役産婦人科医です。@元々の月経不順に手術による急性ストレスが加われば術後はますます月経不順になるのが普通です。ですが月経周期が確立するのは二十代後半頃からであり、現在24歳未満であれば年齢的な影響かも知れません。よって付け続けるうちに正常化してくる可能性もあるため、計測する方がよりいいでしょう。Aなりません。B卵巣機能は両方の卵巣機能の総合的なものであり、左右それぞれを独立して測定する方法はありません。(あるかも知れませんが、少なくとも私は知りません。)5 cmの卵巣嚢胞はどういう腫瘍を疑われているのですか?それによってどうなったら手術をするかが異なります。

» 詳細



Q. 知り合いの鍼灸整骨院から、「患者負担分は支払わなくても良いから、治療に来てほしい」といわれました。患者負担分て支払わなくてもよいのでしょうか?

A. やばいね・・・それ。http://www.e-shugi.jp/contents/list.do?cn=111↑これよんでみて

» 詳細



Q. 先日友人と海外旅行に一週間ほど行きました。普段から精神安定剤と眠剤をビールで飲んでるみたいなのですが大丈夫なのですか?旅行中は事前に旅行中の経費について伝えてあったのですが、『こんなにかかるなんて聞いてない』と言われたり、予定も事前に伝えて確認してあったのに『エステなんて行きたくない』と直前に言われたり...確かに夜に電話で旅行の話しをしてたので、酔っていたのかもしれません。初日と二日目にスーツケースに薬が入っていて、飲めない時は酷くイライラしているのを感じました。初日に経費はあずかっていたのですが、お小

A. その友人とのお付き合いは、なるべく避けられた方がよろしいかと思います。なぜなら、精神安定剤(基本的にはこの種の薬剤を服用するなら禁酒するべきなのですが)はともかく眠剤とアルコールを一緒に飲むなど論外だからです。処方を受けた医師にも言われていると思います、眠剤とアルコールの併用は厳禁だと。それらが守れない人とのお付き合いはご自身の負担が多くなります。質問中の>経費について伝えてあったのですが、『こんなにかかるなんて聞いてない』と言われたり、>『エステなんて行きたくない』と直前に言われたり...>言ったり見せたりしたことを覚えてないのです。などは薬剤とアルコールによる一時的健忘です、体も起きていて通常と同じように会話も出来ますが、脳の一部が機能していない場合があるようです。通常、医師は睡眠導入剤を寝る直前を想定して処方しますし、アルコールとの併用も厳禁とします。睡眠導入剤について下記のサイトをご覧ください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E5%B0%8E%E5%85%A5%E5%89%A4海外へ持ち出せない薬剤もあります。下手にこんな薬剤を持たれたら、あなたにまでとばっちりが来ますよ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BC%E3%83%91%E3%83%A0

» 詳細



Q. 仮性包茎について質問です。仮性包茎というのは…皮が上に戻ることをいいますよね?それは…何時間程度いえ何日程度でもどるんですか?僕の場合だと一週間位で戻っていてびっくりしました…でもしかしまだ完全に剥けてはいないんです。すこし後ろの方にくっついています。これで戻ってしまうのでしょうか?また仮性包茎なのでしょうか(T_T)

A. どうも、めがねいぬです。まず包茎についてです。医学的には、勃起した状態で包皮が亀頭を覆う状態を言います。これは、勃起した状態で包皮の長さを考えないと包皮が足りなくなる可能性があるからです。仮に、勃起状態で包皮の長さが正常でも平常時で被る事もあります。勃起時と平常時の陰茎の長さの差が大きいと被りやすいですし、皮下脂肪の量や体型などによっても被りに影響します。被らない時間の長さで判断する事ではありません。また、平常時で亀頭下の環状溝は見えないのが通常です。くっついていると表現されている所が、隣り合っていると言う事であれば問題ありません。癒着しているようであれば、お風呂で洗ったあと少しずつ剥離を試みても良いとは思いますが痛みが出るようであれば無理はしないで下さい。

» 詳細



Q. 1ヶ月前〜爪白癬の治療にテルビーを服用+メンタックスでいんきんたむしの治療中です。一旦は症状が収まり落ち着いたいんきんたむしですが、最近になり薬を塗り続けているにもかかわらず股間(太ももの付け根付近)にミミズ腫れのような湿疹が尻の手前まで一直線に出来始め、下に広がりながら強烈ではなく鈍い痒みもあります(皮膚の内側がムズ痒いような感じです)今回は患部の広がりかたがいんきんたむしの初期症状とはちょっと違うような気もします。これって、たむしの再発なのでしょうか? それとも薬が合わなかったのか?薬は毎日塗り続けて

A. 爪白癬の治療は6ヶ月程度は内服治療がかかりますが、股間部は内服+外用薬で治療できるのでしょうが、菌が勢力をぶりかえしているのでしょう。ここで治療をやめたらもとのもくあみです。再来にて先生に相談し、薬の変更なりしてもらってください。

» 詳細