【 更新情報 】

スポンサードリンク

高速道路いつから無料なの?

2009年8月30日の衆院選で民主党がとうとう政権をとりました。これによりマニュフェストのなかでも関心の高い「高速道路の無料化」なんですがいったいどうなるのか?国民の皆様はこれから注目のことかと思います。お客さんをただでさえ取られている鉄道、フェリーなどの交通関係各社は猛反発である。このたび社長に就任したばかりのJR西日本の佐々木隆之社長が「経済には大きいロスが生じるので慎重に議論をしてもらいたい。」と述べています。「明石淡路フェリー」通称「たこフェリー」は高速道路の1000円になった時点で昨年と比べるとすでに収入が半分になろうとしているのに高速道路が無料になればさらに厳しい状況に陥るのは確実ですでに雇用を含めて深刻な影響が出ている。「民主党は公共交通機関を守るためにも再検討して欲しい」という意見がでており実際に高速道路の無料化にはこういう問題が起こっているのだ。また仮に高速道路が無料になると年間約6千億円の高速道路のお金はどこから入手するのか?ETCはどうなるのか?今年3月から毎月100万台の勢いでETCを取り付ける車が増えてきたが高速道路の無料化を見込んでETC車載器を買い控える意図が増えているらしい。また今、料金所で働いている約5700人の職員の雇用はどうなるのか?
また大気汚染の助長を避けようと猛反対しているのは兵庫県尼崎市の国道43号線沿線のぜんそく患者らが国などを訴えた尼崎公害訴訟の元原告の団長の松光子団長である。それぞれ実行にはよく検討する必要があるといえる。

「高速道路 1000円」で大渋滞です!

高速道路の1000円で乗り放題ははこれまでは土日・祝日だけだったけれどETC搭載車の「高速道路 1000円」について期間が拡大されていて、8月6,7そして13,14の木、金曜日の2日間も適用が決まりました。8月は6〜9日、13〜16日の4日間がすべて1000円となります。なお一層ETCカードの申込みが殺到することでしょう。また大渋滞になることまちがいないでしょう。いくら「高速道路 1000円」とはいえ渋滞は避けたいですよね。ちなみに私は8月8日に東名高速を利用してみたのですがすごかったですよ。沼津インターで入ったのですが富士でもう車がストップしてしまいました。高速道路情報1620のラジオを聞いたら焼津からなんと50キロ渋滞でした。そこだけでなく、三ケ日で35キロ渋滞そして一宮でも50キロの渋滞でした。とにかくぜんぜん高速道路ではありませんでした。これでは「高速道路 1000円」の意味がないじゃないですか?もし将来民主党が政権を勝ち取り高速道路の無料化が決まれば大渋滞が常に起きてしまわないか?という不安がよぎりました。お盆の帰省を今回の「高速道路 1000円」という料金の大幅値下げを利用する人が激増したためか普段のお盆の帰省よりも車の台数がさらに増えていることでしょう。みなさんくれぐれも事故には注意してくださいね。

高速道路 1000円 夏休みやお盆も1000円だよ

2009年3月28日から始まった高速道路が土日に限り1000円に大幅割引される件だが今後夏休みや年末年始なども割引の対象にするのかどうかが今注目している話題ですよね。自民党の金子一義国土交通大臣や細田博之幹事長がこの割引範囲を広げようという意見を出している。その反面次回の衆院選挙を有利に進めるためのばらまき作戦だという見方もあるようだ。また北海道の武部勤党改革実行本部長は本州は道路が繋がっているからいいけど北海道は海で途切れているから恩恵を受けられない。観光客は前よりも減少した。だから高速道路よりも飛行機の運賃を値下げをお願いしたいと発言したらしい。ただ高速道路が土日だけ1000円になるのは普通車だけで割引による渋滞がトラック業界には遅配などの問題を引き起こすため評判が悪いのだ。本当に夏休みやお盆、そして年末年始にこの割引を適用するのなら大型車のトラックやバスなど流通業界に対する配慮がないとますますの反発を招くことになるだろう。6月30日の発表によれば8月は6日と7日と13日、14日の木曜日と金曜日も1000円で走れることになりました。嬉しいニュースであります。大型トラックも半額になるらしいですよ。そうですよね乗用車だけ1000円では不公平ですものね。


>>高速道路あこがれのこんな車で走りたい<<

高速道路大幅値下げの影響について

5月のゴールデンウィークで早速1000円で遊びに行ってきました。行きは沼津インターを朝の6時くらいに入ったんだけどすごく空いていました。でも浜名湖サービスエリアでは車がとても多くていつもはトイレのすぐ前に車を停められるのに少し遠いところに駐車しました。さすが高速料金1000円乗り放題はものすごい影響が出ているんだと思いました。そして名古屋インターには8:20に着きました。動物園や水族館名など見るところはたくさんあるけどどこも人でいっぱいでした。それはさて置き、夕方には名古屋を出ましたが17時に名古屋インターに入ったらもう車が延々と繋がっていました。高速道路に入ったとたん岡崎で渋滞の表示があり、渋滞10キロでした。これはいかんと思い次の上郷サービスエリアでもう夕食にしようと思い休憩にしました。サービスエリアも大変な混雑でした。ラーメンを頼んだらなかなか呼んでもらえずでした。さあ遅くなるからもう行くよということで上郷SAを出たとたん、大渋滞でした。抜けるのに45分くらいかかりました。夕飯済ましておいて良かったです。ホッというまもなく次の渋滞の表示でした。吉田インターで8キロの渋滞でした。車はずーとノロノロでした。やはり40分ほどかかりました。途中事故でバイクがトラックにぶつかっていましたので余計時間がかかりました。最後の渋滞は沼津インターで25キロの渋滞でした。こうして3回の渋滞を抜けてようやく家へたどり着きました。子供達はお風呂も入らずにバタンキューでしたね。運転手の私も大変でした。高速道路が1000円になるのは良いが事故にはお互いに十分注意しましょう。そして時間はなるべく早めに余裕をもった計画をしましょう。

>>ETC激安価格はここをクリックしてね<<




ETC車載器の購入助成開始3月31日まで

高速道路 1000円で乗り放題(実際には4月下旬から開始)が28日から大幅に値下げされるのを目前にしてETCの普及が超スピードで進んでいく毎日である。
12日からETC車載器の購入の助成が始まった。そのため全国の運転手がカー用品店に駆けつけた。熱い期待をカーショップのオーナー、店長、スタッフ一同ETC車載器の販売に気合を入れて待ち受けているようだ。
四輪車の場合助成金は1台当たり5250円が31日までにETC車載器を購入したときに割引してもらえる。販売店の様子は12日の時点では例えば横浜のスーパー
オートバックス横浜みなとみらい店では午前中でも待ち時間は1時間半でした。ETC車載器を付けたい人が集中したためだ。12000円ぐらいのETCがよく売れて
るらしく、登録料と取り付け費用を足すと20000円程度が助成金のおかげで15000円になる。また東京の目黒のイエローハット港北店の様子はいつもより8割
増しの混みようだ。カーショップ側では初めてETCを購入に来るお客さんをまた来て欲しいためポイントカードを発行してリピーターを期待する。指定された
「助成取扱店」の激安競争が始まるかもしれないので31日ぎりぎりにETC車載器を取り付けに行くほうがよいのかもしれない。高速道路交流推進財団には連日
問い合わせの電話が殺到してるらしく手続きの仕方を案内したホームページにもアクセスが殺到してつながらなくなってしまったので緊急にサーバーの容量をサイズ
アップして対応している。それだけ消費者の注目度が高いと考えられます。ETC搭載車は国土交通省の話では平成13年12月の時には1日でたった5万台しか高速
道路には走っていなかった。現在の数は553万台と急増はしているがすべての登録している自動車の台数の28%しかないんですね。今回の助成金の政策で
ETC搭載車は何万台増えるのだろうか?



>>気になるETC価格についてはこちらをご覧ください<<

高速道路1000円完全実施が一時延期に

大都市の東京や大阪を跨いで高速道路をいつも長距離で利用するトラックの運転手さんの皆さんにとっては
「待っていたのにー」と怒りの一言も言いたい人も多いと思うが国の景気対策のひとつである高速道路、土日祝日の一律1000円に値下げするという話は理由は国土交通省に話を聞くと料金徴収システムの手直しするのが値下げ予定の3月28日には間に合わないらしい。そんなことは決まる最初の時点でよく調べておいてから発表しないからこんなことになるのだと誰しも思うのではないのだろうか。このため東京や大阪を通っていくつかの高速道路を使う人にはその前後で高速料金を2回払うことになってしまうETC搭載車限定のこの値下げは2年間実施されるのだが具体的にどうゆうことかというと、たとえば東北地方の仙台市〜静岡県静岡市まで高速道路を使うとすると仙台から東北道で東京までが1000円、東京の近郊区間を抜けるのに1450円、首都高の500円で合計2950円済むはずなのに東京から静岡までの東名高速の分が加算されてしまう。その為にあと1000円支払わなければならないので合計3950円徴収されてしまうのである。ETCノンストップ自動料金収受システムの手直しが完了するまで二重に地方の高速道路の料金が徴収されてしまうのだ。麻生首相は7日沖縄の那覇市で「本来28日から土日祝日はどこまで行っても1000円ですよと宣伝したが国交省は3月28日以降の二重に徴収された分を返還する予定はありません」とコメントをしています。

高速道路1000円で乗り放題できる条件とは

いよいよ2009年3月28日から高速道路料金が土曜日曜祝日に限り
1000円均一がスタートするのですが誰でもOKというわけ
ではなく条件があります。まず第一の条件はETC車載器が必要に
なります。ETC車載器を購入する人には国から1台につき5250円
の助成金が支給されますからよく確認してて請求しましょう。
助成期間は平成21年3月12日(木) 〜 平成21年3月31日(火)まで
です。助成の対象になるのは「四輪車ETC車載器新規導入助成取扱店」で
新しくETC車載器を購入またはリースした方で2年以上ETC車載器を使用
できる方となっております。詳しくはお店で聞いていただければすぐに
わかるはずです。以上は四輪車の場合ですが二輪車の場合は助成金の
金額が二輪車用ETC車載器1台につき15750円となります。
ここまではETC車載器の話ですがあともう一つ忘れていけないのが
ETCカードです。カードの発行には1週間から十日間みておいてくだ
さいね。カードがなければ高速道路は1000円にはなりません
このカードをETC車載器にいれないと使えないのです。カードにはいろいろあり
ますが「年会費無料」で「ポイントがたまる」そして「サポートが親切
などを選ぶ基準にしていけばよろしいかと思います。以上がそろえたら
お待ちかねの高速道路が土日祝日は1000円で載り放題になります。

本州四国連絡橋の料金について

本州四国連絡高速道路はETC搭載車を条件にして3月20日から瀬戸大橋や瀬戸内しまなみ海道の通行料を本州と四国間が片道1000円に値下げすると発表した。
値下げにより今までよりも1.3倍になるという予想で今治市の商業関係者は観光客が増えてにぎやかになってくれ町が潤うことに期待をしている。
週末を1000円で通れるのは普通車以下で平日は時間差で3〜5割引だそうだ。本州四国連絡橋以外の高速道路は3月28日から1000円になる。そうして四国か
ら首都圏などの都市部例えば東京インターまでは2000円で行けるようになる。この割引の期間は2011年3月末までである。去年の9月からしまなみ海道は土日・祝日の午前9時〜午後5時のみ料金を半額にしてきた(4700円の半額)が今回の割引で通行料が大幅に安くなるので
本州四国連絡橋の利用者がますます増えていくことを望んでいる。地元今治の商店街協同組合長さんもこれから高額な通行料が安くなれば観光客も増えて町が潤う
ことを心から願うと言っていた。

高速道路 週末が1000円で大丈夫?

高速道路が「毎週土曜日曜と1000円でどこまでも行けるよ」となるとみんながドライブに行く事になるだろう。本州四国連絡橋の料金についてはあとで述べるとして遠出のドライブは今までよりはますます増えていくことだろう。またガソリン代の安い車がさらに求められていき、ハイブリッド車のほか電気自動車などの「エコカー」の需要が増えていくことだろう。でも本当に実際道路の状態がどうのか?というと事例がないことなので予想はつかない。土曜日曜の日付の変わる瞬間は高速道路の出入り口付近には車で溢れてしまうことは間違いない。きっと大混雑するだろう。また高速道路も各地で大渋滞するのではないだろうか?でも1000円というのは途中でインターを降りればまた必要になるわけで目的地についたら帰りの高速代が1000円またいりますから往復2000円は実質かかることになる。これでいけば青森ー鹿児島間が2500円で行ける。大阪周辺でどうしても1500円かかるらしいがこの制度によりますます車の通行が増えてCO2が排気されて地球温暖化がさらに進んでいくであろう。また高速バスなどは時間どうりに発着しないといけないのに週末車が高速道路にいっぱいになってしまったらどうなるのだろう。いろんな弊害が生じてくるかもしれないのに確認もしないで実施してしまってよいのか?いろいろと心配な要素はたくさんあると思う。
Yahoo!ボットチェッカー