折り紙講師

April 01 [Fri], 2016, 11:33
前から日本ウ゛ォーク社で、折り紙講師というものを受講しています。

昨今では、様々な学習が手軽に出来るので、大人のジョブトレーニングには最適です。

実際に教室で折り紙をやっていて、今一、火がつかないというか、なんだか間違えられて、折った折り紙を捨てられてしまうのが、残念な所です。

うちの父親が、30代後半の男が折り紙を折っていたら、さすがに諦めるのもよくわかる話です。

家族と住んでいて、辛いと思うこともありますが、器用にやるべきです。

親が寝静まった時に、集中してやるだとか、そういう事ですね。

自分も、父親がいきなり折り紙を折りはじめていたら、面白いとも思いますが、どうしたのだろうと思いますからね。

因みに折り紙講師の上に折り紙師範というのがあり、その上に折り紙上級師範(上級講師?)というランク付けがあるようです。

これって、一応世界中で折り紙のよさというのが認められており、それで講師として、認識されたようですね。


折り紙を折っていて、感じる事といえば、知育玩具というのがありますが、子供はこれを折っていて、頭を使っていたように思えるのです。

ナメられない頭の体操にもなる折り紙です。


関連記事


サブコンテンツ

P R