口唇炎 写真で確認!自分の症状

                  
                          
                                
<口唇炎 写真で確認! 自分の口唇炎の症状>

最近増えてきているといわれています「口唇炎」(こうしんえん)。
口唇ヘルペスは「単純ヘルペス菌」というウィルスが原因でしたが、「口唇炎」は、また原因が違っています。

自分の、唇の状態が「口唇炎」なのかどうか、さんこうまでに写真で確認してみましょう。

下記は、各症状ごとの「口唇炎」の写真です。
*この口唇炎の写真は、「大谷漢方薬局」さん、「たらお皮膚科」さんのHPから転載しています。
大谷漢方薬局さん:http://blog.livedoor.jp/ohtani_kanpou/archives/51328010.html
たらお皮膚科さん:http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/kousinen.htm
「大谷漢方薬局」さん「たらお皮膚科」さん、ご協力ありがとうございます。

水疱ができたひどい状態         
 
かなり改善した状態

口紅が原因の接触性口唇炎
 
アトピー性皮膚炎からの口唇炎および口角炎(色素沈着も)

アトピー性皮膚炎からの口唇炎と口角炎
 
アトピー性皮膚炎からの口唇炎および口角炎

口唇炎の原因は様々ありますが、その大半は「アトピー性の口唇炎」、その次に多いのが「接触性口唇炎」です。それ以外の原因で口唇炎になることは非常に少ないようです。

治療法は原因によって考えなければならないようですが、基本は、まず「原因の除去」だと考えます。
塗り薬は、原則的には、ステロイドは使用しないほうがいいと思います。

最も多い「アトピー性皮膚炎の口唇の病変による口唇炎」は、上下口唇および口唇の周囲の皮膚に、乾燥、亀裂、鱗屑(皮めくれ)がおきます。
また、そばかすぐらいの大きさの斑点状の色素が口唇からその周囲の皮膚にかけて、沈着することがあります。

かゆみはあまりないとおもいます。口角部では乾燥がひどくなると、亀裂ができて「口角びらん(口角炎)」の状態になることがあります。

アトピー性皮膚炎からの口唇炎は、特に冬の間は口唇が乾燥しすぎない様に、なめない、拭きすぎない、室内を乾燥しすぎない様にすることがケアの重要な点です。


P R