舌を清潔にして口臭を予防する方法

May 19 [Tue], 2009, 8:52
口臭を予防するのに舌を清潔にしておくことは非常に有効です。舌の中央部に味覚を感じる舌乳頭という無数の突起物があり、そこに食べかすや細菌が付着して、舌の苔(舌苔)となって口臭を放しているのです。

口臭を発する下が清潔であるか、健康であるかなどが鏡で見れば直ぐにわかります。通常はピンク色をしているのですが、胃腸が悪くなったり弱ったりして舌が乾ききっているときには白色や黄白色をしています。このような時には体調管理とともに、食生活を見直して口臭対策を施してください。

口臭の原因である舌苔は放っておくとどんどん増えていきます。口臭の原因である舌苔を取り除くには清潔なタオルを使って取り除きましょう。人差し指にタオルをかけて、そのまま舌苔を前にかき出すようにして取り除いてください。

口臭がひどいからと言って、歯ブラシで直接ゴシゴシとやったり、力を入れすぎることはしないでください。舌乳頭を傷つけて、味覚障害を起こしてしまう可能性がありますからね。

口臭の原因である舌苔は体質も大きく関係していますが、食生活で改善することができます。流動的な食べものを避けて、出来るだけ固形の食べものを食べてください。舌苔の原因は細菌ですから固い物を食べることによって取り除くことも出来るのです。

固い食べものは口臭だけでなく、歯を支えるアゴを鍛えることにもなり、歯並びの悪化を予防してくれます。

⇒⇒口臭撃退マニュアル

簡単にできる口臭予防チェックリスト

May 19 [Tue], 2009, 8:51
口臭は生活習慣と大きく関係があると言われています。口臭のチェックリストを作成してみましたので、あなた自身でチェックしてみてください。

夏バテをしやすい人というのは、胃をはじめ消化系の臓器が弱っているのですね。このために口内の自浄化能力が低下して、舌苔が増えて、口臭が強くなっていませんか。

ストレスをたくさん抱えている人も口臭があります。ストレスによって自律神経のバランスが崩れることによって、唾液の分泌が低下し口臭が起きるのです。口臭対策としては水分の補給をこまめにすると良いでしょう。

夜更かしをする人にも口臭があります。ストレスの場合と同じように自律神経の働きが悪くなって、唾液の分泌が低下して口臭が起こります。口臭対策としては水分の補給をこまめにすると良いでしょう。

エアコンを1日中使っていると口臭の原因になります。冷暖房を自然に頼らない生活をしていると自律神経の機能が低下して唾液の分泌が少なくなり、口臭が発生しやすい原因になります。

あまり会話をしない人にも口臭が発生しやすいですね。きっと意外に思われるかも知れませんが、おしゃべりで口を動かしていることによって唾液の分泌が活発になり、唾液によって口臭の殺菌効果が起こるのです。だからあまり喋らない人というのは、唾液による殺菌力を使わないので口臭が起こりやすくなるのですね。

口臭の原因が生活習慣と密接に関係していることがお分かりいただけましたでしょうか。規則正しい生活をして、生活習慣病の予防にもつながる口臭の予防を行ってください。

⇒⇒口臭撃退マニュアル

口臭の効果的な予防方法

May 19 [Tue], 2009, 8:50
口臭の原因が分かった時点で出来るだけ早く対策を考えて口臭を消すようにしてください。また今は口臭が気になっていない人であっても口臭の予防対策を普段から行っておいて悪いことはありませんからね。

口臭の原因を調べることが大切ですが、どの程度の悪臭の口臭であるか調べる器械があることをご存知でしょうか。口臭を調べる器械としては口臭チェッカーや口臭測定器というものを購入して調べることができます。口臭を客観的な数値として測定して口臭防止や他人への迷惑具合を調べて、相手に不快感を与えないようにすることが出来るようになるのです。

口臭測定器は「タニタ・ブレスチェッカー」と言う名前で販売されています。多分3,000円程度だと思いますので、接客業を行っている人にはぜひ持っていただきたい口臭のエチケット商品ですね。

また口臭防止の商品もたくさん出回っています。「イオン歯ブラシ」は電子の力で歯垢を落とし口臭の原因を取り除くものです。「口臭予防歯磨き粉」は天然緑茶エキスや笹の葉エキスなどを配合して口臭の原因を取り除く商品です。

口臭予防にガムやタブレット、スプレーなどを使われる方も多いですね。ガムは唾液の分泌を促進してくれますので、口臭予防には非常に効果的ですね。タブレットもキシリトール入りのものや、ビタミンCや乳酸菌入りのものなど、たくさん市販されています。

ただし、ガムやタブレットなどは、糖分を含んでいないものを選ぶようにしてください。

⇒⇒口臭撃退マニュアル

子供と大人で口臭の原因が違う

May 19 [Tue], 2009, 8:49
口臭は大人の問題かと思っている人がいるかも知れませんが、実は子供でも口臭があるのです。子供の口臭の原因は歯によるものが第一に考えられます。特に虫歯によって細菌が口内に繁殖して口臭を発することが多いですね。

また耳鼻科系の慢性鼻炎、蓄膿症によって口の中が乾燥して、口の中の自浄化作用が低下して口臭の原因になっているようです。子供の口臭を治すには虫歯の治療や慢性鼻炎、蓄膿症の治療も大切ですが、口呼吸だけでなく鼻呼吸をする習慣をつけることが必要になってきます。

子供の場合は舌の汚れが気になって舌を磨いたり洗ったりした時に舌を傷つけて口内が乾いて口臭の原因になることもあります。

加齢による口臭の原因としては虫歯以外に歯槽膿漏や歯肉炎が40歳代になる急速に発症して口臭の原因になっているのですね。さらに高齢化して義歯や金属冠ブリッジなどを使うようになって、手入れが悪いと口臭が起きることになります。

成人病も口臭の原因ですね。糖尿病の場合には甘酸っぱい口臭が、肝臓病の場合には動物的な口臭がすると言われています。消化器系の病気が原因で口臭が出るときは腐敗臭のような臭いがするといわれています。

加齢により唾液の分泌が減るシェグレン症候群も口臭の原因の一つです。

このように見ていきますと口臭の原因は本当にたくさんあります。口臭が強くなると布団や衣服にも臭いがついてなかなか消えないことがあります。次第に自分自身でも口臭が気になってきますが、出来るだけ早く口臭を身体から消すようにしてください。

⇒⇒口臭撃退マニュアル

口臭の原因を探ってみました

May 19 [Tue], 2009, 8:43
口臭の原因には色々なものがあります。場合によっては一人で複数の口臭の原因を持っていることも考えられますね。タバコや加齢臭が複合することはよくあることですね。

自分で口臭に気が付くことは少ないですが、周りの人に不快感や迷惑をかけないようにすることが口臭のエチケットであり一番の問題ではないでしょうか。精神的なストレスを感じることにもなってしまう口臭ですから、出来るだけ早く口臭を取り除くようにしてください。

口臭を改善しようとすることが、口臭の予防につながり口臭の対策を考える上にも非常に大切なことですね。特に口臭は生活習慣や食べものそして体内環境によって影響を受けやすいですから、特に生活習慣には気を配るようにしてください。

口臭の原因を分類しますと大きくは2つになります。ひとつは生理的な口臭ということになります。喫煙などの生活習慣や精神状態が不安定なために口内乾燥が起きたり、にんにくなどの臭いの強い飲食物からの影響を受けて口臭が発生するのですね。2日酔いなどで発生する口臭は、どちらかといえば一時的な口臭の原因で対策もそれほど必要ないかも知れませんね。

口臭の原因の2つ目は病的な原因による口臭です。特に慢性的な病気が原因で口臭が起きていますね。たとえば虫歯や歯槽膿漏などの歯に関する病気で、口内に最近が繁殖していることが考えられます。また口臭を発する病気としては慢性鼻炎、蓄膿症などの耳鼻科系の疾患によるもの、胃潰瘍などの消化器系の疾患によるもの、肝炎や糖尿病の疾患によっても口臭を発する場合があります。

⇒⇒口臭撃退マニュアル
P R