【 更新情報 】

スポンサードリンク

口臭対策食品

口臭対策のためには、酸性の食品を摂るとよいようです。

酸性の食品を摂ると唾液の分泌が促されるので、口臭を抑える効果が得られるのです。
代表的なものとして、レモンや梅干などがありますが、これらを思い浮かべただけでも、唾液が出てきます。
これらの食品には、タンパク質を分解する作用があり、口の中に残ったものの、発酵や腐敗を防いで、口臭予防に繋がるのです。

葱類を食べたときや空腹の時などに、口臭が気になることも多いはずです。
これから大事な商談というときや、特別な人と待ち合わせているときなど、口臭が心配になります。

そんなときには、ガムなどで手軽に口臭対策をすることが出来ます。
他にも、グミやタブレットなど手軽に口臭対策の取れる商品があります。

これらの商品を利用することで、すべてなくなるとう訳ではありませんが、口臭予防の手助けには大変効果を発揮します。

口臭対策のこれらの商品は、スーパーやコンビニなどで容易に手に入ります。
口臭が気になったら、すぐに利用することが出来ます。

ブレスケアグッズは、どこでも手に入れることが可能です。
いざという時に、口臭の心配をしなくてもよいように、日頃からか何か一つはバックに入れておくと良いかもしれません。

口臭予防飲料

口臭対策として食べると良いとされているものには、レモンや梅干などのすっぱい食品などがあります。

その他に、ブレスケア用の商品も出回っていますので、口臭対策に利用している人も少なくないはずです。

これらとは別に、普段何気なく飲んでいるものの中にも、口臭対策となるものがあります。

食後の緑茶がそれです。
緑茶にはカテキンやフラボノイド、クロロフィルなどが含まれていますが、これらの成分は消臭や殺菌作用があるので、口臭予防に最適なのです。

紅茶にも同じような効果が期待出来ます。
口臭対策として飲むのであれば、緑茶や紅茶を食後に飲むと効果が期待できるようです。

また、口臭対策として最も有名なのは、牛乳でしょう。
牛乳には、口臭の元となる成分を包み込んでしまう働きがあります。

他のチーズやヨーグルトなどの乳製品にも同様の働きがあります。
特に、にんにくやアルコールなどによって発生する口臭には、乳製品が効果的だといわれています。

口臭の原因別に、対処の方法を変えてみるもの良いでしょう。
ですが、口臭予防のために牛乳やお茶類を飲めば良いというものでもありません。

口臭予防の基本は口の中を清潔に保つことです。
食後の歯磨きを習慣にしたいものです。

口臭を発生させる生活習慣

口臭を発生させる要因は、様々な事柄が考えられます。

先ず思いつくのは、普段の歯磨きでしょう。
口の中を清潔に保っていないと、虫歯や歯周病にかかりやすくなり、口臭が発生しやすくなります。

特に歯並びの悪い人では、磨き残しが多くなりがちで、口臭の元となる歯垢や歯石が作られやすくなるので、日頃の歯磨きを丁寧に行う必要があります。

また乱れた生活習慣も、口臭を発生させます。
寝不足は自律神経の交感神経を活発にさせ、唾液の分泌を抑えてしまい、口臭を発生しやすくします。

朝食抜きや早食い、無理なダイエットなど、規則正しい食生活を送っていないことも、唾液の分泌を減少させてしまいます。

関係がないように思える便秘も、実は口臭を発生させる原因になるのです。
腸内に長いこと便が滞留していると、そこで腐敗し有害物質となって、悪臭の元となるのです。

その悪臭は血液によって、全身に運ばれます。最終的には、口や皮膚などから排出され、口臭・体臭となるのです。
ですから、口臭と腸内とは密接な関係にあります。口臭を防ぐためには、善玉菌が沢山いる健康的な腸内環境にすることが、大切なのです。

口臭には日頃の生活習慣が大きく影響しています。
健康的な生活を送ることで、口臭を抑えることも出来るのです。

口臭についての偏見

「口臭は胃が荒れている証拠だ」という話をよく耳にします。

また自分は胃が弱いから、口臭があるのだと思っている人も少なくない筈です。
ですが、口臭の原因が胃に関係していることは稀で、ただの俗説に過ぎないようです。

口臭の原因となるような病気は、胃がんや、食道がん食道狭窄などが考えられるようですが、その他の消化器系の病気が関係していることはありません。
ですが、胃や消化器官の働きが悪くなってしまうことで、唾液が十分に分泌されず、そのために口臭がおこるこという、間接的な要因にはなっているようです。

口臭の直接の原因に、胃荒れが関係することはあり得ません。
食道から胃の境目の噴門部は、食べた物が通る時だけ開きそれ以外の時には括約筋によって閉められているからです。
ですから、普段人と話をするときに、胃の空気が外に出ることはあり得ません。
胃の空気が外に出るのは、ゲップをしたときだけですが、口臭とはいえません。

ですから、口臭と胃炎や胃潰瘍を患っていることとは関係ないようです。
口臭の原因は、やはり口の中あることが多いようです。

次に挙げられるのは、蓄膿症や慢性鼻炎と言った病気です。

口臭が心配な時には、歯科医や耳鼻科医を受診してみてください。

口臭の原因となるもの

口臭を抑える食べ物や飲み物といえば、梅干やレモン、牛乳などが有名です。

それとは逆に、口臭の元となってしまう食品もあります。

では、コーヒーはと聞いたら、どちらの答えが多いでしょうか。
正解は、口臭の原因となる飲み物なのです。

コーヒーを飲むと、唾液の分泌が減少してしまい、更に口の中のpH(ペーハー)バランスも低下するので、口臭が発生しやすくなるのです。
またコーヒーに入れる、ミルクや砂糖などが舌に付着しそれを分解する時に、口臭が発生しやすくなります。

口臭は心配だけれども、食後のコーヒーがないと落ち着かないという人もいることでしょう。
そんな人は、コーヒーを飲んだ後、舌に残ってしまった残留物をきれいに取り除くために、水などを飲むことで予防することが出来ます。

口臭の原因となる食べ物といえば、においの強い食品が思い浮かびます。
代表的な食品にニンニクや葱類、納豆などが挙げられます。
ですが、珈琲やニンニク、葱類などの食品によって発せられる口臭は、食べたときだけのものです。

病気が原因ではないので気にすることはないでしょう。
食事によって発生する口臭は、よく噛んで唾液の分泌を促すことで、ある程度は抑えることが出来ます。