引っ越しのお知らせ。 

2011年08月18日(木) 21時57分
当ブログのデータ容量がいっぱいになってしまったので、
今後は以下リンクのブログにて綴って参ります。

方 々 点 描 徒 然 草 V
http://webshio3.seesaa.net/

2011 8/12 コクリコ坂からを鑑賞。 

2011年08月12日(金) 22時06分
・・・予想していた「激務」が思っていた程ではなく、
夜間にまとまった空き時間が出来たので、
嫁様を誘い、豊洲にて「コクリコ坂から」を鑑賞。


或る家族、或る日常、或る記憶、或る想い。


出てくる登場人物達に皆それぞれの境遇はあろうとも、
前を見て生きている感じが良く伝わってくる。

キャッチコピーである「上を向いて歩こう」という
言葉にも良くマッチしていたと思った。

神奈川県民になってからはまだ間もないのだが、
丘から見える海や行き交う船の情景が何とも嬉しく感じられた。
地元の資料館などに残っている昭和初期の頃の写真や
葉山界隈にまだ残る別荘の風景などともイメージが重なるし、
高度成長期のエネルギッシュな描写は観ているこちら側も
ワクワクしてくる。

数ヶ月前に観た「マイ・バック・ページ」でもそうだったが、
学生闘争などの記憶が、その時代の象徴的なもののように
描かれるような「今の時代」になったんたんだなぁと実感。
その形態やもたらした結果は別として、「前を向いていた」
「声を上げていた」んだよなぁと思う。
この映画でも学生達が集まり団結しているシーンが出てくるが、
何かジメジメしたところで想念が渦巻いているような
昨今からしてみれば、まだ清々しくも映るなぁ。

アニメーションの動きとか、シーンの間とかは、
個人的にはまだ早くて刻みすぎな感じがするし、
時間の感覚はジブリ前作のアリエッティの方が好みだが、
「色気」や「匂い」を感じられた今回の作品も
満足した気分で劇場を後にする事が出来た。

ストレートな音楽の使い方、海と風と波を感じる
ベースノイズの設計、エンド部分の編集と
クレジットが上ってくる背景をあの「画」にしたのは良い!

関係各所の皆様お疲れ様でございました。



通勤に使っている京急がココリコ坂から仕様に
なっていたので撮影してみた。



そしてここは常連映画館に付帯しているラウンジ。
年間会員になるとお得なサービスも沢山!





ユナイテッド・シネマ

映画はいつもここで観ております。

2011 8/10 Yokosuka 

2011年08月10日(水) 19時34分
圧倒的に「車」での行動が多い日常であるが、
この日は電車に乗って横須賀に出かける。

その時々に刻まれた記憶が色濃く残る。
混沌もオアシスも同居する。
こういう散歩も悪くない。








喫茶店のジャンルも本当に多くて毎度楽しめる。
この日に立ち寄ったのはCafe Concertというお店。

Tannoyのスピーカーから暖かなクラシック音楽が流れる店内。
横須賀の中にあって、この「気風」に惹かれた常連さんらしき
感じのお客様が、カウンターでマスターと談笑している。

喫茶店らしい風景。何だか安心しますね。







横須賀、まだまだ知らない事ばかり。
今度はネイビーバーガーでも食べようかな。

2011 8/5 雑記 

2011年08月05日(金) 11時29分
いきなりだが、昨晩のNYダウ-512.76って数字には驚いた。
ちょっと行き過ぎの展開な気もする。
いくら相場が変動しても、経済が疲弊しても、
ごく「一部」の既得権益を保持している集団は
着実に儲けているだろうね。
いつまでこんな事を続けていくんだろう?

世界中をざっと眺めてみても、革命とか刷新とか、
そんな流れが表面化してきているようだ。
昨日放送されていたNHKのクローズアップ現代では、
先の中国高速鉄道の事故をキッカケにして、中間所得層が
自国版のツイッターで声を上げて当局の行動を糾弾したり、
規制・統制されていたメディア側が「内容NG」になった記事を
ネット上で公開するような事態になってると伝えていた。
個の集合体からの世論が、メディア側を動かしたという事で、
これまでの中国からすればより民主的な路線になってきたと言える。

これはとても良い事。良い流れだと思うなぁ。

「おかしい」こと、「理不尽」なこと。
こういう事が言論統制によって規制される社会など、
個人で発信出来る今の世に於いては所詮長続きはしないよ。

日本でも、ネットに端を発するムーブメントが
起きようとしている。さぁ、どういう展開になるか?










最近撮影した写真の中から何枚かチョイス。
南会津、那須の小旅行。

フォト蔵でスライドショーをアップしてあります。
これで写真ごとにコメントをT-W出来るようになると
良いんだけれどもなぁ。







その他、実家滞在の際に子供の頃に使っていた
布団で睡眠。(写っているシミについては謎)
ベランダ特等席堪能の三浦海岸での花火大会。
(現段階ではMixiとFacebookにはアルバムをアップしてあります)



最後に、フジテレビ系系列東海テレビの
このテロップは何だろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=OpSaEI05R2M

リハーサル用の仮テロップという事だが、
こうなってくると事故というより悪意そのものである。
放送に出ないところで、これを見て内部スタッフは
笑みを浮かべて喜んでいるのだろうか?

色々な感情が沸き起こって一過的に過ぎ去った時、
残るのはやはり悲しさでしかないね。もう言葉も無い。

どうしてこういう事が起こってしまうのだろう?

2011 7/20 近況 

2011年07月19日(火) 22時15分
・・・携帯で撮影した写真を並べながら、
いつものように近況を振り返る。

勤務終了が明け方になり都心からタクシーで帰宅。
(タクシー運ちゃん大喜び)
到着した時間がちょうど日の出の時間と重なったので
浜辺を散歩しながらシャッターを切った。









この日は、横須賀火力発電所のある辺りに幻想的な雲が
かかっていたのが印象的でした。
(クリックして画像を拡大してみると良くわかります)

前の日に誰かがこしらえた砂の城が風化していたり、
イベントで作られた「太陽の塔」があったり、
なんだかクラゲが多かったり、、、と、
色々な発見がありましたねぇ。
帰宅後は半日位眠りこけました。




夕暮れ時に浜辺でぽけーっとするのに良い日柄になった。
三浦海岸は東南を向いているので、お月様が昇る姿を
ドーンと眺める事が出来る。

昼間の猛暑には困りものだけれども。。。

我が家のエアコンもこまめにON/OFFしながらの輪番運転。
猫脱走の過去があるので、網戸のまま放置しておけないのが
ちと厳しい。リタイアメントしたら風通しの良い家に住みたい。





散髪の為に実家エリアにも出かける。
小学校三年生位から同じ理髪店にお世話になっている。
毛穴のゴミ取ったりパックやってもらったりマッサージなど
も付いているのでかなり快適。ここのお店が営業を
終了するまでずっと通い続けるだろうな。









嫁様と合流し数年前まで住んでいた茨城南部をドライブ。
牛久大仏をかすめ、霞ヶ浦の公園を散策したり、
よく通ったサンセットポイントで夕陽を眺めたり。

今住んでいる三浦半島も良いところだが、
旧居エリアはドライブや買い物とかにはもってこいの場所だ。








締めは、昔ちょくちょく通っていたとんかつ屋で定食を喰らう。
ローカルな店なのにやたらと旨い。我ら夫婦はここを越える
とんかつにこれまで出会った事が無いと豪語。

とん幸」というお店です。