我が家の畑

July 27 [Wed], 2016, 20:47


 野菜作りは、土作りがポイントである。

 有機肥料を施した土で育った生命力のある我が家の野菜は、
 病気知らずで、農薬は無縁となっている。

 その結果、安心安全な野菜は多収穫となり、家族では食べきれず、
 それが贅沢な悩みのひとつ・・・。

不幸極まりて幸せとなす

July 26 [Tue], 2016, 19:49


 漢方の基礎理論に陰陽論があるが、その中に
 「陰極まりて 陽となす 陽極まりて陰となす」の記述がある。

 それを分かりやすく示したのが上の図(太陰大極図)で、
 黒(陰)が極まれば白(陽)が生まれ、白が極まれば黒が生まれる。

 これを現実に置き換えると
 「不幸極まりて幸せとなす 幸せ極まりて不幸となす」とも
 解釈することができる。

 「辛」いは、「幸」せの一歩手前という理由(わけ)だ。

かき氷の日

July 25 [Mon], 2016, 23:48


 かき氷は、別名「夏氷」と言い、その「な(7)つ(2)ご(5)おり」の
 語呂合わせで今日の日となった。


物を持たないということは

July 24 [Sun], 2016, 20:52


     物をもつということは、辛いことだと僕はそう思う。

     物を持たないということは、いいこと事よ、

     僕は家も持たないし、車も持たない。

     アパート住まいだけど、自分の持ち物じゃぁないから、

     やめますといえば、自分とは何の繋がりもなくなる。


                 -- 渥美 清(フーテンの寅) --

ポケモンGO

July 23 [Sat], 2016, 23:16


 夕方、孫と小瀬スポーツ公園へ散歩に行った。

 スマホを見ながら、二人連れで歩いている人が目についた。

 昨日、日本国内での配信が始まった位置情報を使うことで、
 現実世界でポケモンを捕まえたり、バトルしたりすることができる
 ゲーム「ポケモンGO」をやっているようだが、異様な光景にみえた。


夏バテ防止

July 22 [Fri], 2016, 21:00
江戸時代の経穴図(山梨県立博物館『医は仁術』特別展より)

     【 夏バテ防止 】

 人体の外部にあって、病気の原因となるものを“外因”と云うが、
 それには「風・暑・湿・燥・寒」の邪気(外邪)がある。
 
 梅雨が明け、ムシムシと猛暑が続くと、外因である“暑さ”に中(あた)って
 “中暑(ちゅうしょ)”の病が起きることがある。

 “暑さ”は氣を盛んに発生し、氣を消耗しやすく、汗が出て毛穴も開くため、
 外邪が侵入しやすくなる。

 その結果、食欲不振、全身倦怠、動悸・めまい、不眠、発熱、悪心・嘔吐
 などの症状を現す。
 
 そこで、昔から夏場の養生や夏バテ防止用の漢方薬として、「清暑益気湯
 (せいしょえっきとう)」
などを使って、氣が出過ぎるのを抑えていた。

 しかし、漢方薬を服用しなくても、ツボを刺激していると同じような効果が
 得られる。

 効果的なツボとして、『湧泉』『足の三里』『三陰交』『中衝』『関元』
 『気海』『中かん』『鳩尾』『腎兪』などを用いる。

    『湧泉』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo22.htm
    『足の三里』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo10.htm
    『三陰交』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo58.htm
    『中衝』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo90.htm
    『関元』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo99.htm
    『気海』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo55.htm
    『中かん』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo76.htm
    『鳩尾』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo84.htm
    『腎兪』→ http://www13.plala.or.jp/kousei/tubo85.htm

朝顔アサガオ

July 21 [Thu], 2016, 23:41

「匚+矢」である「医」

July 20 [Wed], 2016, 23:59


  正月の破魔矢(はまや)のように、“矢”には悪霊を祓(はら)う
  力があるとされている。

  そして、その矢を呪器として用いて、「匚」である
  秘匿(ひとく= 隠して他人に見せない)の所にある悪いもの(病)を
  祓う(治す)ために呪術を行った。

  それが「匚+矢」である「医」の語源となっている。

  7月16日から、山梨県立博物館では、『医は仁術』という特別展を
  9月5日まで催している。

  医を業としている者として、見逃すわけにはいかず、
  その興味深い特別展に足を運んだ。

  そこで掲示してあったポスターに
  「“医”とは、病む人の苦しみや悩みをのぞくことである。」とあったが、
  近頃の“医”は、慎んでよく養生すれば改善が望める症状に、
  安易に薬が出されたり、老いを病と見たてて診療を繰り返し、
  かえって五臓六腑のバランスを崩し、別の苦しみや悩みが生じては
  いないだろうかと疑問を投げかけたくなる。

  日本最古の医学書『医心方』にも、「人、故(ゆえ=理由)なくんば
  薬をとるべからず。薬勢偏り助くるところあれば、臓器平かならずして
  外患うけやすし」と記されている。

  病の災いより、薬(化学薬品)の災いの方が厄介である。

特別展『医は仁術』

July 19 [Tue], 2016, 23:51


  山梨県立博物館では、『医は仁術』という特別展を
  7月16日〜9月5日まで行っている。


海の日

July 18 [Mon], 2016, 21:06
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


美容鍼 kousei34
美容鍼kousei34



Kousei康生
康生治療院







プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:kousei康生
  • 性別:男性
  • 血液型:O型
  • 現住所:山梨県
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kousei98/index1_0.rdf

もぐらたたきゲーム
(右脳を活性化)

もぐらたたき


9分割パズル
(脳の体操)

9分割パズル