更年期の肩こり・首こりの改善方法なら効果の高い天然ビタミン

January 16 [Fri], 2015, 13:39
更年期を迎えて肩こりや首こりがひどく、
その他にも倦怠感や喉の圧迫、食欲不振
のぼせと冷えの症状も…


更年期は閉経をはさんだ前後10年間
を指すものですが、少々の出る時期や
強さは個人差で大きく変わります。


肩こりや首のこりも更年期に入ると
悪化しやすい症状の代表とも言えるもの。


女性ホルモンが低下することで、血液の
流れが悪くなり、筋肉も衰えてくることで
筋肉に疲労物質がたまり痛みやだるさ出てきます。


更年期の代表的な症状としてのぼせもありますが、じつは
冷えも同時に起きるため、この冷えは重なることによって
血行が悪くなり、肩こり・首こりがさらに悪化します。


更年期だからといって、それ以外の方と違う
肩こり対処法を行う必要なくって、方法としては
同じことをやればいいだけ。


でも、更年期の場合はいろいろな症状が複合的に
起こるので、1つでも症状を和らげておくことが
快適な更年期を送るポイントです。


若い頃のように多少肩こりが出たからといって
放っておいてもすぐに良くなるかな、なんて気持ちで
いると後でつらい思いをするのですぐに対処が必要。


☆ストレスは溜めてはいけない☆

まずはストレスを感じることがあるのであれば、
意識的にリラックスする時間を作り、ストレスを
解消するように心がけましょう。


☆自律神経のバランスの乱れ☆

自律神経の乱れに直接つながりますので、
もちろん不規則な生活も絶対にダメです。


☆睡眠不足にも気をつけて☆

更年期世代の方であればそれほど悪い生活習慣
の方が少ないと思いますが、疲労物質は寝ている間
に排出されるものですので睡眠不足にも気を付けましょう。


☆体を普段から冷やさない心がけを☆

寒さを感じるとどうしても体を硬直させて
筋肉に力が入るため、ただでさえ肩こりや
首こりが起こりやすい更年期に追い打ちをかけます。


☆同じ姿勢が続くような事はなるべく避けて☆

家事やデスクワークなどで、長時間同じ姿勢が
続くことで、肩や首に緊張状態が長くなるほど
筋肉に疲労物質がたまります。

パソコンやスマホなどもなるべく控えるように
した方が良いです。


普段からこのようなことに注意をして、
肩こりや首こりの症状を悪化させない
ように普段から心がけましょう。


以上が自分で心がけるべきことですが、更年期の方には
積極的にとるべき栄養素もあるはご存知でしょうか。


肩こりや首こりなどは特に筋肉を硬直させず
常に血行をよくすることで疲労物質を溜めな
いようにして、調子を保つのが理想。


それに必要なのが、血中コレステロールを
サラサラにしてくれるビタミンEなんです。


でも、ビタミンEを食事からだけで摂るのは
大量に食べなくてはいけないため、難しい
のが現実です。


しかも、ビタミンEならどのサプリメント
ても良いというわけではなくて、吸収率
のよい天然ビタミンEが理想とされます。


何故かというと、よくドラッグストアなど
で見かける、サプリメントは合成サプリメントが
ほとんどです。


合成サプリメントは安価で大量生産
しやすい利点があるので一般的に
なっています。


ですが、合成サプリメントは体への吸収率が
低くて、表示されている栄養素を体に取り込
む割合が非常に少ないと言われています。


アメリカの健康保険は任意で高額なために病気を予防しよう
という方が多いことから、サプリメントがとても多く日本とは
比較にならないほどの厳しい販売基準があります。


そんなこともあり、アメリカでは天然のサプリメントは
主流と言われています。


何故かというと天然素材を使っているので、
合成とは比較にならないほど、体への吸収率
が高いからなんです。


そして私がいろいろ調べた結果、天然のビタミンEを日本人
の1日摂取量を十分満たしていて効果が高いと口コミで話題
になっているのがトコフェロンEナチュールです。


しかも、トコフェロンEナチュールは、300名様限定!
初回限定特別価格980円があるので安心して試してみ
ることができます。


気になる方は下記の画像をクリックして
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓






更年期の肩こり・首こりの改善方法・リラックスしたいなら

January 16 [Fri], 2015, 13:39
更年期になり毎日悶々とした生活を
していると、本当に辛いものですよね。


そんな時にでも、ちょっとしたリラックス方法
を取り入れることで、気持ちも体もスッキリ
した毎日を送りましょう。


●お風呂に入ってリラックス●

体の疲労物質をうまく排出するためにもお風呂は
とてもよくておすすめ。


できれば毎日お風呂に入ってリラックスできるほか、
多いの温熱効果が血行良くして、疲労物質を排出
する効果があります。


お湯の中では浮力があるので、筋肉や骨への負担が
軽くなり、肩こりや首のこりの原因である筋肉の
緊張を和らげてくれます。


●アロマオイルでリラックス●

今まで1度もアロマオイルを利用したことがない
という方もいるかもしれませんね。


そんな方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。


様々な香りで用途も色々ですので自分のその時
の気分に合わせて使ってみるのも良いでしょう。


香りでのリラックス効果はもとより、自然の
薬効成分によって血流や自律神経の働きを整
えてくれるんです。


お風呂に入る時に湯船に2〜3滴たらし、
ホホバ油5mlに1滴たらして、肩や首を
セルフマッサージするのもオススメです。


アロマオイルで血行を促進させるのは、
レモン・サンダルウッドなど。


寝付きが悪い時なんかには、ティッシュに
1滴たらして枕元に置いて寝るのもリラックス
していいですよ。


鎮静作用な
らクラリセージやイランイラン
で、自律神経の働きを整えてリラックス
したいならラベンダーが良いでしょう。


●ひと休みしたいときには仰向けで寝転がる●

仰向けでちょっと固めの床に寝転がることで、
体の緊張がほぐれるので、血行良くなるため
肩こりや首こりが緩和されます。


こりを感じたら5分間仰向けバンザイの
体勢で休みましょう。


更年期の肩こり・首こりのこのような改善方法と
トコフェロンEナチュールで体の中から肩こりと
首こりを解消していきましょう。

更年期の肩こり・首こりの改善方法・食事編

January 16 [Fri], 2015, 13:37
普段から肩こりにおすすめの食物も
ちょっとだけご紹介しておきましょう。


トコフェロンEナチュールで天然ビタミンE
をとる他にも、椎間板を強くするコラーゲン
がおススメ。


効果を感じるためには長期間継続して食べる
ことが必要ですが、首の骨の椎間板の弾力を
保つことで肩こりや首のこりを軽減します。


他には、関節の動きをなめらかにするために
ムコ多糖類と言われるネバネバした食べ物
を食べましょう。


関節の動きをなめらかにしてくれて、
椎間板の負担を軽くしてくれる働きが
あります。


これも毎日食事で食べるのが理想で、
納豆や山芋・オクラ・ナメコ・海藻類
・うなぎ・フカヒレなどに含まれます。


是非、毎日の食卓に更年期の肩こり・首こりの
改善方法として取り入れてみてください。
P R