ゴールデンウィーク海外旅行で英語が聞き取れなかったら リスニングパワーで矯正!

May 08 [Tue], 2012, 13:52

ゴールデンウィーク(GW)に海外旅行に出かけた方も多いと思います。
英語教材でしっかり勉強して行き、現地で英語を話すことができた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、中には、英語教材で勉強したけど、限界を感じた方も多いのでは?
英語教材のクリアな音声とは違い、人により発音が違うので聞き取りづらいなと感じたこともあるのでは?

最近、流行の「聞き流すだけ」という教材は、中級レベルの英語力を身につけることはできますが、より高度な英語力を身につけることは難しいものですよね。

ネイティブの英語が聞き取りにくい理由は、日本人がほとんど使わない音声の発音が混じっているからだといわれています。よく指摘されるが、日本語と英語の周波数の違いですね。

日本語の場合は、日本語 125ヘルツ 〜 1500ヘルツであるのに対して、
英語は、英語 2000ヘルツ 〜 1万2000ヘルツであるため、全く交わることがないわけですね。
だから、日本人にとっては、英語は聞き取りづらいものになっているといわれています。

ネイティブの英語をよりクリアに聞き取れるようになるためには、日本語にない音声を繰り返し聞き取る練習が大切。

リスニングパワーという教材は、そのことに特化した英語教材です。
「聞き流すだけ」の英語教材である程度の英語力は身についたけど、より英語をはっきりと聞き取れるようになりたいと考えている方にお薦めです。

英語教材というよりも英語耳にするための矯正CDといえるかもしれません。

もちろん個人差はありますが、多くの方が、より英語が聞き取れるようになったと実感しているので、試してみる価値はあります。

今からスタートすれば、今度の夏休みまでには、かなりの英語が聞き取れるようになるはず。

今度こそは、英語を聞き取りたいですよね。

英語の聞き取りの壁にぶち当たっているあなたへ

ある程度の英語は聞き取れても、ネイティブのように完璧に英語が聞き取れるようにはならない。
一定のレベルまで来たものの壁にぶち当たってしまっている方も少なくないと思います。

日本人が英語を聞き取れない理由の一つとして、日本語と英語の周波数が根本的に違うという点が上げられます。日本語は、最高周波数が1500ヘルツであるのに対して、英語は最低でも2000ヘルツなので全く交わることがありません。そのため、日本語に慣れてしまっている日本人が英語を聞いても聞き取りにくいのは仕方のないことです。
ネイティブのように完璧に英語を聞き取れるようになるためには、高い周波数の音に慣れることが大切です。高い周波数の音に慣れるためには、そうした音に触れて、聞き取れるように訓練する必要があります。

そのために開発された教材が、リスニングパワーというものです。

リスニングパワーで流れる音を英語の発音として理解できるようになれば、英語が格段に聞き取りやすくなります。他の教材で聞き取りの練習をしている方も、リスニングパワーでしばらく訓練してから戻ってみると、以前よりも聞き取りやすくなったことを実感することができるはずです。

ある程度、英語を聞き取る練習はしているものの、一定以上の英語が聞き取れるようにならないと悩んでいる方は、リスニングパワーを試してみては?



英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」英語マスター

英語マスターでは、リスニングパワーのサンプル音声を聴けるので一度視聴してみてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高校受験 ネット塾の比較
読者になる
2012年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる