【 更新情報 】

スポンサード リンク

公務員試験の科目

公務員試験の科目は、驚くほど勉強をしなくてはならない科目数があるのが特徴です。
公務員試験とはどのような科目があるのかが気になるところです。

科目にも様々あり、大きく分けて、地方上級、地方初級、国家1種、国家2種、国家3種、国税専門館、労働基準監督官、その他に裁判事務官や家庭裁判所調査官補、航空管理官などがあります。

試験内容は各種類によって様々ですが、教養試験や専門試験、適正試験などがあり、また面接や作文などもあります。
教養試験には人文化学や自然科学、社会科学、資料解釈等があり、専門試験には法律系や行政系、経済系といったそれぞれに必要な専門知識を試されます。

試験科目は各種公務員試験ごとで科目がことなります。自分の受けたい公務員試験をしっかりと調べてどの科目をきちんと勉強しなくてはならないのかをしっかりと把握する必要があります。

公務員試験の論文

公務員試験には各試験によって論文試験が含まれています。
論文が苦手という方もおおくいらっしゃると思いますが、ポイントと時間配分をきちんと抑えておけば論文試験もスムーズにこなせます。

出題形式、時間、字数は各試験によって異なりますが、大まかな目安は60〜90分、字数が800〜1200字程度になります。
そして、論文試験での抑えておきたいポイントですが、まず論文のルールを把握することが大切です。
そして、過去の出題テーマをしっかりと把握しておくことが大切です。

実際に論文を書いてみて第三者に見てもらい感想を聞いてみるのもいいかもしれません。
論文を書く上で必要最低限守ってもらいたいルールーがあります。
文体や句読点、カッコの位置や仮名と漢字、数字の使い分けや字数制限(約9割)などがありますので、最低限のルールを守って作成することが合格答案の最低条件になります。

公務員試験の対策・勉強法

公務員試験には驚くほど膨大な量の知識や解き方がありますが、全てをマスターしようとしても中々難しく先が見えません。
ではどのように勉強をすれば効率が良いのかをきちんと把握をする必要があります。

公務員試験はおおよそ約1年で合格しなければなりません。
時間の限られている中でどうしたら効率の良い勉強ができるのかをキチンと対策をしてから勉強に励む事をおすすめします。

試験時間は約120分しかありませんので、この120分で解ける問題量を抑えておけば勉強しなければいけない量が限られてきます。
では120分で解ける問題量のピンポイントで抑える勉強法はなんなの?と思う方もいらっしゃるかと思います。

膨大な量の知識のなかで120分で解ける問題を出さなくてはならないということは、重要な問題を出さなくてはならないということでもあります。
ということは・・・・過去の問題集をしっかりと把握する事がポイントになってくるのです。
過去の問題集を勉強し、全体の流れを掴むことが大切です。