振り返ってみた。

December 02 [Thu], 2010, 1:15
-恋人を想って-バトン
Q1 あなたのお名前(HN)を教えてください
connu
Q2 何歳ですか?
26歳
Q3 彼氏or彼女は何歳ですか?
27歳
Q4 付き合ったきっかけは?
職場
Q5 告白されて付き合った?流れで?
自ら告白。
Q6 Q5のセリフやシチュエーションには満足?
上出来じゃないかと。
Q7 彼氏or彼女のどんな所に惹かれましたか?
顔。協調性があるとこ。
Q8 彼氏or彼女の自慢出来る所をどうぞ!
協調性のあるところ。
Q9 デートはどのくらいのペースでしていますか?
3日に一回ぐらい。
Q10 メールや電話は一日どのくらいしますか?
メールを一日に10通ほど。
Q11 自分の気持ちを怠ることなく相手に伝えていますか?
言えないこともあるかな…。
Q12 相手はあなたに怠ることなく気持ちを伝えてくれていますか?
遠慮してることもあると思う。
Q13 付き合っていくのに必要な"もの"はなんだと思いますか?
思いやる気持ち。
Q14 彼氏or彼女に約束出来る事はなんですか?
愛情を注いでくれるなら、返してあげましょう。
Q15 付き合ってから彼氏or彼女は変わったと思いますか?
変わったたような変わってないような。
Q16 Q15でYESと答えた人。どんな風に変わりました?
まだ夢見がちだけど、ちょっとずつ大人になってきました。
Q17 よく喧嘩をしますか?
ときどき。
Q18 喧嘩をした後の二人の行動は?
彼が謝る。
Q19 喧嘩した時に必ずしてしまうあなたの悪い所は?
泣く。ずるいと言われる。
Q20 逆に相手の悪い所は?
泣かれたら俺が悪いみたいじゃん、と必ず言う。お前が悪い、と心の中で私は思う。
Q21 喧嘩の後きちんと謝ることが出来ますか?
今のところなんとか。
Q22 彼氏or彼女も謝ってくれますか?
謝ってくれてます。
Q23 今の恋人とこの先もずっと一緒に居ると思いますか?
どうなるかはわからないけど、いてもいいかなとは思う。
Q24 嫌な事は嫌!と恋人に伝える事が出来ますか?
できる。
Q25 彼氏or彼女にされる最大の裏切りはなんだと思いますか?
浮気。
Q26 彼氏or彼女に守って欲しい事を3つ挙げてください
思いやりを忘れない、嫌なことは嫌という、突然キレない
Q27 彼氏or彼女と思い出の曲があれば教えてください
バックストリートボーイズかしら。
Q28 その曲を聴くとどんな気持ちになりますか?
なつかしいなぁ。
Q29 あぁ、この人じゃなきゃダメだなと思う瞬間は?
甘えてるとき。
Q30 逆に、この人でいいのかな?と思う瞬間は?
預金額を聞いたとき。
Q31 自分は彼氏or彼女に大切にされていると思いますか?
されてると思う。
Q32 あなたは彼氏or彼女を大切に思っていますか?
そうね。
Q33 彼氏or彼女に隠し事はありますか?
ある。
Q34 彼氏or彼女に貰いたいものはなんですか?
正直たまにはお金のかかったものほしいなぁ(笑)
Q35 彼氏or彼女にあげたいものはなんですか?
腰の痛いのが和らぐマッサージ券。
Q36 彼氏or彼女と行きたい場所がありますか?
ディズニーランド(アナハイム)
Q37 二人の記念日は特別な事をしていますか?
安上がりに楽しんでます。
Q38 もしも結婚するならきちんとプロポーズされたい(したい)ですか?
どうせならね。
Q39 プロポーズされたいシチュエーションがあれば教えてください
特にないなぁ。
Q40 彼氏or彼女に言われて嬉しかった一言は?
まったく覚えてない。
Q41 彼氏or彼女に言って欲しい一言は?
海外についてきてくれ!(栄転)
Q42 ペアで何か持っていますか?
指輪。
Q43 ペアでこの先欲しいものはありますか?
特には。
Q44 あなたの友達と彼氏or彼女が仲良くなれば嬉しいですか?
そりゃあね。
Q45 彼氏or彼女の友達とあなたは仲良くなれますか?
人見知りで…。
Q46 彼氏or彼女のご両親と仲良くなりたいですか?
なりたいです。
Q47 このバトンを彼氏or彼女に見せることが出来ますか?
できるよ。
Q48 このバトンを彼氏or彼女に見せますか?
見せなーい(笑)
Q49 彼氏or彼女にこのバトンを見せると愛が深まると思いますか?
特に…。
Q50 最後に・・・彼氏or彼女に一言どうぞ
将来期待してます!

音、音、音。

July 01 [Sun], 2007, 22:46
音楽のない生活に、少しだけ嵌っている。

毎日必ず、欠かすことなく通勤時間に聴いていた音楽を、
ふと止めてみることにしたのだ。
それだけでもかなり新鮮味があったし、違和感もあった。
それほど、私の生活に音楽は必要不可欠なものであったのだ。

しかし私は、本来の音を聴くことの大切さにも最近気付いた。

電車の中の他人の会話。
人込みの喧騒。
風が耳を掠める音。
夜の静けさ。

どれにも癒される自分がいる。

音楽をずっと聴いているのに疲れてしまったというのが正直な所だ。
頭の中が休まる時間が、私には必要だった。
もしかしたら病んでるのかもしれない。
でも本来の音を聴くことに幸せを感じられているうちは大丈夫。
それさえできなくなったら引きこもろう(笑)

6月も終わる。

June 30 [Sat], 2007, 0:32
そんなときに、じわじわと熱を帯びる私の興味の矛先。
それは木材。
Do It Yourself。
略してDIYに非常に興味が湧いております。

私の祖父は工務店を経営しておりまして、
愛媛の家に行くと、木材や工具が沢山置いてありました。
おが屑の匂いを嗅ぐと、ついその家を思い出します。
そして、私の体の中には少なからず「職人」の血が混じっているのです。

この殺伐とした日常を和らげるものはないかと思い、
ふと頭に浮かんだのが家具作り。
木材を選んだり、じっくりやすりをかけたり、
そのような地味な作業に没頭することができるのって、
とても贅沢なことなのではないかなぁと思ったのです。
仕事とは違いますのでね。

早速本を買ってしまいました。
実に中身がおやじくさい本でしたが、お洒落感よりも実用性重視です。

今日はホームセンターにも行ってきました。
近くのホームセンターは実はかなり優秀。
多くの木材や工具が私を待ち構えているではありませんか!
工具はそのうち祖父の家から送ってもらう予定なので買いませんが、
見ているだけでわくわくしてしまいましたよ。

きっと実際に作ってみたら、思い通りにいかないことが多いのでしょう。
でも、やりたいことをやらずに終わるぐらいなら、たくさん失敗した方が自分のためです。
早く実際の作業に移りたいなぁ。

落ち着く空間。

June 06 [Wed], 2007, 21:14
モノにはそれぞれ在るべき場所が存在する。
それが見事に調和したときにこそ、見る者の心が揺さぶられることになる。

今日私は谷中にいた。
下町と呼ばれるこの地に足を運ぶのは二回目だ。
すっかり予定の時間を寝過ごし、着いたときには三時を越えていたものの、
どうやらこの町に似合う時間帯に来ることができたらしい。
爽やかな朝でも、静まり返った夜でもない。
とろんとした昼下がり。
昼間から夕方にかけての生温い時間を下町で過ごすと、
そこに住んだこともないのに妙に懐かしい気持ちになるのだから不思議だ。

さて、なぜ私がここに来たか。
それは食器を買うためである。
以前バイトで撮影に行った店が気に入り、
いつか必ずここに食器を買いに来ようと思っていた。
「和の器 韋駄天」という一軒の店。
古い民家にお邪魔するような感覚で戸をくぐると、
そこには優しい自然光に照らされた食器たちが並んでいる。
まるで食器が光合成しているかのように生き生きして見えた。
隣はお寺のため、大きな窓からの景色はさながら避暑地のような癒し空間。
店内の時間の流れは緩やかで、
店主が椅子にかけて本を読んでいるとなんだか様になるのだ。

時計がなくても生活できる生活に憧れている私は、
そんな風に本を読んでいる彼女の姿に憧れる。
いつか、好きなモノを在るべき場所で売りたい。
そして、そこが私の在るべき場所になってほしい。
そのためには今いる場所で、何かをしなければ。

目標が漠然とし過ぎてなんだか笑えるけれど、
母親になりたいのと同じくらい、意外と大真面目な目標だったりする。

さあ、仕事をしましょうか。

 
↑谷中の紙屋「いせ辰」で買った和紙。
 手前は中原淳一のデザインらしい。
 雑誌「それいゆ」の表紙の女の子書いてた人です。

カミングアウト。

March 19 [Mon], 2007, 1:07
これが、

いわゆる、

「萌え」なのか・・・。


だとしたら私は、

「関西弁萌え」なのか・・・。



皆さん、引くと思うけど、
お友達でいてください・・・。
私、基本こんな感じです。

パラダイス。

March 16 [Fri], 2007, 1:55
千葉は房総半島でドライブしてきました。
フラワーロードという道があるということで、友達からのお誘いでした。

東京駅から電車に揺られて2時間ほどで館山駅。
着いたけど・・・人いねぇ!おまけに寒い!
花の季節とはいえ、ちょっと寒すぎました。

パリ編。

March 11 [Sun], 2007, 1:29
パリ編。

パリには今回ほぼ連続で二回行くこととなったため、
結構地理には詳しくなれた気がします。
そして、ローマや他の都市と比べると、
パリは洗練された街であり、そこらへんの都市とは一味違うところが
人々を惹きつける理由であるのだということもわかりました。

一回目のパリは曇りの街でした。
どんよりとした重い空模様。
でも、どうやらこのような天気はこの時期の特徴らしく、
ヨーロッパらしい天気といっても過言ではないようです。
それに比べ、二回目のパリは大体晴れ。
どちらのパリも体験できるなんて、私は幸せ者です。


ゼミでお世話になった先生とお食事をしたり、
あちらのどっきりカメラにまんまとひっかかったり、
いやぁ、いろいろありました。
そんな旅で、やっぱり好きだなぁ、と思える場所をご紹介。


1、オルセー美術館

私はオルセー美術館に行くと恐ろしく(?)癒されます。
初めて行ったときにクロード・モネの"La Pie"を見て感動したからかなぁ。
そのときにA4サイズのポスターを買って帰ったけど、
やっぱり本物とは全然違うのです。
光の暖かさがより感じられるのはやはり実物だと今回実感しました。
こんなものも見られるしね。



2、ヴェルサイユ宮殿の中のプチトリアノン付近

宮殿は豪華です。
でも私はそこよりも、
マリーさんが夫に貰ったというプチトリアノンの辺りの方が好みです。
ガタガタと前後左右に大きく揺れる電車のような車に乗って、
15分程すると到着するのがプチトリアノン。
小さな戸をくぐって入ると、青い芝生の美しい広い庭が現れます。
でもここは決して左右対称の堅苦しいものではなく、
緩やかな雰囲気の漂う場所なのです。
確かに息抜きの場所にはぴったり。

鴨夫婦や気まぐれ猫が迎えてくれました。
 


是非パリに行ったときには、
穏やかなパリを訪れてください。
ハワイよりも癒されるかもしれません。


最後に。
凱旋門。
夜のシャンゼリゼ通り。

卒業旅行たち。イタリア編。

March 09 [Fri], 2007, 0:34
お久しぶりの更新です。
これから半月ぐらいはまともに更新しようと思います。
仕事始まったらきっと挫折するけど・・・。

さて、海外旅行も一段落です。
パリ二回とローマに行ったわけですが、
無性に英語圏に行きたくなって困っています(笑)

でもどの旅も学生らしい、良い旅行だったと思います。
ハプニングの連続だったことや、
それぞれの(勿論自分含む)性格の灰汁の強さがはっきりしたりだとか。

似てるところもあれば正反対のとこもあり、
不足するところがあれば補うところがあり、
だから私たちは友達やってるんだろうなぁ。
まったく、世の中うまい具合に出来ている。

それがわかった旅を少しずつですがご紹介。
記憶がはっきりしてるとこだけ書きます。

イタリア編。

いたたたた。

November 29 [Wed], 2006, 23:28
体のあちこちが痛いのですよ〜。

夕方頭が痛くなって、とうとう風邪か!そうなのか!

と思ったが、どうやらただの筋肉痛。

頭痛薬は飲みましたので、それが聞いたのか今のところは平和です。

今のうちに卒論やってしまわねば。


もうどんどん訳がわからなくなってきました。

卒論滞るし、風邪引かないようにしなきゃならないし、

やりたいことは次から次に思いつくし。

来月国立劇場でやる忠臣蔵見たくなるしさ。

松本幸四郎さんのポスターが、様々な想像を膨らませてくれるくれるものでね。

忠臣蔵は一回見といた方がいいと思うのですよ。


そのためにも卒論を頑張って終わらせたいなぁ。

だってもう29日だ!

karaoke(外国風に発音)

November 21 [Tue], 2006, 23:49
学校帰りのカラオケってたまらなくいいよね。
ゆるーーーい雰囲気が。

昨日モリィに誘われて、
正直のどから手が出るほど行きたかったんですよ。
でも今日のバイト、
正直精神的、肉体的に驚くほど疲れるんです。
今日もへとへと。

ただこのゆるい空気を感じられるのもあと僅か・・・。
学生らしいことも沢山しなきゃね。
モリィ、また懲りずにゆるく誘ってね(笑)
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
自己紹介
名前:connu
好きなこと:かわいいもの、変なものを眺めること、浮世絵
好きな言葉:なんとかなる
最新コメント
アイコン画像connu
» 落ち着く空間。 (2007年06月09日)
アイコン画像あや
» 落ち着く空間。 (2007年06月09日)
アイコン画像connu
» カミングアウト。 (2007年03月19日)
アイコン画像ユキコ
» カミングアウト。 (2007年03月19日)
アイコン画像connu
» パリ編。 (2007年03月19日)
アイコン画像アグレ
» パリ編。 (2007年03月18日)
アイコン画像アグレ
» 卒業旅行たち。イタリア編。 (2007年03月18日)
アイコン画像connu
» いたたたた。 (2006年12月01日)
アイコン画像デリカのA
» いたたたた。 (2006年12月01日)
アイコン画像モリィ
» いたたたた。 (2006年12月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:koumorikoumori
読者になる
Yapme!一覧
読者になる