大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD

July 03 [Sun], 2011, 17:40






「どすれば、子供の成績が伸びますか?」というご質問をいただくことがあります。


その答えの1つは勉強方法を変えることです。 何故なら、勉強していても成績が伸びない原因の多くは、勉強方法が根本的に間違っているからです。


例えば、わたしが身につけたこの勉強法の大切な事の1つに、「一回勉強したことをいかに長く覚えておくか」というポイントがあります。これは、試験当日までの間、勉強していたことを長期的に覚えておくことを意識した勉強をする事を指します。


これを取り入れることで、今までと同じ勉強時間でも、驚く程お子さんの成績は上がって行きます。


「記憶の忘却」に関する実験を行なった、ドイツの心理学者、エビングハウス氏の実験では、人間は、20分後には42%を忘れ、1時間後には56%を忘れ、1日経つと74%を忘れていたという実験データを残しています。


つまり、人間は忘れやすい生き物なのです。 わたし自身も、この勉強法を身につけていなかった頃は、3日前や一週間前に解いた問題は殆ど忘れていました。


ですが、長期的に覚えておくような勉強法に切り替えることで、成績がアップしました。


他にも幾つかポイントがあるのですが、まずは、勉強の仕方を根本的に変えていかなければ、どれだけ参考書、塾等に時間をかけても、今までと同じ点数か、もしくは、成績が下がってしまう恐れがあると言う事を理解して下さい。


そういった点を踏まえて、わたしのこの勉強法では、下記の流れで学習を進めて行きます。



ステップ1:
長期記憶等を含めた、受験の全教科の点数を上げる勉強法を知る
(DVD11枚:約9時間35分を見る)※時間のない方は、基本編だけ見て下さい。







ステップ2:
学校の教科書や問題集、塾で配布されたテキストを使って、
ステップ1で学んだ勉強法で、学校の授業以外に、平日毎日2時間から3時間は勉強する







ステップ3:
全科目において、今までより3倍以上の効率で学習出来るようになり、
全体の点数が伸びる。





ステップ4:
この勉強法では試験本番で実力を発揮する方法も知る事が出来るので、本番で失敗せずに合格点を取ることが出来る




そして、この勉強法を使い始めたわたし自身、先程も書いたように、偏差値は40台から70を超え、念願の医学部に合格しました。
この勉強法を知らずに高校生になった
悲惨な中学生達
その一方で、わたしが予備校にいた頃、周りの高校生や予備校に通う浪人生たちは、勉強していても成績が伸びない状態で苦しんでいました。彼らは、効率的な勉強法を知らないまま、中学、高校と勉強を続けていたのです。そのため、どんな勉強しても成績を伸ばすことができず、不合格になっていました。





旅館の経営難改善マニュアル〜集客・売上・料金・コスト 儲かる体質に改善することが今必要とされる〜

行動の仕組み化プログラム あなたが行動するしかなくなる仕組みの作り方

凪(Nagi)・ヴォイスコム版

競売不動産物件を住宅ローンを使い自己資金0円で有利に取得し最短成功へ導きます!年間20億円の取引実績からの賃貸経営ノウハウ・自己資金0円不動産投資

女性のためのいびき改善マニュアル

せどり外注化ノウハウ!仕組化で稼ぐレバレッジせどり術!あなたはまだ、ライバルだらけの中で仕入れをする 労働集約型の苦しいせどりを続けるのですか?

不動産投資鑑定人!PRO



わたしはそんな高校生や浪人生の姿を数多く見てきました。


もし彼らが、この勉強法を中学生の早い時期から知っていれば、勉強した分だけ成績が伸びて、今よりも苦しい思いをせず、スムーズに志望大に合格していたのでは無いか。


もしそうなら中学生のうちから大学進学を少しでも考えている人たちに、この勉強法を教えたい。 そう心から思ったのです。


このような考えから、わたしは大学入試を視野に入れて高校受験に取り組む中学生に、この勉強法を知って欲しいと思い、教えることにしたのです。
「本文をノートに書き写す」
「単語カードを作る」≒効率の悪い勉強法
また、正直に言うと、わたし自身、この勉強法は中学生の頃のわたしに教えたかった方法です。


この勉強法を知らなかった中学時代のわたしは、勉強と言いながら長時間、机にへばりつき、自己満足だけの無駄な勉強をしていました。


例えば、一日中英単語カードを作ったり、英文や古典の本文をノートにきれいに書き写していたりしました。それらの作業は、今思えば、ただの無駄な作業であり、肝心の英単語を覚えたり、本文を理解したりする事はまったくできていませんでした。


ただ、それでも、「今日は8時間勉強したぞ」と変に満足していました。 今のわたしがその場にいたら、「それは受験勉強では無いよ」と言えたのかもしれませんが、当時は、誰も勉強法を教えてくれる人はおらず、塾の先生も中学校の先生も、そして親も、ただ「勉強しなさい」としか言いませんでした。


そう考えると、手遅れになる前に、貴方にはこの勉強法を知ってもらい、成績を上げて合格してほしいと思ったのです。
高校受験だけでなく、
高校でも落ちこぼれない勉強法
この勉強法を早いうちから身につけることが出来ると、高校受験だけではなく、高校での勉強も効率よく出来るようになります。そのため、高校で落ちこぼれになる事なく、成績を伸ばしつづけることが出来るようになるのです。


それだけでは御座いません。 高校の早い時期から十分に成績を上げていれば、高校3年生になって、本当に行きたい大学が見つかり、その大学が例え一流大学だったとしても、浪人せずに合格出来る可能性は高くなります。


つまり、この勉強方法は、高校受験だけでなく、高校の授業や高校の定期テスト、更には、大学入試にも使える勉強法なのです。
この勉強法を今直ぐにでも知って、
第1志望の高校に合格して下さい。
では、どうすれば、貴方のお子さんが、この勉強法を身につけることが出来るのでしょうか? その一番の方法は、わたしが直接教えることです。


しかし、わたしは、現役の医大生であり、普段は実習や試験で忙しいため、多くの中学生に直接指導する事は出来ません。そこで、わたしが直接指導し無くても、効率の良い勉強法を身につけ、成績を上げられるように、わたしのこの勉強法を公開したDVD教材を作成しました。


映像として見ることで、まだ受験や勉強方法に関して興味が薄い中学生でも、比較的気軽に取り組めると考えました。


ここでは、そのDVDの内容の一部を紹介したいと思います。
第1志望に合格し、大学入試にもつながる
高校受験勉強法
基本編T-1,T-2・U-1,U-2
DVD3枚 合計約2時間45分


この基本編では、全科目に共通して大切な受験勉強法の基礎や本質に関して話をしています。


受験に関する基本的な考え方や取り組み方を変えることで、 お子さんの勉強に取り組む姿勢や気持ちが変わってきます。 それにより、成績がアップし、志望校の合格点を取れるようになるのです。


では、具体的にどんな話をしているのかご紹介しましょう。