高校生のバイト掛け持ちと注意点 

2016年06月26日(日) 17時08分
一般的には平日学校が終わってから数時間と土日は別のところで働くというのが多いようです。

2つのバイトのシフトをうまく組み合わせて数か月というのは難しいからでしょう。

それなら平日と土日分けたほうが分かりやすく簡単ですよね。

そのほか気を付ける点としては

体力仕事・アルコールを扱う職場は極力避けた方がいいという事。

いくら体力のある人でも体力を使うバイトを学校が終わってから、または土日だけでも多比変なことです。

また、酔っ払い相手も結構つかれるもの。

身体を壊したら何もならないですから。

無理せず続けられて、長く働くことを考えたほうがいいと思います。


掛け持ちの生命線は、バイト探しです。

職場に掛け持ちOKと書いてあるか、シフトはどうなってるのか、土日はどうかなど、他にも色々知っておきたい条件がありますね。

バイト探しに一番効率の良いサイトが【アルバイトEX】

【アルバイトEX】、国内の有名なアルバイト情報サイトの最新の求人情報をまとめて掲載しています!

だから複数のサイトに掲載された情報を、簡単に比較できますよね。

数多くのアルバイトの中から、あなたにぴったりのアルバイト情報がみつることができるのです。

使い方も簡単。

topページ上部の「詳しい条件を設定して検索」をクリックします。



勤務地を選び、希望条件にチェックを入れて、「この条件で検索する」をクリックすれば一覧が出ます。

あとは、その中からよさそうなものを選んで条件を確認すればOK。

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】



高校生バイト掛け持ちと扶養について

掛け持ちをするという事は収入が増えるという事です。


年間103万円以上稼ぐと親の扶養から外れてしまいます。

親御さんはあなたのおかげで多少税金を有利に支払っているのです。

いわゆる扶養といったものです。

しかし、高校生のあなたが年間103万円を超えて稼いでしまうと、その扶養がなくなってしまうのです。

税金を多めに支払わなければいけないなど不利な状況になってしまいます。

高校生は家族のためも考えて年間103万円を超えないようにしましょう。

月当たり8万5000円程度が目安になりますよ。