障害者のお店12周年 県庁で記念イベント

May 23 [Sat], 2009, 12:39
障害者のつくった食品などを販売している埼玉県庁内の売店「かっぽ」が開店12周年を迎え、さいたま市浦和区の県庁第2庁舎前広場で20日、記念のフェスタが開かれた。同日には上田清司知事も訪れ…

 障害者のつくった食品などを販売している埼玉県庁内の売店「かっぽ」が開店12周年を迎え、さいたま市浦和区の県庁第2庁舎前広場で20日、記念のフェスタが開かれた。同日には上田清司知事も訪れ、パンなどを購入して激励した。21日も開催される。

 フェスタには両日で計20団体の障害者ら約50人が参加し、お菓子や手作り小物などを販売する。主催する県庁内福祉の店運営協議会の小田原道弥代表(42)は「障害者も働いていることを県職員や来庁者に伝えたい」と話している。


P R